フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

ワノログのアド(左)1

ワノログのアド(左)2

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の760件の記事

2020年6月14日 (日)

2019年冬東京観光10~エピローグ・6年ぶりに東京観光して反省した点

(続き)

今回の旅行の反省点 

 ・帰路についた今にして思うと昼の高速バスではなく、一泊してからもう少し東京に滞在し、もう少し観光してから深夜の高速バスで帰ればよかった。

 そうすれば、もっとたくさん映画を見ることも出来たかもしれない。

 TOHOシネマズ新宿で『ルパン三世カリオストロの城4DX』をもう一度最初から見れたかもしれない。

 ・次回、アニソンライブに参戦する際はキンブレを絶対に購入する。キンブレを持った振りして手を振るのは恥ずかしくはないが間抜けな感じがする。

 ・見知らぬ土地の大都会ではグーグルマップを使っても道に迷うことがある。

 グーグルマップだけではなくゼンリンが情報提供している地図アプリも使えばよかった。グーグルマップで道に迷ったときはYahoo!地図に切り替えてみよう。それでも迷ったら諦める。

 以上が今回東京観光旅行して思った反省点であった。

 ※2019年11月に行った旅行のブログを諸事情により大幅に遅れて2020年6月にようやく書き上げる。

(了)

 


 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年冬東京観光9~上野から青森までスカイ号に乗って帰宅。

(続き) 

 『アニソンプレミアムフェス2019』の公開収録観覧前に飲んだ「森永inゼリーエネルギーストロング」がめちゃめちゃ効能が強烈だったせいか、それとも、ライブの興奮が覚めやまらないのか、上野ステーションホステルオリエンタル1のカプセルルームに入って寝ようとしてもなかなか眠れなかった。

 そのため、ずっとスマホをイジって眠くなるのを待った。そしたら、眠りについたのは5時頃で目が覚めたのは朝8時だった。

 睡眠時間はたった3時間である。

 自分の場合、睡眠時間が短いと具合が悪くなったり、頭痛がして体調が悪くなるのだが、本日の予定は上野駅のバス停から弘南バスの昼行の高速バスであるスカイ号に乗って帰るだけである。

 バス車内で寝れば睡眠時間の帳尻が合うから良いかなと思い、特にその時は気にしなかった。

 8時に起きて朝食は前日にセブンイレブンで購入した惣菜パンと蒙古タンメン中本のカップラーメンを上野ステーションホステル1の休憩室で食べた。

 朝風呂には入らず、9時にチェックアウトした。

 ちなみに、チェックアウトした後、今回の旅の記念に上野ステーションホステル1の建物を撮影したら、何故かホテルの斜め向かいにあった帽子専門店の黒人店員に笑われた。

上野ステーションホステル1

 何故笑われたのだろう?今考えても意味がわからない。

 今回の旅は、ほぼ日帰りのようなもので、大して東京観光もしてない。

 そこで、10時発の弘南バスのスカイ号に乗るまであと1時間あるので、その時間だけでも上野公園を散策して東京に来た実感を得ようと思い、上野駅周辺を散策することにした。

 そして、上野公園を散策してみて感じたのは、未就学児や赤ちゃんをつれた家族が多いこと。

 やはり若い男女でも満足に金が稼げる地区だと子供が多いのかなと感じた次第である。

 上野公園を1時間弱ほど散策したが三ツ星カラーズらしき3人の女児は見当たらなかった。当然である。

 9時50分くらいに上野駅のバス停に戻り、バス停の近くにあるファミマでファミコレのペットボトルの緑茶を購入した。

 その後、スカイ号に乗った。10時きっかり正確に出発した。

 自分の勝手な推測だが、おそらく自分が乗った青森行きのスカイ号に乗っていた乗客は全員青森人であったと思われる。

 前日の睡眠時間が3時間ということもあり、案の定、すぐに睡魔が襲いかかり、バスが出発してすぐに眠りについた。そして、車内ではずっと寝ていた。

 日中は天気が良く、車内は日差しも強かったが、耳栓、アイマスク、ネックピローを事前に準備して使用したせいか、ぐっすり眠ることが出来た。

 そのため、上野から岩手あたりまでの記憶はない。途中、サービスエリアで停車したらしいがそれすら覚えていない。

 岩手に入ってから雨が降り出し、青森駅前に到着するまでずっと雨だった。

 その結果、自分が寝ている間に巻き込まれた首都高の渋滞と、岩手に入ってから降った雨などの天候不順の影響で、予定到着よりも1時間遅れてしまい、結局、20時30分に到着した。

