フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

ワノログのアド(左)1

ワノログのアド(左)2

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリー「アニメ・コミック」の264件の記事

2020年6月14日 (日)

2019年冬東京観光7~NHK『アニソンプレミアムフェス2019』公開収録に参加する。

(続き)

 代々木公園で一人寂しくスマホをいじりながら時間を潰した後、開演時間が近づいたこともありNHKホールへ向かうことにした。 

NHKホール

 今回の旅行では自分が青森駅から乗車したオリオンバスが遅刻したせいで、当初、予定していた観光スケジュールがうまく成し遂げられずにめちゃくちゃになってしまうは、頼りにしていたグーグルマップは全く未知の大都会では思いのほか当てにならず道に迷って時間をロスしてしまうはで、今回の旅行は踏んだり蹴ったりで散々だった。失敗であった。

 と、NHKホールに入場するまでは思っていた。

 だが、今回の旅行の真の目的であったNHKホールで行われた『アニソンプレミアムフェス』に参加してからは、その思いは一転。

 今回の旅行ほど我が人生で最高に良かった体験をすることができたと思っている。

 というのも、今まで踏んだり蹴ったりだったと思っていたマイナス要因がゼロになるどころか、プラスになり、また東京観光したい、出来ることなら、来年もアニソンプレミアムフェスに参加したい、わざわざ青森から来たかいがあったと思えるくらい良かったからである。

NHK『アニソンプレミアムフェス2019』チケット

 良かった理由

 1.NHKホールに入場する直前にランダムで席が割り当てられたのだが、自分がおひとりさまでの来場だったせいもあるのか、めちゃくちゃ前席のいい席が割当てられた。

 その席は1階席の真ん中の列の前から8番目。

 モニター越しじゃなくても、肉眼でアーティストの表情がわかるほどの近さだった。

 全アーティストと目が合ったと言っても過言ではないくらいの近さだった。

 もしかしたら、二人で来場していたら、これほどの良席は割り当てられてなかったと思われる。

 2.曲とトークが交互に行われたため、ライブ時間が3時間もあったが結構楽だった。

 アニソンに限らず、大概のライブは観客は3時間立ちっぱなしということが多い。これはアラフォーのおっさんにはかなり辛い。

 その点、アニソンプレミアムフェスは、公開収録ということもあり、観客席で飲食ができなかったにもかかわらず、パフォーマンス中は立つけど、トーク中は座って良いため、全然疲れなかった。

(ちなみに、観客が立ったり座ったりする時間をカットしたために尺が余ったのか、番組ではライブ映像にVTR収録映像も足していた。)

 3.観客のノリが良かった。前説の段階からテンションが高かった。会場の雰囲気が殺伐してなく和気あいあいとしていた。このおかげで本当に楽しいイベントであった。


 番組内容をブログやSNSに掲載してはいけないらしいので、番組内容とあまり関係ない感想をいくつか挙げると、

 ・NHKホールのステージが想像していたより小さいと思った。青森県民文化会館のほうが広いのでは?と思った。そして、トークセットも小さかった。こんな小さなところで紅白歌合戦の収録もしているのかと思うと複雑な感じがした。

 ・けものフレンズと九十九組の声優の実物は映像で見るよりかわいいと思った。あまりに可愛すぎて誰に目線を合わせていいかわからず、目移りしてしまったほどである。

 ブシロードが株式上場果たせるのも当然だなと思った。

 めちゃめちゃダンスや動き回る女性声優を見て、改めて、女性声優が売れるには顔や声だけではなく、膝が丈夫であることも重要な要素だと思った次第である。

 ・セットリストは公表しては駄目らしいけど、出演者の代表曲と新曲を2〜3曲、新人アーティストは1曲1コーラスだけであった。


 番組収録終了後は、来年もチケットが当たって欲しいと切に願いたくなるくらい楽しいイベントであった。

NHKホール敷地内入る

 そして、もし、行く機会があれば、その時はキンブレは必須だと思った。

 ちなみに、NHKホールの入場の際にアンケート用紙が配布されたので、「NHK秋田の『アニソン運動会』復活させてください!地方でもアニソンイベント開催して!」という要望を書いて返却しました。

 毎年開催されるなら毎年参加したいと思えるイベントでした。

 けど、このイベントに参加できるのは生涯で今回が最初で最後だろう。

 今回はたまたまラッキーであっただけである。

(続く)


