フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

ワノログのアド(左)1

ワノログのアド(左)2

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

« 青森コロナシネマワールドにて『二ノ国』を見て来た。 | トップページ | 青森コロナシネマワールドにて『HELLO WARLD』を見て来た。 »

2019年9月19日 (木)

青森コロナシネマワールドにて『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』を見た。

 先日、青森コロナシネマワールドにて『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』を見て来た。

『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』@青森コロナシネマワールド

 当作品は青森の地上波では未放送の深夜アニメの続編的な内容であるにもかかわらず、自分が見た回は想定以上に客が入っていた。

 作品自体が好きな客もいれば、来場者特典が目当ての客もいるのだろう。

 いずれにしろ、青森の地上波で放送されていないアニメ作品の劇場版であっても、多くの客が見に来てくれるという実績が備われば、今後、青森でも地上波未放送の深夜アニメ系の劇場版作品が上映される機会が増えるのではないかと期待している。


あらすじ

 テレビシリーズ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』の続編。牧之原翔子回。これ以上の詳細は割愛。


感想

 この作品は一応ハッピーエンドなんだろう。

 ストーリー展開も二転三転して面白かった。

 だが、何度も過去をやり直した挙句、主人公と主人公の周辺の人物だけ幸せであれば、果たしてそれでいいのだろうか?という思いがどうしても心に芽生えてしまった。

 過去を何度もやり直して主人公とその周辺人物の不幸を回避できたということは、物語内で語られることはなかったモブですらない人物が身代わりとなって主人公の不幸を請け負わされてしまったということなのだろう。

 鑑賞中にそのように思ってしまったせいか、この作品は本当にハッピーエンドなのだろうかと疑問を抱いてしまい、素直に喜ばしい結末であったとは思えなかった。

 この作品とは逆に、過去を変えずに不幸は全て主人公である自分が背負うという展開であってもラノベの主人公っぽくていいと思うが、そういう結末にしてしまうとシリーズが続かず、ビジネス的に不味いのだろう。

 最後の最後に登場する牧之原翔子の声が水瀬いのりではなかったような気がするが、この点もこの作品が本当にハッピーエンドなのかと疑問に思うところであった。

 そのため、自分には悲しい結末の作品であったという感じがしたし、それと同時に、わだかまりが残る内容であったと思った次第である。


 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

« 青森コロナシネマワールドにて『二ノ国』を見て来た。 | トップページ | 青森コロナシネマワールドにて『HELLO WARLD』を見て来た。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青森コロナシネマワールドにて『二ノ国』を見て来た。 | トップページ | 青森コロナシネマワールドにて『HELLO WARLD』を見て来た。 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ワノログのアド(右)

  • デル株式会社

Twitter