 二日ぶりの青森市は雨は降ってるし、東京へ行く時よりも寒くて最悪であった。東京へ行くときは厚手のパーカーでも大丈夫な寒さであったのに、帰ってきたらコートが必要なくらいの寒さであった。

 今まで何度か高速バスに乗ったことがあるが、予定より早く着くことは何度かあったが、1時間以上も遅れて到着したのは今回が初めてであった。

 とはいえ、20時30分だとまだ青森市内でも二次交通が動いている時間帯なので、寒くて雨が降っていること以外特に問題もなく無事に帰宅することができた。

 今回、青森ー東京間の行きも帰りも到着が遅れてしまったため、次回、もし、高速バスを利用する際は、もう少し時間の余裕を見てスケジュールを組もうと思った次第である。

(続く)


 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年冬東京観光8~上野ステーションホステルオリエンタル1に宿泊する。

(続き) 

 NHKホールで開催された『アニソンプレミアムフェス2019』の公開収録は22時で終了した。

 入場の際に配られたアンケート用紙に思いのたけを書いた後、アンケート回収ボックスに入れてNHKホールを出た。

 そして、NHKホールから原宿駅まで歩いた。

 途中、表参道を通ったが、イルミネーションの準備なのか、業者が高所作業車に乗って木々にLED電球を取り付ける作業をしていた。

 更に歩くと、11月の22時にオープンテラスでお茶を飲んでいた客がいたが、やはり、東京とはいえ、11月の夜に外でお茶を飲むのは寒いのか、オープンテラスに灯油ストーブを設置して、暖を取りながらお茶を飲んでいた。

 冬に灯油ストーブに当たりながらオープンテラスで喫茶する姿は、青森では見たことがない光景である。

 そこまでして外でお茶やコーヒーが飲みたいのか?と思いつつも、青森でも冬に外で灯油ストーブを囲んでお茶やコーヒーを飲む喫茶店があったら、もしかしたら流行るのではなかろうかと思いながら表参道をさらに歩いた。

 そんなこんなで原宿駅に到着し、原宿駅から山手線に乗り、上野駅へ向かった。

 そして、上野駅から歩いて本日の宿である上野ステーションホステルオリエンタル1に着いたのは23時だった。


 NHKホールから新宿バスタへ向かい、22時30分発の新宿発青森着の高速バスがあるので、それに乗って、日帰りで帰ろうかとも思ったけれど、NHKホールから30分で新宿バスタへ到着する自信がないし、もしかしたら、イベントが延長した場合に備えて、念には念を入れて、日帰りにせず、東京で一泊することにした。

 この考えは正解だった。

 実際、都会でのグーグルマップの使い方がいまいちわからず、何度も道に迷ってしまったので1泊は正解であった。

 おそらく、一泊せずに日帰りの予定にしていたら、確実にバスに乗り遅れて、大都会東京に一人取り残されて途方に暮れていたかもしれない。


 東京観光で宿泊する際は、いつも上野御徒町のカプセルサウナダンディを利用していたけれど、現在、改装中で営業してなかった。

 そこで、楽天トラベルで上野駅近辺で安くてレビューの評価も高かった「上野ステーションホステルオリエンタル1」を今回利用することにした。

 カプセルホテルは全国どこも概ねほぼ同じだと思うが、「上野ステーションホステルオリエンタル1」がカプセルサウナダンディと比較して良かったと思ったのは飲食持ち込みOKなところである。

 休憩所内でコンビニめしを食することができるため、飲食代を安く済ませることができた。それに歩いて1分内の近場にセブンイレブンがあったのも良かった。

 逆に悪かったところは浴槽洗い場が狭いことであろうか?

