フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリー「音楽」の87件の記事

2014年5月17日 (土)

内田真礼『創傷イノセンス』を購入した。

 1クール間隔ぐらいのペースで次から次へと可愛い女性声優が登場しているような気がする昨今に於いて、自分が、今、一番、可愛い女性声優だと思っているのが内田真礼である。(2014年5月17日現在)

 そこで、先日、アニメイトへ行き、内田真礼のデビューシングルでTVアニメ『悪魔のリドル』のOP曲にもなっている『創傷イノセンス(初回限定盤CD+DVD)』(税込1,819円)を購入して来た。

内田真礼『創傷イノセンス』

 アニメイトで購入して来たので、アニメイト特典のブロマイドも貰って来た。

内田真礼ブロマイド

 早速、『創傷イノセンス』のMV、Making of MV、off shotが10分ほど収録されている特典DVDの方から見てみたが、MVで見せる内田真礼の決め顔も格好良かったが、メーキングやオフショットで時折見せる気が抜けたような緩んだ笑顔が実に可愛らしかった。

 次に、CDの方を聴いてみたが、『創傷イノセンス』の方は『悪魔のリドル』のOP曲らしく、東兎角と一ノ瀬晴が一緒に生き抜いてみせるといった猛々しさが感じられる楽曲であり、カップリングの『高鳴りのソルフェージュ』の方は、過去を断ち切って、これからリスタートして頑張ろうといった感じがする応援ソング的な楽曲であったと思う。

 内田真礼の声色は、『中二病でも恋がしたい!』の小鳥遊六花や『GJ部』の天使真央のように如何にもなアニメ声で小悪魔的な印象を与える“黒い声”と、『さんかれあ』の散華礼弥や『ノラガミ』の壱岐ひよりのように、幾分、素の声に近く、楚々とした印象がする“白い声”の2パターンがあるように思われる。

 今回のCDは、“黒い内田真礼”的な声で歌われているような感じであったので、次回は“白い内田真礼”が前面に押し出されるCDが制作されることを期待したいと思う。

にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ ポチッとよろしく! blog Ranking

2014年2月16日 (日)

ラブライブと雪燈籠まつりの旅:4・・・弘前のラブライバー熱すぎる。

ライブビューイングが始まる前の様子(弘前)

 2014年2月8日17時40分頃。

 「ラブライブ!μ's→NEXT LoveLive!2014 ~ENDLESS PARADE~」のライブビューイングが開催されるイオンシネマ弘前に到着した。

 館内に入ると既に入場受付が始まっていたので、係員にチケットをもぎってもらい、入場者特典を受け取ってからスクリーン5の中へ入って行った。

ラブライブ!μ's→NEXT LoveLive!2014 ~ENDLESS PARADE~

 この時点で観客は50人ぐらい入っていた。そして、開演時間が近づくに連れ、客はどんどんと増えていき、結局、最終的に100人ぐらいは入っていたのではないかと思われる。

 客層は男ばかりかと思いきや、意外にも女性も多く、2割ぐらいは女性であった。グループで来ている女の子の中に、必ず一人くらいは矢澤にこのように髪をツインテールにして赤い髪留めをしている娘がいた。

 開演時間直前になると、客の中にサイリウムを他の客にタダで配っている気前のいい猛者が現れた。周囲を見渡すと、殆どの客がサイリウムを手にしていた。

 そんな感じで会場の様子を伺いながら開演時間を待っていると、あっという間に時間が過ぎていった。

 そして、18時5分頃に開演を迎えた。

 すると、ステージが始まった途端、客が全員総立ちとなってしまった。

 立たないとスクリーンが見えなくなってしまったため、仕方なく自分も立つことにした。ライブビューイングだと座って見られるかと思っていたのだが、予想に反し、3時間近くもずーっと立ちっぱなしとなってしまった。

 飯は食ってないし、おっさんだし、かなりきつい3時間であった。

ステージが始まる!