セットリスト

LIVE
・UNION(OxT)『SSSS.GRINDMAN』
・Paradise Lost(茅原実里)『喰霊-零-』
・RESISTER(ASCA)『ソードアート・オンライン アリシゼーション』
・Shangri-La (angela)『蒼穹のファフナー』
・SHINY DAYS(亜咲花)『ゆるキャン△』
Bright way(内田彩)『百錬の覇王と聖約の戦乙女』
・TIT FOR TAT (MYTH & ROID)『慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』
SWEET HURT(ReoNa)『ハッピーシュガーライフ
graphite/diamond (
May'n)『アズールレーン』

・約束タワー(スタァライト九九組)『少女歌劇レヴュースタァライト』
・Star Diamond(スタァライト九九組)『少女歌劇レヴュースタァライト』
・このすばメドレー[fantastic dreamer、TOMORROW、1ミリ Symphony](
Machico)『この素晴らしい世界に祝福を!』

・sign(内田彩)『五等分の花嫁』
・エイミー(茅原実里)『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』
・シドニア(angela)『シドニアの騎士』
・THE BEYOND (angela)『蒼穹のファフナー THE BEYOND』
・全力☆Summer!(angela)『アホガール』

VTR
・only my raligun(fripSide)『とある科学の超電磁砲』
・black bullet(fripSide)『ブラック・ブレット』
・killing bites(fripSide)『キリングバイツ』
・Love with you(fripSide)『寄宿学校のジュリエット』

LIVE
・Statice(早見沙織)『無双OROCHI3 Ultimate』
・over and over(やなぎなぎ)『Just because!』
・春擬き(やなぎなぎ・早見沙織)『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』
・☆(きらりん)トリルで始まっちゃう! (アニプレ!Stars☆)
・チャンス(三森すずこ)『ダイヤのA actⅡ』

VTR
・パパパ(斉藤朱夏)『俺を好きなのはお前だけかよ』
・セツナの愛(
GRANRODEO)『文豪ストレイドッグス』
・変幻自在のマジカルスター(GRANRODEO)『黒子のバスケ』

LIVE
・ダイヤモンドクレバス(May'n)『マクロスF』
・DANZEN!ふたりはプリキュア (五條真由美)『ふたりはプリキュア』

VTR
未体験HORIZON(Aqours)『ラブライブ!サンシャイン!!』

・アンコール(宮野真守)『劇場版うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』
・LAST DANCE(宮野真守)『虚構推理』

LIVE
・forget-me-not(ReoNa)『ソードアート・オンライン アリシゼーション』
・雲雀(ASCA)『ロード・エルメロイII世の事件簿』
・神の数式(亜咲花)『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 』
・シロイカラス(鈴村健一)『
CØDE:BREAKER
・HIDE-AND-SEEK(鈴村健一)『はんだくん』

VTR
・Synchrogazer (水樹奈々)『戦姫絶唱シンフォギア』
・FINAL COMMANDER (水樹奈々)『戦姫絶唱シンフォギアXV』

LIVE
・Go EXCEED!! (O×X)『ダイヤのA』
・PANTA RHEI(MYTH & ROID)『異世界チート魔術師』
・楽園都市(オーイシマサヨシ)『コップクラフト』
・乗ってけ!ジャパリビート(どうぶつビスケッツ×PPP)『けものフレンズ2』
・け・も・の・だ・も・の  (どうぶつビスケッツ×PPP)『けものフレンズ3』
・ようこそジャパリパークへ(どうぶつビスケッツ×PPP)『けものフレンズ』
・unlasting(LiSA)『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』
・紅蓮華(LiSA)『鬼滅の刃』


 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年冬東京観光4~TOHOシネマズ新宿で『ターミネーター:ニュー・フェイト 』をIMAXレーザーで見た。

  続き。

 2019年11月15日。

 TOHOシネマズ新宿で『ルパン三世カリオストロの城MX4DX』を見た後、これまた青森では絶対に見られないであろうIMAXレーザーを見ることにした。

 この時期のIMAXレーザー上映作品は『ターミネーター:ニュー・フェイト 』1択しかなかっため、この作品を見ることにした。

 IMAXレーザーを上映している場所は『ルパン三世カリオストロの城』を上映していたフロアとは別の場所であった。

 『ルパン三世カリオストロの城MX4DX』を上映していた場所は入場口と同じフロアにあったが、『ターミネーター:ニュー・フェイト 』の場合は、入場口でチケットをもぎってもらったあと、エスカレーターに乗り、2フロア上へ移動した場所にあった。