 と言っても、自分が利用した日は平日だったこともあり、混みすぎて体が洗えないほど窮屈ではなかった。

 もしかしたら、休日の利用であれば狭くてイライラしてしまったかもしれない。

 あと、自分が泊まったカプセルルームの近くにファンが回っていて、そのファンの音がうるさかった。

 楽天トラベル経由で宿泊すると正規の価格よりもかなり格安で宿泊できたのだが、何故そんなに安いのか理由が気になっていたが、おそらく、宿泊料金が安かったのはファンのそばのカプセルルームだったからではないかと自分は推測している。

 安いのには安いなりの理由が必ずあるものだと思った。

 とはいえ、自分は耳栓を持参していたので、耳栓をして寝れば、ファンの音は特に気にならなかった。

 ここに限らず、安い宿で宿泊する際は耳栓持参は必須である。

 上記以外は特に気になることはなく、その他の点に関してはごく普通のカプセルホテルであった。

(続く)


 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年冬東京観光7~NHK『アニソンプレミアムフェス2019』公開収録に参加する。

(続き)

 代々木公園で一人寂しくスマホをいじりながら時間を潰した後、開演時間が近づいたこともありNHKホールへ向かうことにした。 

NHKホール

 今回の旅行では自分が青森駅から乗車したオリオンバスが遅刻したせいで、当初、予定していた観光スケジュールがうまく成し遂げられずにめちゃくちゃになってしまうは、頼りにしていたグーグルマップは全く未知の大都会では思いのほか当てにならず道に迷って時間をロスしてしまうはで、今回の旅行は踏んだり蹴ったりで散々だった。失敗であった。

 と、NHKホールに入場するまでは思っていた。

 だが、今回の旅行の真の目的であったNHKホールで行われた『アニソンプレミアムフェス』に参加してからは、その思いは一転。

 今回の旅行ほど我が人生で最高に良かった体験をすることができたと思っている。

 というのも、今まで踏んだり蹴ったりだったと思っていたマイナス要因がゼロになるどころか、プラスになり、また東京観光したい、出来ることなら、来年もアニソンプレミアムフェスに参加したい、わざわざ青森から来たかいがあったと思えるくらい良かったからである。

NHK『アニソンプレミアムフェス2019』チケット

 良かった理由

 1.NHKホールに入場する直前にランダムで席が割り当てられたのだが、自分がおひとりさまでの来場だったせいもあるのか、めちゃくちゃ前席のいい席が割当てられた。

 その席は1階席の真ん中の列の前から8番目。

 モニター越しじゃなくても、肉眼でアーティストの表情がわかるほどの近さだった。

 全アーティストと目が合ったと言っても過言ではないくらいの近さだった。

 もしかしたら、二人で来場していたら、これほどの良席は割り当てられてなかったと思われる。

 2.曲とトークが交互に行われたため、ライブ時間が3時間もあったが結構楽だった。

 アニソンに限らず、大概のライブは観客は3時間立ちっぱなしということが多い。これはアラフォーのおっさんにはかなり辛い。

 その点、アニソンプレミアムフェスは、公開収録ということもあり、観客席で飲食ができなかったにもかかわらず、パフォーマンス中は立つけど、トーク中は座って良いため、全然疲れなかった。

(ちなみに、観客が立ったり座ったりする時間をカットしたために尺が余ったのか、番組ではライブ映像にVTR収録映像も足していた。)

 3.観客のノリが良かった。前説の段階からテンションが高かった。会場の雰囲気が殺伐してなく和気あいあいとしていた。このおかげで本当に楽しいイベントであった。


 番組内容をブログやSNSに掲載してはいけないらしいので、番組内容とあまり関係ない感想をいくつか挙げると、

 ・NHKホールのステージが想像していたより小さいと思った。青森県民文化会館のほうが広いのでは?と思った。そして、トークセットも小さかった。こんな小さなところで紅白歌合戦の収録もしているのかと思うと複雑な感じがした。

 ・けものフレンズと九十九組の声優の実物は映像で見るよりかわいいと思った。あまりに可愛すぎて誰に目線を合わせていいかわからず、目移りしてしまったほどである。

 ブシロードが株式上場果たせるのも当然だなと思った。

 めちゃめちゃダンスや動き回る女性声優を見て、改めて、女性声優が売れるには顔や声だけではなく、膝が丈夫であることも重要な要素だと思った次第である。

 ・セットリストは公表しては駄目らしいけど、出演者の代表曲と新曲を2〜3曲、新人アーティストは1曲1コーラスだけであった。


 番組収録終了後は、来年もチケットが当たって欲しいと切に願いたくなるくらい楽しいイベントであった。

NHKホール敷地内入る

 そして、もし、行く機会があれば、その時はキンブレは必須だと思った。

 ちなみに、NHKホールの入場の際にアンケート用紙が配布されたので、「NHK秋田の『アニソン運動会』復活させてください!地方でもアニソンイベント開催して!」という要望を書いて返却しました。