 18時5分に開演すると、AR技術を使って、さいたまスーパーアリーナの会場に二次元の方のμ'sがゴンドラに乗って登場して来た。

 その後、三次元の方のμ'sが全員ステージ上に登場し、一曲目『Music S.T.A.R.T!!』、二曲目『僕らは今のなかで』を熱唱した。

 次に、MCパートになると、自己紹介を兼ねて、お決まりのコール&レスポンスが行われた。

・久保ユリカ「ダレカタスケテー」 客「チョットマッテテー」
・飯田里穂「にゃんにゃんにゃ~ん」 客「
にゃんにゃんにゃ~ん」
・Pile「真姫ちゃんかわいい」 客「かきくけこ」
・三森すずこ「ラブアローシュート バーン」 客の胸に矢が刺さって悶えてた。
・新田恵海「せーの」 客「ファイトだよ」 新田恵海「うん」
・内田彩
・南條愛乃「かしこいかわいい」 客「エリーチカ」
・楠田亜衣奈「希パワー注入プシュー」 客「プシューいただきました」
・徳井青空「にっこにこにー」 客「にっこにこにー」

 弘前のライブビューイング会場の客もきっちりとレスポンスしていた。飼い馴らされてるわー。

 徳井青空が三曲目『夏色えがお1,2,Jump!』を歌い始め、ステージは18曲目『Snow halation』まで続いた。MCは少なめであった。

 その間にSDアニメが3回入り、それを利用して衣装チェンジをしていた。ライブビューイングの客の方も、その間だけ席に座ることが出来た。

 18曲目の『Snow halation』を歌い終わってステージが終了した途端、観客席からかなり早いテンポのアンコールが始まり、途切れることなく会場内に鳴り響いた。

 そして、アンコールは『START:DASH!!』で始まり、最後は『きっと青春が聞こえる』で締めくくられた。

 『きっと青春が聞こえる』では、弘前会場も観客全員で大合唱となった。

弘前のラブライバー熱すぎる

 公演中、観客はずっと立ちっぱなしで、ほぼすべての客がサイリウムを手にして振り回し、MC中は皆思い思いに「えみつーん」「みもりーん」「じょるのー」などといった掛け声をかけていた。

 自分が今まで行ったライブビューイングの会場の中で一番盛り上がっていたのではないかと思う。

 ライブビューイングの会場というより、本物のライブ会場の雰囲気と大差なく、さいたまスーパーアリーナの観客席の一部と言っても過言ではない盛り上がりを見せていた。

 あまりにもサイリウムを振りすぎて体が熱くなったのか、途中で半袖姿や腕まくりをしている客までいた。

 ステージが終わって会場を出る際、グループで来ている客から、「楽しかった」、「こんなに盛り上がるとは思わなかった」などといったことを口にしているのが耳に入ってきたので、声の主の顔を見てみると、顔が上気していて満面の笑みを浮かべていた。

けれど、自分はこの雰囲気に馴染めないと確信した

 自分はライブビューイングならライブ会場とは異なり、座ってじっくり視聴できるかと思って来たのだが、実際はライブ会場同様、開演中ずーっと立ちっぱなしであった。ライブビューイング会場で立ちっぱなしで鑑賞したのは今回が初めてである。

 夕御飯を食べてなかったせいか、それとも自分がおっさんで体が衰えているせいなのか、3時間近くずーっと立ちっぱなしの状態は非常に辛かった。

 その上、会場全体が、メジャーレーベルの歌手のライブとは異なるアニソンライブ独特の雰囲気を醸し出していたことも、自分を落ち着かなくさせ、居心地の悪さを感じていた。

 例えば、サイリウムを振り回したり(ぶん回したり?)、「ハイ、ハイ、ハイ、ハイ」とか「ウーンハイ、ウーンハイ」といったヲタ芸のような合いの手を入れたり、思い思いに飛び跳ねてみたり、ライブビューイングなのに演者の名前を叫んだりといった具合である。

 歌や曲を鑑賞するというより、観客も一緒になって騒いでいるという状態であった。(盗聴や盗撮の防止のために、わざとやっているのか?)

 そのため、自分はこのような雰囲気にどうにも馴染むことが出来なかった。 

 こういった雰囲気に身をおいていると、「場違いなところに来てしまった」、「自分はいい年をして、一体何をしているのだろう」という思いが頭の中を何周も駆け巡っていった。

 自分は会場に来るまで、『ラブライブ!』を見て面白いと思えるくらいだから、感性はまだまだ若いと思っていたし、ラブライブの会場の雰囲気にもすぐに馴染めるだろうと軽い気持ちで考えていた。

 だが、実際は場の空気に全然馴染めず、盛り上がっている会場の雰囲気に身を置いているのに、一人で孤独に疎外感を感じていた。

 会場で楽しそうにしている客たちを尻目に見ながら、「この雰囲気について来れない自分は、もう若くはないのかもしれない」という認めがたい事実を頭の中で何度も反芻していた。