『ターミネーター:ニュー・フェイト 』@TOHOシネマズ新宿1

 IMAXレーザー専用のルームに入ると確かにスクリーンはデカかった。客席も広かった。

 だが、意外に思ったのは、新宿の1等地にある映画館で、さらには、上映開始して間もない作品であっても、客は3割しか埋まらないんだなぁーということである。これがIMAXレーザー専用の上映室に入って思った第一印象である。

 で、肝心の『ターミネーター:ニュー・フェイト 』だが、これは非常につまらなかった。あらすじを書くのすら嫌になるくらいのつまらなさだった。

 マジでつまらない内容である上に、深夜の高速バスから降りたばかりということも相まって、上映中は本当に眠く、睡魔との戦いであった。

『ターミネーター:ニュー・フェイト 』@TOHOシネマズ新宿2

 IMAXレーザーの施設自体もスクリーンがでかくて音響もいいが、高額な追加料金を払ってまで見るような機材ではないと思った。

 4DXは是非とも青森にも作って欲しいと思うが、IMAXは正直いらない。

『ターミネーター:ニュー・フェイト 』@TOHOシネマズ新宿3

 やはり、こういうことは実際に体感しないとわからないものであると思った次第である。

(続く)


 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年冬東京観光3~TOHOシネマズ新宿で『ルパン三世カリオストロの城MX4DX』見た。けれども・・・。

 続き。

 2019年11月14日20時に青森駅前を出発したオリオンバスは首都高渋滞の影響で予定より25分遅れ、11月15日8時50分に東京駅鍛冶橋駐車場に到着した。

 自分が事前に計画していた観光スケジュールはタイトに組んでいたため、たった25分遅れでも最悪なスタートとなってしまった。

 25分の遅れを挽回しようと思い、オリオンバスを降り、グーグルマップを頼りに大都会東京の街へ出ることにした。

 とりあえず、『アニソンプレミアムフェス2019』が開演するまでの時間を潰すため、TOHOシネマズ新宿へ行き、青森では見られない映画を見ることにした。

 この日、TOHOシネマズ新宿では『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』や『冴えない彼女の育てかた Fine』も上映していたが、この作品は来年辺りに青森でも上映されるだろうと思い、今回、鑑賞するのを却下した。

 それよりも、もっと青森では絶対に上映されることはないであろうMX4DXとIMAXレーザーの作品を今回見ることした。

 都会の映画館は平日でも混んでいるのではないかと思い、青森にいる間にネットでチケットを事前に購入しておいた。(が、高速バスが遅刻したことにより、この行為は失敗であったと後々知る。)

 グーグルマップを頼りに鍛冶橋駐車場からTOHOシネマズ新宿へ向かったのだが、一応、東京駅には行けた。切符も買えて、山手線にも乗れた。最初の目的地である新宿駅で降りることも出来た。

 ところがである。新宿駅を降りてからが大変だった。

 というのも、グーグルマップが全然役に立たないのである。

 新宿駅西口方面は小さな道が多すぎて、グーグルマップを見ても自分が今何処にいるのかが皆目見当がつかず、全く判別できないのである。そのおかげで、何度も道に迷ってしまった。

 グーグルマップとTOHOシネマズ新宿のゴジラのオブジェを目印にすれば、簡単に辿り着けるのではないかと思っていたのだが、TOHOシネマズ新宿の周りはTOHOシネマズ新宿よりも高いビルが立ち並んでいたため、早々にゴジラを見つけることは(自分には)無理であった。

 見知らぬ人に何度も声をかけて道を聞きながらであるが、右往左往しながら何とかかんとか辿り着くことができた。

 と言っても、8時50分に鍛冶橋駐車場を出発してTOHOシネマズ新宿に辿り着いたのは10時であった。時間がかかりすぎである。自分でも呆れるくらい道に迷ってしまった。自分では方向音痴ではないと思っていたのだが・・・。