 毎年開催されるなら毎年参加したいと思えるイベントでした。

 けど、このイベントに参加できるのは生涯で今回が最初で最後だろう。

 今回はたまたまラッキーであっただけである。

(続く)


セットリスト

LIVE
・UNION(OxT)『SSSS.GRINDMAN』
・Paradise Lost(茅原実里)『喰霊-零-』
・RESISTER(ASCA)『ソードアート・オンライン アリシゼーション』
・Shangri-La (angela)『蒼穹のファフナー』
・SHINY DAYS(亜咲花)『ゆるキャン△』
Bright way(内田彩)『百錬の覇王と聖約の戦乙女』
・TIT FOR TAT (MYTH & ROID)『慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』
SWEET HURT(ReoNa)『ハッピーシュガーライフ
graphite/diamond (
May'n)『アズールレーン』

・約束タワー(スタァライト九九組)『少女歌劇レヴュースタァライト』
・Star Diamond(スタァライト九九組)『少女歌劇レヴュースタァライト』
・このすばメドレー[fantastic dreamer、TOMORROW、1ミリ Symphony](
Machico)『この素晴らしい世界に祝福を!』

・sign(内田彩)『五等分の花嫁』
・エイミー(茅原実里)『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』
・シドニア(angela)『シドニアの騎士』
・THE BEYOND (angela)『蒼穹のファフナー THE BEYOND』
・全力☆Summer!(angela)『アホガール』

VTR
・only my raligun(fripSide)『とある科学の超電磁砲』
・black bullet(fripSide)『ブラック・ブレット』
・killing bites(fripSide)『キリングバイツ』
・Love with you(fripSide)『寄宿学校のジュリエット』

LIVE
・Statice(早見沙織)『無双OROCHI3 Ultimate』
・over and over(やなぎなぎ)『Just because!』
・春擬き(やなぎなぎ・早見沙織)『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』
・☆(きらりん)トリルで始まっちゃう! (アニプレ!Stars☆)
・チャンス(三森すずこ)『ダイヤのA actⅡ』

VTR
・パパパ(斉藤朱夏)『俺を好きなのはお前だけかよ』
・セツナの愛(
GRANRODEO)『文豪ストレイドッグス』
・変幻自在のマジカルスター(GRANRODEO)『黒子のバスケ』

LIVE
・ダイヤモンドクレバス(May'n)『マクロスF』
・DANZEN!ふたりはプリキュア (五條真由美)『ふたりはプリキュア』

VTR
未体験HORIZON(Aqours)『ラブライブ!サンシャイン!!』

・アンコール(宮野真守)『劇場版うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』
・LAST DANCE(宮野真守)『虚構推理』

LIVE
・forget-me-not(ReoNa)『ソードアート・オンライン アリシゼーション』
・雲雀(ASCA)『ロード・エルメロイII世の事件簿』
・神の数式(亜咲花)『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 』
・シロイカラス(鈴村健一)『
CØDE:BREAKER
・HIDE-AND-SEEK(鈴村健一)『はんだくん』

VTR
・Synchrogazer (水樹奈々)『戦姫絶唱シンフォギア』
・FINAL COMMANDER (水樹奈々)『戦姫絶唱シンフォギアXV』

LIVE
・Go EXCEED!! (O×X)『ダイヤのA』
・PANTA RHEI(MYTH & ROID)『異世界チート魔術師』
・楽園都市(オーイシマサヨシ)『コップクラフト』
・乗ってけ!ジャパリビート(どうぶつビスケッツ×PPP)『けものフレンズ2』
・け・も・の・だ・も・の  (どうぶつビスケッツ×PPP)『けものフレンズ3』
・ようこそジャパリパークへ(どうぶつビスケッツ×PPP)『けものフレンズ』
・unlasting(LiSA)『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』
・紅蓮華(LiSA)『鬼滅の刃』