 そこで、自分は、これをきっかけに考えを改めることにした。アニメに対する姿勢は、作品の鑑賞だけに留めることにしようと思う。そして、アニソンライブやライブビューイングに出向くことは、今後、控えようという思いに至った。あの若さみなぎる元気いっぱいな雰囲気についていく気力は、自分の体内から沸き起こることはもうないと思ったからである。

 もし、どうしても見たいアニソンライブがあれば、Blu-rayかDVDを購入して、自宅で鑑賞しようと思う。

 周りはめちゃくちゃ盛り上がっているのに、自分だけ周囲に溶け込めずに孤独を感じるなんて思いは、もう二度と御免である。

「ラブライブ!μ's→NEXT LoveLive!2014 ~ENDLESS PARADE~」一日目セットリスト

  1. Music S.T.A.R.T!!
  2. 僕らは今のなかで
  3. 夏色えがお1,2,Jump!
  4. Wonderful Rush
  5. ススメ→トゥモロウ(高坂穂乃果・園田海未・南ことり)
  6. 夢なき夢は夢じゃない(高坂穂乃果)
  7. Anemone heart(南ことり・園田海未)
  8. なわとび(小泉花陽)
  9. Beat in Angel(西木野真姫・渋谷凛)
  10. にこぷり女子道(矢澤にこ)
  11. 硝子の花園(絢瀬絵里・東條希)
  12. LONELIEST BABY
  13. 輝夜の城で踊りたい
  14. もぎゅっと loveで接近中!
  15. baby maybe 恋のボタン
  16. LOVELESS WORLD
  17. No brand girls
  18. Snow halation

アンコール

  1. START:DASH!!
  2. 友情ノーチェンジ
  3. 僕らのLIVE 君とのLIFE
  4. きっと青春が聞こえる
ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく! blog Ranking

2014年2月11日 (火)

ラブライブと雪燈籠まつりの旅:1・・・チケットを購入した。

プロローグ

 2014年2月8日9日の両日、さいたまスーパーアリーナで「ラブライブ!μ's→NEXT LoveLive!2014 ~ENDLESS PARADE~」が行われた。

 そして、このイベントのライブビューイングは、イオンシネマ弘前でも開催されることになった。

 アニメを見て以来、すっかり『ラブライブ!』に魅了されてしまった自分は、この情報を知って以降、ライブビューイングに両日参加したいと思っていた。

 だが、一日目の終演時間が21時らしく、JRのダイヤ的に考えて、弘前から青森へ当日のうちに帰るのは難しそうである。それに、二日目の開演時間が15時30分なため、この短時間のうちに青森-弘前間を二往復するのも面倒そうである。そして、何より、冬期間のJR奥羽線は、遅延はもちろん、運休する可能性が十分ありえるため、開演時間までに会場へ辿りつけないことも考えられる。

 そういう状況であれば、普通、両日参加を諦めて、どちらか一方だけに参加しようと考えるものである。

 しかし、何を血迷ったかその時の自分は、青森-弘前間を何度も往復するのが困難であれば、弘前に一泊すればよく、そうすることで、不測の事態を避けて両日参加することが出来るではないかと考えてしまった。

 そんな経緯で自分は弘前に一泊するのを前提に、ラブライブ!のライブビューイングのチケットを2days分購入してしまったのである

ラブライブ!ライブビューイングチケット

 そして、どうせ、弘前に一泊するのなら、ついでに、同じ時期に弘前で開催される「弘前城雪燈籠まつり」も見て来ることにした。

 チケットを購入してから「ラブライブのライブビューイングと弘前城雪燈籠まつりに参加する弘前一泊二日の旅」の計画を綿密に練ったのだが、果たして、この計画の何割くらいを実行することが出来たであろうか・・・。(続く)

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく! blog Ranking

2014年2月 5日 (水)

セーラームーン のTHE 20TH ANNIVERSARY CDを購入した。

 先日、『美少女戦士セーラームーン THE 20TH ANNIVERSARY MEMORIAL TRIBUTE(税込3,000円)を購入した。

『美少女戦士セーラームーン THE 20TH ANNIVERSARY MEMORIAL TRIBUTE』

 自分は年齢的に考えて、セーラームーンをオンタイムで見ていても全然おかしくない世代なのだが、セーラームーンが放送されていた当時は、アニメに全く興味がなかったため、セーラームーンは1話も見たことがなかった。