TOHOシネマズ新宿・2019年11月15日

 今回、自分がTOHOシネマズ新宿で見ようと思い、事前にネット予約していた作品は『ルパン三世カリオストロの城MX4DX 』で9時20分の上映回だった。

 だが、遅刻して10時に到着したため、チケット発券機で発券することができず、TOHOシネマズ新宿の係員に事情を説明し、途中から中に入れてもらうことができた。

 とはいえ、残り70分だけだが見ることはできた。作品自体は何度も見ているので、途中からでも十分内容は理解できた。

 初めてMX4DX作品を鑑賞したが、席が動くのはもちろん、ルパンが撃たれると背中から棒のようなもので突かれるし、風が吹いてくるし、水蒸気が出るし、光がチカチカ点滅したりと面白い趣向であった。

 面白かったため、途中からではなく最初から見たかったと悔やんだ。

 改めて青森にも4DXの施設が欲しいと思った次第である。

 観客席を見ると、客席はそんなに埋まっていなかった。会場の広さと空席の比率は青森の映画館とあまり変わらない感じであった。拍子抜けである。

 とりあえず、今回の経験で得た教訓は、

  1. 旅先の映画館で映画を見る際は、事前予約する必要ない。
  2. 上映直前購入でも全然間に合う。
  3. 旅行中にトラブルが起きると、折角の事前購入も無駄になってしまう。

ということである。

(続く)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルパン三世 カリオストロの城 【DVD】
価格:4066円(税込、送料無料) (2020/3/25時点)

楽天で購入

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年冬東京観光2~青森から東京までオリオンバスで行ったのだが・・・。

(続き)

 2019年11月14日20時頃。

 下記の画像はその日時に青森駅前バス停から撮影したものである。当日当時の気温は2℃。

2019年11月14日20時頃青森駅

 この日、青森市では平野部でも初雪が観測された。

 そんな日に自分はNHKの『アニソンプレミアムフェス2019』に参加することを名目に6年ぶりに東京観光旅行をすることにした。

 少しでも質素倹約するため東京へは青森駅前発のオリオンバスを利用することにした。(早く新幹線を利用できる人間になりたい!)

 オリオンバスに乗る前にファミマ青森駅前店で車内で飲む用のファミコレの緑茶1リットルを購入した。

2019年11月14日20時頃ファミマ青森駅前店から撮影

 そして、20時30分に青森駅前10番バス停から青森駅前発東京駅鍛冶橋駐車場着のオリオンバスに乗った。

 6年振りに東京観光するため、バスが動いた瞬間、緊張のドキドキが止まらなかった。

 いよいよ気温2℃の青森から20℃の東京へGO!である。

 久しぶりにオリオンバスに乗ったけれど、相変わらず、最初からシートは倒された状態になっていた。この心配りは本当にありがたい。

 けれど、耳栓、アイマスク、ネックピローといったアメニティの類いの配布はなくなっていた。これは残念だった(と言っても、自分は事前にこの3点を購入済みである。)

 オリオンバス車内の滞在時間は12時間だったが、0時から5時までの5時間ぐらい記憶がない。それくらいぐっすり寝ていたらしい。

 おそらく、6年前と比べてエンジン音が静かになったような気がしたからではないかと思われる。(それとも自分の耳が遠くなっただけか?)

 そのせいか、ぐっすり眠れて都内まではあっという間に着いた感じがした。

 だが、オリオンバスが首都高に入ってからが大変だった。

 渋滞に巻き込まれてしまったのである。

 首都高に入るまで順調だった車の流れだったが、入った途端、ノロノロである。

 恐るべし、首都高!

 そのため、予定到着時間より30分も遅れての到着であった。 

 過去に何度か高速バスを利用したことがあるが、こんなに遅い到着は初めてであった。

 東京オリンピックの開催と関係があるのだろうか?

 自分は生来のせっかちの性格であるせいか、時間きちきちに予定を組んでしまったこともあり、この遅刻のせいで事前に立てていた観光スケジュールはめちゃくちゃになってしまった。

 これをきっかけに、この後の予定に多大な支障を来たしてしまったのである。

(続く) 


 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年冬東京観光1~NHK『アニソン!プレミアム!fes.』の入場整理券が当たったので6年ぶりに東京観光した!