 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年冬東京観光6~NHKスタジオパークを見学するけども・・・。

(続き) 

 新宿駅からSuicaを使い始める。

 新宿駅から山手線に乗り、原宿駅ヘ向かった。

 原宿駅に着くと駅舎の建物は意外とこじんまりしていると感じた。

 都内の駅でもターミナル駅でなければ、こんなもんなんだろうなという感じであった。

 そして、原宿駅からNHKがある代々木公園の方へ向かって歩いた。

 平日だと言うのに人口が密集していた竹下通りは通らず、入口の前だけをただ通過した。(今にして思えば、興味がなくても知見のために通っておくべきであったと思う。また東京観光をする機会があれば通ってみよう!)

 十数分ほど歩いて代々木公園ヘ辿り着いた。

 東京に来る前に青森でNHK『いだてん』を見ていたこともあり、この広大な土地を田畑政治がアメリカ駐留軍から(大金を払ってだが)取り戻したのか、スゲーなーと思いながら代々木公園を眺めつつNHKヘ向かった。

 15時頃にNHK到着。

NHK

 この時はNHKホールの前にまだ人は集まってなかった。

 『アニソンプレミアムフェス』の公開収録の開演時間まで数時間も時間がある。

NHK2

 そこで、折角、NHKに来たこともあり、NHKスタジオパークを見学することにした。

NHKスタジオパーク

 早速、入場料を払って中に入ってみた。入場の際、NHKスタジオパーク20周年記念ストラップを貰った。

NHKスタジオパークチケットと記念ストラップ

 入場料は大人200円と安かったが、如何せん、展示物はEテレと動物番組や自然紀行番組関連のものが多く、尚且つ、子供向けの内容のものが多かった。

 自称・少年の心を持った大人を自負している小生だが、さすがにスタジオパークの展示物は対象年齢が低すぎてすぐに飽きてしまった。

チコちゃん@NHKスタジオパーク

 そのため、30分で見学終了。すぐに建物を出てしまった。

どーもくん@NHK

 しかし、『アニソンプレミアムフェス』の開演時間までまだ時間はあるし、かといって、他に行きたい場所も思い浮かばなかったこともあり、NHK近くのセブンイレブンでセブンプレミアムのお茶2本と森永inゼリー1個購入し、代々木公園のベンチに座って、スマホをいじくりつつ時間を潰すことにした。

 日中は暖かかった東京も17時を過ぎると流石に寒い。

 代々木公園でボール遊びに興じる家族を見ながら、外で一人寂しくスマホをいじって時間を潰す。

 この時が今回旅行中一番の絶望期であった。東京観光すべきではなかったと後悔していた。(後ほど、イベントに参加して絶望の思いは吹き飛ぶ)

 それにしても、東京人の歩くスピードは老若男女を問わず速いと感じた。

 自分も歩くスピードは決して遅くはないと思っていたが、代々木公園を散策中、いとも容易く多くの人に抜かされてしまった。

(ちなみに、NHKスタジオパークは2020年5月に閉園)

(続く)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チコちゃん ちょっこりさん キョエちゃん
価格:1430円(税込、送料別) (2020/5/24時点)

楽天で購入

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年冬東京観光5~嵯峨谷歌舞伎町店で冷たい蕎麦と親子丼のセット食べる

 続き。

 TOHOシネマズ新宿で『ターミネーター:ニュー・フェイト』を見た後、映画館が入居するビルを出た。

 そして、TOHOシネマズ新宿に入った時は急いでいたため撮影できなかったTOHOシネマズ新宿の“ゴジラ”も無事に撮影した。

TOHOシネマズ新宿・ゴジラ

 その後、新宿歌舞伎町を散策した。

 街から聞こえてくる言語は日本語より中国語やアジアの言語のほうが多く感じられた。行き交う人が話す言語も中国語、店のスピーカーから発せられる言語も中国語であった。

 日本人の顔を見ても中国人じゃないかと思われるくらい中国人が多く、歌舞伎町は中国人だらけという印象を受けた。

 久しぶりに来た東京は同じ日本という感じがせず、異国のようであった。まるで海外旅行にでも来たような感じであった。

 30分くらい新宿歌舞伎町を散策したところで、東京に到着してから何も食べておらず、朝食すら食べていないことに気づき、流石に腹が減ってきた。

 少しでも出費を減らそうと思い、クオカードやジェフグルメカードを持参してきたこともあり、スマホでクオカードやジェフグルメカードが使える飲食店がないか探してみたのだが、いくら東京新宿とはいえ、早々、簡単に見つかるものではなかった。