 それ故に、ストーリーはおろか、キャラクターの名前すらわからない。

 もちろん、実写版の方も見たことがない。

 では、何故に、今回、『美少女戦士セーラームーン THE 20TH ANNIVERSARY MEMORIAL TRIBUTE』を購入したかというと、このトリビュートCDの収録アーティストの中に福原遥ちゃんが含まれていたからである。

 「福原遥ちゃんの歌声が聴きたかった」

 購入理由はただその一点だけである。

 早速、CDを聴いてみたが、やはり、知っている曲(聴いたことがある曲)は、一曲目のももいろクローバーZが歌う『ムーンライト伝説』だけであった。他の曲は耳にしたことすらないものばかりである。

 そのため、曲自体に思い入れがない自分は、「しょこたん、歌うめぇ~なぁ~」とか「まいんちゃんっぽい歌い方で和むわ~」とか「堀江美都子、声若いわ~。今、収録した歌なのか?それとも、当時、収録した曲なのか?」などといった他愛もない感想を抱きながら、CDを聴き入ったのであった。

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく! blog Ranking

2013年6月27日 (木)

ClariS『SECOND STORY(期間生産限定盤)』を購入した。

 Amazonにて、ClariSのセカンドアルバム『SECOND STORY(期間生産限定盤)』を税込2,922円で購入し、昨日、注文した品が届いた。

ClariS『SECOND STORY(期間生産限定盤)』

 グラフィグが特典として付いている完全生産限定盤やCDのみの通常盤も同時に発売されているが、自分はグラフィグに興味がなく、その上、高いということもあって完全生産限定版は却下した。

 それに何より、通常盤よりもDVDが付いている期間生産限定盤の方が安く、更には、期間生産限定盤にだけイラストスリーブが付いているということなので、今回、こちらを購入することにした。

 早速、CDを聴いてみたけど、どうしても『もやしもん』や『まどか☆マギカ』や『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』といった聴き馴染みのあるタイアップ曲ばかり聴いてしまう。購入代金分の元を取るためにも、他の曲もこれから順次聴いていこうと思っている。

 それにしても、顔出しNGの女子高生ユニットとは言え、GReeeeNや初音ミクのような方式を用いれば、LIVEを開催することも可能な気がしないでもない。もし、可能なのであれば、是非とも参加してみたいと付属のDVDを鑑賞しながら思った。

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく! blog Ranking

2013年6月13日 (木)

日笠陽子『終わらない詩』を購入した。

 先日、アニメイト青森店で日笠陽子『終わらない詩』の初回限定盤CD+DVDを税込1,799円で購入して来た。

日笠陽子『終わらない詩』  

 そして、購入者特典として、ブロマイドと「日笠陽子ポスター・毛筆宣言応募券」を貰った。プレゼントの応募手続きは、購入後、早々に済ませた。

日笠陽子『終わらない詩』アニメイト特典

 早速、『終わらない詩』を聴いてみたのだが、「あなたのいない世界」と「私のいない世界」という対局する言葉が両方出てくるため、どういう状況設定の内容なのか飲み込めず、そのため、歌詞の意味をいまいち理解できなかった。

 おそらく、これは、本編を見ないと歌詞の本当の意味がわからないというパターンの主題歌ではないかと思われる。

 そのため、この歌詞の意味をスッキリと解明させるため、この曲が主題歌となっている劇場版アニメ『ハル』を見てみたい心境になっている。

 だが、今のところ、青森では『ハル』の上映が予定されていない。

 果たして、青森で上映されるのだろうか。

 多分、上映時間が短いこともあり、上映されない公算の方が高い気がしないでもないと思っている。

 CDを聴いた後、『終わらない詩』のMVが収録されているDVDの方も鑑賞してみたが、アーティストっぽい雰囲気を醸し出しているなぁ~っていう感じがする映像であった。

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく! blog Ranking

2013年5月 9日 (木)

日笠陽子『美しき残酷な世界』を購入したった。

 昨日、Amazonにて注文していた日笠陽子のCD『美しき残酷な世界(初回限定盤CD+DVD)』(税込1,516円で購入)が届いた。

日笠陽子『美しき残酷な世界』

 これは先月行われた「アニメコンテンツエキスポ2013」の「進撃の巨人ステージ」で聴いた日笠陽子の生歌に感動し、その熱に浮かされた状態のまま思わず勢いで注文してしまった一枚である。