 以前、正確な日時は忘れたがNHKの公式TwitterアカウントでNHK『アニソン!プレミアム!fes.』(2019年12月22日19時~21時59分<BS4K>・2019年12月29日23時~25時59分<BSプレミアム>で放送)の公開収録の参加者募集の告知を知った。

 ダメでもともとな気持ちで即断即決応募してみたところ、なんと!、2019年11月1日にNHKから『アニソン!プレミアム!fes.』の公開収録の入場整理券が当せんしたというメールが届いた。

 メール到着後にTwitterを見ると、結構、多くの方が当せん報告ツイートをしていたので、もしかして、NHKからの当せんメールは、悪質ないたずらメールか誤送信メールなのでは?と思ったが、半信半疑な気持ちでチケット本品が届くのを待ち侘びた。

 そして、2019年11月5日

 意外と早く『アニソン!プレミアム!fes.』の入場整理券が我が家に届いた。

NHK『アニソン!プレミアム!fes.』の入場整理券

 届く直前まで行くかどうか迷っていたが、本品を見た瞬間、居ても立っても堪らず、即断で行くことを決心した。

 6年振りの東京観光一人旅をして来ようと!(ちなみに、入場整理券1枚で2名入場できますが、自分はお一人様で入場した)

 それに、このようなチケットを得るのは、一生に一度あるかどうかわからないことである。

 この機会を逃したら、もう一生行くことがないかもしれない。 

 そう思い、チケットが届いてから、即座に移動手段の手配やら、折角、6年振りに東京観光するから、『アニソン!プレミアム!fes.』を観覧する以外にもどこか観光してこようと考えながら入念な旅行計画を立て始めることにした。

 旅行計画を立てている頃は、全ての計画が成功すると思っていたのだが・・・。

(続く)


 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年10月30日 (水)

青森松竹アムゼにて『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』を見てきた。

 先日、青森松竹アムゼにて『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』を見てきた。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』@青森松竹アムゼ

 テレビアニメ版『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、各話によって面白さにバラつきがあり、当たりハズレの差が激しいと思っていたが、『外伝』は流石に劇場版にするだけあり、これまでのアニメ版『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のエピソードの中で一番面白かった。

 一言で言うなら、京アニ版『この世界の片隅に』のその後という感じの内容であった。

 今後、『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が上映されるらしいが、それとは別に『外伝』の続きも描いて欲しいと思った。

 というのも、

 ・なぜ、テイラーとエイミーは再会を果たさなかったのか?

 ・どういった経緯でエイミーは天涯孤独になってしまったのか?

の2点が気になって仕方がない。この点についてもう少し詳細に描いて欲しかった。

 おそらく、この点を詳細に描かなかったのは、続編があり、そこで詳細に描くからではないかと期待したい。

 それにしても、早く、『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を見てみたいが、早く完成させてほしいという気持ちがある一方、急がずにゆっくり作って欲しいという気持ちもある。


 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年10月20日 (日)

青森コロナシネマワールドにて『空の青さを知る人よ』を見てきた。

 先日、青森コロナシネマワールドにて『空の青さを知る人よ』を見てきた。

『空の青さを知る人よ』@青森コロナシネマワールド

 15時30分の回に見に行ったが、入場前は薄着(長袖Tシャツ1枚)でも汗ばむくらい暑かったのに、見終わった17時30分ごろになると、薄着だと身震いするくらい寒かった。

 今の時期、外出する際、何を着たらいいのかよくわからない気候だと改めて実感した。

 入場前から鑑賞後まで一貫して寒い状態であるレイトショーで見たほうが着るものを考えるのに困らなくて良かったかもしれないと思った次第である。

 来場者特典のクリアファイル貰いました。

『空の青さを知る人よ』来場者特典

 あらすじ(フライヤーより転載)

 山に囲まれた町に住む、17歳の高校二年生・相生あおい。将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。そんなあおいが心配でしょうがない姉・あかね。二人は、13年前に事故で両親を失った。当時高校三年生だったあかねは恋人との上京を断念して、地元で就職。それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきたのだ。あおいは自分を育てるために、恋愛もせず色んなことをあきらめて生きてきた姉に、負い目を感じていた。姉の人生から自由を奪ってしまったと・・・。そんなある日。町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉が決定。そのバックミュージシャンとして、ある男の名前が発表された。金室慎之介。あかねのかつての恋人であり、あおいに音楽の楽しさを教えてくれた憧れの人。高校卒業後、東京に出て行ったきり音信不通になっていた慎之介が、ついに帰ってくる・・・。それを知ったあおいの前に、突然“彼”が現れた。“彼”は、しんの。高校生時代の姿のままで、過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。思わぬ再開から、しんのへの憧れが恋へと変わっていくあおい。一方で、13年ぶりに再会を果たす、あかねと慎之介。せつなくてふしぎな四角関係・・・過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。