 とはいえ、あまりにも腹が減りすぎて何も食べないわけにもいかず、この際、安そうな店なら何処でもいいやと思い始めた時に、「嵯峨谷 歌舞伎町店」という店舗が目に入ったこともあり、「江戸と言ったら蕎麦だろうな」という理由も相まって入店することに決めた。

 嵯峨谷歌舞伎町では「冷たい蕎麦と親子丼のセット」食べた。税込650円であった。

嵯峨谷歌舞伎町・冷たい蕎麦と親子丼のセット

 時は11月中旬。

 蕎麦は温かいのと冷たいのを選べたのだが、自分が冷たいのをお願いしたら、店員に「冷たいのですか?」と不思議な人間でも見るかのような表情で注文を再確認された。

 この日の東京の気温は東京人には寒かったかもしれないが、本日上京したばかりの青森人には冷たいせいろそばが喰いたくなるくらい暖かい気温なんだよと言いたかったが止めた。

 店内はカウンターのみ。立ち食いではなく椅子席ばかりであった。客は自分以外スーツ姿の人ばかりで男性より女性客の方が多かった。

 味は普通。650円ということも量は少なめであった。15時ごろの食事であったこともあり、昼飯ではなくおやつだと思うことにした。

 食べ終わったら食器を返却し、店を出た。

 そして、新宿駅ヘ向かった。

 新宿駅でSuica2,000円分を購入した。

 初めてSuicaカードを購入したが、拍子抜けするくらい簡単に買うことが出来た。

(続く)


 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年冬東京観光4~TOHOシネマズ新宿で『ターミネーター:ニュー・フェイト 』をIMAXレーザーで見た。

  続き。

 2019年11月15日。

 TOHOシネマズ新宿で『ルパン三世カリオストロの城MX4DX』を見た後、これまた青森では絶対に見られないであろうIMAXレーザーを見ることにした。

 この時期のIMAXレーザー上映作品は『ターミネーター:ニュー・フェイト 』1択しかなかっため、この作品を見ることにした。

 IMAXレーザーを上映している場所は『ルパン三世カリオストロの城』を上映していたフロアとは別の場所であった。

 『ルパン三世カリオストロの城MX4DX』を上映していた場所は入場口と同じフロアにあったが、『ターミネーター:ニュー・フェイト 』の場合は、入場口でチケットをもぎってもらったあと、エスカレーターに乗り、2フロア上へ移動した場所にあった。

『ターミネーター:ニュー・フェイト 』@TOHOシネマズ新宿1

 IMAXレーザー専用のルームに入ると確かにスクリーンはデカかった。客席も広かった。

 だが、意外に思ったのは、新宿の1等地にある映画館で、さらには、上映開始して間もない作品であっても、客は3割しか埋まらないんだなぁーということである。これがIMAXレーザー専用の上映室に入って思った第一印象である。

 で、肝心の『ターミネーター:ニュー・フェイト 』だが、これは非常につまらなかった。あらすじを書くのすら嫌になるくらいのつまらなさだった。

 マジでつまらない内容である上に、深夜の高速バスから降りたばかりということも相まって、上映中は本当に眠く、睡魔との戦いであった。

『ターミネーター:ニュー・フェイト 』@TOHOシネマズ新宿2

 IMAXレーザーの施設自体もスクリーンがでかくて音響もいいが、高額な追加料金を払ってまで見るような機材ではないと思った。

 4DXは是非とも青森にも作って欲しいと思うが、IMAXは正直いらない。

『ターミネーター:ニュー・フェイト 』@TOHOシネマズ新宿3

 やはり、こういうことは実際に体感しないとわからないものであると思った次第である。

(続く)


 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年冬東京観光3~TOHOシネマズ新宿で『ルパン三世カリオストロの城MX4DX』見た。けれども・・・。