 早速、そんなCDを聴いてみたが、所詮、デジタルな音源でしかなかった。CD何度リピートして聴いても、あの時に聴いた感動蘇って来ず、逆に、聴けば聴くほどため息が出てきて、ACEの会場で聴いた生歌のほうが良かったなぁとしみじみと過去を懐かしむばかりであ 

 やはり、あの心を揺さぶられるような感動をもう一度体験したいと思うならば、再び、生歌を聴くしかないのかもしれない

 ということは、これから3ヶ月連続でリリースされるCDを全て購入して、2013年10月27日に開催される1stライブイベントに参加するしかそれを成し遂げるなさそうである

 そこで、現在、あの生歌の中毒になってしまっている自分は、それを実行に移すべきかどうか思案している最中である

 ちなみに、特典DVD見たが、こちらは名実共に“おまけ”しかなかった

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく! blog Ranking

2013年5月 2日 (木)

『まいん歌のレシピ7』を鑑賞する。

 一ヶ月ぐらい前に『クッキンアイドルアイ!マイ!まいん まいん歌のレシピ7(DVD付)』を税込2,731円で購入した。

 だが、購入から今日までの間に旅行に行ったり、その旅行の記録をブログに書いたり、書いたら書いたで長々と書いてしまって思いのほか手こずってしまったりと、色々と立て込んでしまったため、『歌のレシピ7』を視聴するのが今頃になってしまった。

『まいん歌のレシピ7』表

 このCDは、Eテレに於いて213年3月29日まで放送されていた番組『クッキンアイドルアイ!マイ!まいん!』の主人公・柊まいんを演じる福原遥ちゃんが番組内で歌ったクッキンソング15曲と、番組サウンドトラック27曲、そして、番組主題歌をリミックスした『ハッピー!クッキンタイム♪~ドリームミックス~』がボーナストラックとして1曲、合計43曲が収録されてい

 そして、特典DVDには、福原遥ちゃんが振り付きで歌って踊る『ハッピー!クッキンタイム♪~ドリームミックス~(ショートサイズとそれのカラオケバージョンの動画が収録されていた。

『まいん歌のレシピ7』裏

 早速、特典DVDに収録されている『ハッピー!クッキンタイム♪~ドリームミックス~(ショートサイズ)』の映像を視聴したが、エフェクトやセットが凝っていて、4年間の集大成という感じがする力作であった

 いつもであれば、特典DVDを鑑賞する際、まいんちゃん可愛らしすぎるあまりに、知らず知らずのうちにニヤニヤしてしまっているのだが、今回最後のまいんちゃんの姿かもしれない思うと自ずと表情が引き締まってしまい、強張った表情で食い入るように映像見入った。 

 幼さが残るあどけない表情だったまいんちゃんを番組開始時より見ていたせいか、今回の特典映像を見ていると、4年でこんなにも美人さんに成長してしまったかと、思わず親のような視点なりつつ何度もリピートして鑑賞し

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 それにしても、いつまでも永続的にまいんちゃんの成長過程を観察したかった自分としては、この度の番組の終了は本当に悔やまれて仕方がない生きるを失ったも同然である。

 それに、おそらく、このCDまいんちゃん名義でリリースされる最後のCDになると思われ、これで最後かと思うと本当に残念でならない

 だが、今後は福原遥ちゃん名義での音楽や映像ソフトのリリースがあれば今までと変わらず、そちらの方 ソフトを継続して購入していこうと思っている。

にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ ポチッとよろしく! blog Ranking

2013年4月27日 (土)

「キリン×グリマス×Lawson」キャンペーンに応募した結果

 先日、ローソンにて、

  • 午後の紅茶レモンティー(税込147円・500ml.)・・・5本
  • 午後の紅茶おいしい無糖(税込147円・500ml.)・・・6本
  • 午後の紅茶ストレートティー(税込147円・500ml.)・・・4本
  • キリンメッツコーラ(税込158円・480ml.)・・・5本 

合計20本、総計税込2,995円分のキリンビバレッジ商品を購入してきた。

キリンビバレッジ20本

 今回、ローソンでキリンビバレッジの飲料水を大量に購入してきた理由は、2013年4月23日から5月27日まで開催されている「キリンビバレッジ×THE IDOLM@STER  MILLIONLIVE!×ローソンキャンペーン」に応募するためである。