 感想

  • 『ここさけ』より良かった。
  • 『ここさけ』以上『あの花』未満。
  • あかねちゃんはいい子。
  • オラ、東京さ行かないだ。行ってもうまくいくとは限らない。なまじっか夢なんか持ってると、身近に幸せがあることに気づかない。
  • 吉岡里帆の声が早見沙織の声に似ていて聴き心地が良かった。
  • 登場人物が結局最後どうなったかを作品内で全て描き切らずに、「あいつとあの子がくっつくんじゃね?」、「いやいや、あの人とあの子のほうがくっつくでしょ」などと見終わった後に色々と想像力を搔き立たせる余地を残してくれているところが良かった。鑑賞後に一緒に見に行った人と作品について会話したくなる要素を色々と提供してくれているところが良いと思った。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「空の青さを知る人よ」オリジナルサウンドトラック (初回仕様限定盤) [ 横山克 ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2019/10/20時点)

楽天で購入

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年9月22日 (日)

青森コロナシネマワールドにて『HELLO WARLD』を見て来た。

 昨日、青森コロナシネマワールドにて『HELLO WARLD』を見て来た。

『HELLO WARLD』@青森コロナシネマワールド

 本当は秋分の日に見に行こうかと思っていたが、その日は台風17号が襲来するとの予報が出ていたため、予定を早めてこの日に見に行くことにした。

 自分が見た回はレイトショーで時間も遅く、しかも、『おっさんずラブ』の応援上映や『THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 6thLIVE TOUR UNI-ON@IR!!!! SPECIAL』のDAY1のライブビューイングの日時と重なっていたこともあり、客の入りはガラガラでもなく、かと言って、混雑もしてなく、まあまあな観客数だった。

 ちなみに、来場者特典のようなものはなかった。(劇場版アニメ作品の場合、どんなに内容が良くても来場者特典がないと劇場動員数が芳しくないイメージがあるのだが・・・。)


あらすじ(フライヤーから転載)

『HELLO WARLD』

 「お前は今日から三か月後、一行瑠璃と恋人同士になる」

 京都に暮らす内気な男子高校生・直実の前に、10年後の未来から来た自分を名乗る青年・ナオミが突然現れる。

 ナオミによれば、同級生の瑠璃は直美と結ばれるが、その後事故によって命を落としてしまうと言う。

 「頼む、力を貸してくれ。」彼女を救う為、大人になった自分自身を「先生」と呼ぶ、奇妙なバディが誕生する。

 しかしその中で直美は、瑠璃に迫る運命、ナオミの真の目的、そしてこの現実世界に隠された大いなる秘密を知ることになる。


 感想

・堀口悠紀子がキャラクターデザインを担当し、舞台も京都ということもあり、京都アニメーションの作品ではないけれど、京アニ作品っぽく見える映像だった。まるで富樫勇太と折木奉太郎が共演しているようにも見えなくもなかった。とはいえ、この作品は京アニ作品とは明らかに違うなと思った点もある。それは当作品からエロスが感じられなかったところである。京アニ作品はエロいシーンじゃないのにカメラワークやキャラクターの表情からエロスが漂っていたのに対し、この作品は3DCGキャラということもあるせいか、エロスは微塵も感じられなかった。その点が残念だった。

・2027年の京都が舞台なのに、日記やメモをパソコンやスマホではなく、ノートに鉛筆で書くシーンがあった。あまりペーパーレス化が進まなかった世界線の設定なのだろうか?さらには、照明もLEDではなく白熱灯を使用していた。現在よりも未来の設定で、しかも、SF作品なのに、小道具の設定が今よりも遅れているところが気になってしまった。

・脚本が『正解するカド』の野﨑まどが担当していることもあり、最後の最後に突拍子もないどんでん返しが待ち受けているだろうとある程度は予想していたし、実際に突拍子もないオチであった。あまりにもオチが突拍子なさ過ぎて、呆気に取られてしまったくらいである。あのようなオチに至る伏線が物語内にあったようには思えない。何の伏線もなしにあのようなオチになるのは如何なものだろうか。なぜ、あのようなオチに至るのか全く理解できないし、あのようなオチにする意図がわからない。反則っぽくて納得しがたいオチであった。