 続き。

 2019年11月14日20時に青森駅前を出発したオリオンバスは首都高渋滞の影響で予定より25分遅れ、11月15日8時50分に東京駅鍛冶橋駐車場に到着した。

 自分が事前に計画していた観光スケジュールはタイトに組んでいたため、たった25分遅れでも最悪なスタートとなってしまった。

 25分の遅れを挽回しようと思い、オリオンバスを降り、グーグルマップを頼りに大都会東京の街へ出ることにした。

 とりあえず、『アニソンプレミアムフェス2019』が開演するまでの時間を潰すため、TOHOシネマズ新宿へ行き、青森では見られない映画を見ることにした。

 この日、TOHOシネマズ新宿では『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』や『冴えない彼女の育てかた Fine』も上映していたが、この作品は来年辺りに青森でも上映されるだろうと思い、今回、鑑賞するのを却下した。

 それよりも、もっと青森では絶対に上映されることはないであろうMX4DXとIMAXレーザーの作品を今回見ることした。

 都会の映画館は平日でも混んでいるのではないかと思い、青森にいる間にネットでチケットを事前に購入しておいた。(が、高速バスが遅刻したことにより、この行為は失敗であったと後々知る。)

 グーグルマップを頼りに鍛冶橋駐車場からTOHOシネマズ新宿へ向かったのだが、一応、東京駅には行けた。切符も買えて、山手線にも乗れた。最初の目的地である新宿駅で降りることも出来た。

 ところがである。新宿駅を降りてからが大変だった。

 というのも、グーグルマップが全然役に立たないのである。

 新宿駅西口方面は小さな道が多すぎて、グーグルマップを見ても自分が今何処にいるのかが皆目見当がつかず、全く判別できないのである。そのおかげで、何度も道に迷ってしまった。

 グーグルマップとTOHOシネマズ新宿のゴジラのオブジェを目印にすれば、簡単に辿り着けるのではないかと思っていたのだが、TOHOシネマズ新宿の周りはTOHOシネマズ新宿よりも高いビルが立ち並んでいたため、早々にゴジラを見つけることは(自分には)無理であった。

 見知らぬ人に何度も声をかけて道を聞きながらであるが、右往左往しながら何とかかんとか辿り着くことができた。

 と言っても、8時50分に鍛冶橋駐車場を出発してTOHOシネマズ新宿に辿り着いたのは10時であった。時間がかかりすぎである。自分でも呆れるくらい道に迷ってしまった。自分では方向音痴ではないと思っていたのだが・・・。

TOHOシネマズ新宿・2019年11月15日

 今回、自分がTOHOシネマズ新宿で見ようと思い、事前にネット予約していた作品は『ルパン三世カリオストロの城MX4DX 』で9時20分の上映回だった。

 だが、遅刻して10時に到着したため、チケット発券機で発券することができず、TOHOシネマズ新宿の係員に事情を説明し、途中から中に入れてもらうことができた。

 とはいえ、残り70分だけだが見ることはできた。作品自体は何度も見ているので、途中からでも十分内容は理解できた。

 初めてMX4DX作品を鑑賞したが、席が動くのはもちろん、ルパンが撃たれると背中から棒のようなもので突かれるし、風が吹いてくるし、水蒸気が出るし、光がチカチカ点滅したりと面白い趣向であった。

 面白かったため、途中からではなく最初から見たかったと悔やんだ。

 改めて青森にも4DXの施設が欲しいと思った次第である。

 観客席を見ると、客席はそんなに埋まっていなかった。会場の広さと空席の比率は青森の映画館とあまり変わらない感じであった。拍子抜けである。

 とりあえず、今回の経験で得た教訓は、

  1. 旅先の映画館で映画を見る際は、事前予約する必要ない。
  2. 上映直前購入でも全然間に合う。
  3. 旅行中にトラブルが起きると、折角の事前購入も無駄になってしまう。

ということである。

(続く)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルパン三世 カリオストロの城 【DVD】
価格:4066円(税込、送料無料) (2020/3/25時点)

楽天で購入

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年冬東京観光2~青森から東京までオリオンバスで行ったのだが・・・。

(続き)

 2019年11月14日20時頃。

 下記の画像はその日時に青森駅前バス停から撮影したものである。当日当時の気温は2℃。

2019年11月14日20時頃青森駅

 この日、青森市では平野部でも初雪が観測された。

 そんな日に自分はNHKの『アニソンプレミアムフェス2019』に参加することを名目に6年ぶりに東京観光旅行をすることにした。

 少しでも質素倹約するため東京へは青森駅前発のオリオンバスを利用することにした。(早く新幹線を利用できる人間になりたい!)