「キリンビバレッジ×アイドルマスター×ローソンキャンペーン」レシート

 そして、このキャンペーンで自分が狙っている商品は、抽せんで200名に当たるSPコースの「アイドルマスタースペシャルイベントin LIVE GATE TOKYO」(2013年8月11日開催予定)の招待チケットである。 

 早速、帰宅してからレシートに書かれている応募番号を特設サイトの応募フォームに入力した後、SPコースの応募アイコンをクリック。その後、ローソンのレシート応募懸賞ではお馴染みのコイントスゲーム「裏」を選択したのだが、結果は残念ながら「ハズレ」となってしまった。

il||li _| ̄|○ il||li

 しかし、ハズレポイントを20ポイント集めると先着で1,000名に当たるWチャンス賞の「オリジナルクリアファイル」には見事当せんを果たすことが出来た。(4月23日・18時30分頃応募)

:D)| ̄|_ 

 オリジナルクリアファイルの発送は2013年10月末を予定しているそうである。今回も商品の到着は半年先となる。

 それにしても、本命の商品には中々当たらないものである。

 最初からクリアファイル狙いだと思えば、多少、気楽になるのだろうが・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく! blog Ranking

2013年4月 7日 (日)

ACE2013へ行く・5~スタンプラリーと鈴木このみ

スタンプラリーで時間を潰す

 フードコートで昼食をとった後、次に見る予定のステージイベントである『魔女っ子姉妹のヨヨとネネ』までかなり時間が空いてしまったのでの時間を利用して会場内をくまなく歩いて見学することにした

 そして、ただ見学したのではすぐに見終わってしまうかもしれないと思い、会場内で開催されていたスタンプラリーをしながら見学し時間を潰すことにした

 下記画像は、その際に作成したスタンプラリーの完成形である。

ACE2013スタンプラリー完成形

鈴木このみLIVEを立ち見で見る

 そうこうしている間に16時になり、その時間からOPEN STAGEで鈴木このみのLIVEが始まるということなので、そちらの方へと移動した。

 『さくら荘のペットな彼女』にハマっていた自分としては、この作品の主題歌を歌う鈴木このみの生ウタを是非聴きたいと思っていて、幕張メッセに来る前からLIVEに参加しようとェックしていた

 しかし、行動が遅かったらしく、OPEN STAGE会場に着くと、立見席の更に後ろの方の場所しかスペースを確保することが出来なかった。

 そのため、LIVEが始まってもステージ上の光景は全く見えず、当然の如く、鈴木このみの姿も一切見えなかった。

 LIVEを見るというよりも聴くのが精一杯といった状況であった。

 ちなみに、セットリストは、

  1. 『DAYS of DASH
  2. 『CHOIR JAIL』
  3. 『夢の続き』
  4. 『囚人‐Paradox 2013-』
  5. 『運命のEngagement
  6. 『夢の続き』(アンコール)

であった。

 伸びやかな歌声で聴いていて心地良かったし、生歌CD音源と大差なかった。

 本当に歌がうまく、アニソンに限らず、今後、テレビドラマやCMソングにも起用されるようになって欲しいと思った次第である。

アニソンライブ行きたいけど無理かも・・・

 それにしても、今回、初めてアニソンライブに参加したのだが、それと同時に、アニソンライブではお馴染みのサイリウムを振り回したり、独特な掛け声や手の動きをしている観客初めて間近に目にすることが出来た。

 そして、そんな彼等に混じってアニソンライブを鑑賞したのだが、彼等が放つ独特な雰囲気、終始、圧倒されっぱなしで、馴染むことが出来なかった。自分の場合、ただ突っ立って曲を聴き、曲が終わったら拍手するの精一杯だった。

 常々、アイマスやラブライブ、アニメロといったアニソンライブに参加したいと思っていたのだが、鈴木このみのライブの観客を間近に目撃した途端、自分にはアニソンライブに参加するのは敷居が高すぎると感じてしまった。

 ACEの余興的なアニソンミニライブでさえ、観客の雰囲気に戸惑ってしまったのに、もっと本格的なアニソンライブに行ったら、これよりももっとすごい一体感が形成されているのかと想像すると、気後れしてしまい二の足を踏んでしまいそうである

 自分が参加できるアニメイベントはACEが上限かもしれないと、今回、OPEN STAGEで開催された鈴木このみのライブに参加して思い知らされた気がする。  

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく! blog Ranking

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

AD

Twitter