・もし、自分が主人公なら、「やってやりましょう」の一行瑠璃より、CV福原遥の勘解由小路三鈴の方を選ぶ。福原遥の声は可愛いと改めて思った次第である。


 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年9月19日 (木)

青森コロナシネマワールドにて『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』を見た。

 先日、青森コロナシネマワールドにて『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』を見て来た。

『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』@青森コロナシネマワールド

 当作品は青森の地上波では未放送の深夜アニメの続編的な内容であるにもかかわらず、自分が見た回は想定以上に客が入っていた。

 作品自体が好きな客もいれば、来場者特典が目当ての客もいるのだろう。

 いずれにしろ、青森の地上波で放送されていないアニメ作品の劇場版であっても、多くの客が見に来てくれるという実績が備われば、今後、青森でも地上波未放送の深夜アニメ系の劇場版作品が上映される機会が増えるのではないかと期待している。


あらすじ

 テレビシリーズ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』の続編。牧之原翔子回。これ以上の詳細は割愛。


感想

 この作品は一応ハッピーエンドなんだろう。

 ストーリー展開も二転三転して面白かった。

 だが、何度も過去をやり直した挙句、主人公と主人公の周辺の人物だけ幸せであれば、果たしてそれでいいのだろうか?という思いがどうしても心に芽生えてしまった。

 過去を何度もやり直して主人公とその周辺人物の不幸を回避できたということは、物語内で語られることはなかったモブですらない人物が身代わりとなって主人公の不幸を請け負わされてしまったということなのだろう。

 鑑賞中にそのように思ってしまったせいか、この作品は本当にハッピーエンドなのだろうかと疑問を抱いてしまい、素直に喜ばしい結末であったとは思えなかった。

 この作品とは逆に、過去を変えずに不幸は全て主人公である自分が背負うという展開であってもラノベの主人公っぽくていいと思うが、そういう結末にしてしまうとシリーズが続かず、ビジネス的に不味いのだろう。

 最後の最後に登場する牧之原翔子の声が水瀬いのりではなかったような気がするが、この点もこの作品が本当にハッピーエンドなのかと疑問に思うところであった。

 そのため、自分には悲しい結末の作品であったという感じがしたし、それと同時に、わだかまりが残る内容であったと思った次第である。


 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

2019年9月12日 (木)

青森コロナシネマワールドにて『二ノ国』を見て来た。

 先日、青森コロナシネマワールドにて『二ノ国』を見て来た。

『二ノ国』

 観客は自分一人しかなく、とても贅沢な環境で鑑賞することができた。


あらすじ(フライヤーから転載)

 冷静沈着で車いすのユウ、バスケ部の人気者のハル、ハルの彼女のコトナの3人は高校生で幼なじみ。

 ある日、突然何者かに襲われたコトナを助けようとしたユウとハルは、現実世界と並行する魔法世界「二ノ国」へと引き込まれる。

 そこは命が繋がった“もう一つの自分”がいる世界。次第にユウはコトナにそっくりな二ノ国の姫、アーシャに惹かれていく。

 しかし、そこには「コトナの命を救うにはアーシャの命を奪わなければいけない」という残酷なルールがあった—。

 コトナを救いたいハル。アーシャを守りたいユウ。大切な人の命をかけた<究極の選択>が迫るとき、二人が下した決断とは—?


感想

 絶対にネタバレをしてはいけないパターンのオチだった。

 俺があいつで、あいつが俺で。

 それにしても、オチへ至る急展開が強引過ぎてイマイチしっくりこない。

 1回しか見ていないが、あの急展開なオチを見せられると、オチへ至るまでの途中のストーリーやエピソードの中にオチと辻褄が合わない点や腑に落ちない箇所がありそうな気がしてならない。

 そのせいか、鑑賞後にモヤモヤが残ってスッキリしなかった。

 そうかと言って、この作品を2回も3回も鑑賞して、辻褄が合わない箇所がどこなのか検証してみようという気にはなれなかった。

 この作品はそういった感じの内容であった。



 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

より以前の記事一覧

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ワノログのアド(右)

  • デル株式会社

Twitter