 オリオンバスに乗る前にファミマ青森駅前店で車内で飲む用のファミコレの緑茶1リットルを購入した。

2019年11月14日20時頃ファミマ青森駅前店から撮影

 そして、20時30分に青森駅前10番バス停から青森駅前発東京駅鍛冶橋駐車場着のオリオンバスに乗った。

 6年振りに東京観光するため、バスが動いた瞬間、緊張のドキドキが止まらなかった。

 いよいよ気温2℃の青森から20℃の東京へGO!である。

 久しぶりにオリオンバスに乗ったけれど、相変わらず、最初からシートは倒された状態になっていた。この心配りは本当にありがたい。

 けれど、耳栓、アイマスク、ネックピローといったアメニティの類いの配布はなくなっていた。これは残念だった(と言っても、自分は事前にこの3点を購入済みである。)

 オリオンバス車内の滞在時間は12時間だったが、0時から5時までの5時間ぐらい記憶がない。それくらいぐっすり寝ていたらしい。

 おそらく、6年前と比べてエンジン音が静かになったような気がしたからではないかと思われる。(それとも自分の耳が遠くなっただけか?)

 そのせいか、ぐっすり眠れて都内まではあっという間に着いた感じがした。

 だが、オリオンバスが首都高に入ってからが大変だった。

 渋滞に巻き込まれてしまったのである。

 首都高に入るまで順調だった車の流れだったが、入った途端、ノロノロである。

 恐るべし、首都高!

 そのため、予定到着時間より30分も遅れての到着であった。 

 過去に何度か高速バスを利用したことがあるが、こんなに遅い到着は初めてであった。

 東京オリンピックの開催と関係があるのだろうか?

 自分は生来のせっかちの性格であるせいか、時間きちきちに予定を組んでしまったこともあり、この遅刻のせいで事前に立てていた観光スケジュールはめちゃくちゃになってしまった。

 これをきっかけに、この後の予定に多大な支障を来たしてしまったのである。

(続く) 


 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年冬東京観光1~NHK『アニソン!プレミアム!fes.』の入場整理券が当たったので6年ぶりに東京観光した!

 以前、正確な日時は忘れたがNHKの公式TwitterアカウントでNHK『アニソン!プレミアム!fes.』(2019年12月22日19時~21時59分<BS4K>・2019年12月29日23時~25時59分<BSプレミアム>で放送)の公開収録の参加者募集の告知を知った。

 ダメでもともとな気持ちで即断即決応募してみたところ、なんと!、2019年11月1日にNHKから『アニソン!プレミアム!fes.』の公開収録の入場整理券が当せんしたというメールが届いた。

 メール到着後にTwitterを見ると、結構、多くの方が当せん報告ツイートをしていたので、もしかして、NHKからの当せんメールは、悪質ないたずらメールか誤送信メールなのでは?と思ったが、半信半疑な気持ちでチケット本品が届くのを待ち侘びた。

 そして、2019年11月5日

 意外と早く『アニソン!プレミアム!fes.』の入場整理券が我が家に届いた。

NHK『アニソン!プレミアム!fes.』の入場整理券

 届く直前まで行くかどうか迷っていたが、本品を見た瞬間、居ても立っても堪らず、即断で行くことを決心した。

 6年振りの東京観光一人旅をして来ようと!(ちなみに、入場整理券1枚で2名入場できますが、自分はお一人様で入場した)

 それに、このようなチケットを得るのは、一生に一度あるかどうかわからないことである。

 この機会を逃したら、もう一生行くことがないかもしれない。 

 そう思い、チケットが届いてから、即座に移動手段の手配やら、折角、6年振りに東京観光するから、『アニソン!プレミアム!fes.』を観覧する以外にもどこか観光してこようと考えながら入念な旅行計画を立て始めることにした。

 旅行計画を立てている頃は、全ての計画が成功すると思っていたのだが・・・。

(続く)


 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

より以前の記事一覧

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ワノログのアド(右)

  • デル株式会社

Twitter