フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

ワノログのアド(左)1

ワノログのアド(左)2

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

« 工藤パン「チョコレイ シンクロバージョン エヴァンゲリオン展 開催記念パッケージ」を食す。 | トップページ | 青森コロナシネマワールドにて『天気の子』を見て来た。 »

2019年7月11日 (木)

青森コロナシネマワールドにて『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』を見て来た。

 先日、青森コロナシネマワールドにて『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』を見て来た。

『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』

あらすじ(フライヤーから参照)

 不二子は逃げていた。

 父親が横領した5億ドルのカギを握る少年ジーンとともに。

 二人はジーンの父・ランディを襲った殺し屋ビンカムに命を狙われていた。

 呪いの力によって人の心を操るビンカムから一度は逃げ延びるが、拘束されてしまう不二子とジーン。

 ビンカムの鋭利な爪が今、不二子に襲い掛かる―!


感想

 序盤で何気ない話題の伏線を張りつつ、後々きちんとそれを回収していたり、ストーリー展開も二転三転していたり、そして、最後にどんでん返しがあったりと、ハラハラする内容で面白かった。

 とはいえ、上映時間は60分と短く、しかも、ストーリーだけを見ると、地上波でも放送できるのではないかと思える内容であった。

 一方、映像表現の方は、峰不二子の乳首が見えていた点が気になった。

 この乳首が見えていたがために、地上波放送ではなく劇場公開となったのか?

 それとも、劇場公開だから敢えて乳首を見せたのか?

 などと、この作品の峰不二子の乳首の役割について考察しながら鑑賞した。

 『ルパン三世』の初期の作品であれば、あの程度の乳首なら普通に見えていたと思うのだが、今はアニメでさえあの程度のエロシーンでも“謎の湯気”や“謎の光線”で遮らないと放送できない。

 そう思うと、地上波での性表現は一段と厳しくなっていると改めて実感した次第である。 


 

 


 

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

« 工藤パン「チョコレイ シンクロバージョン エヴァンゲリオン展 開催記念パッケージ」を食す。 | トップページ | 青森コロナシネマワールドにて『天気の子』を見て来た。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 工藤パン「チョコレイ シンクロバージョン エヴァンゲリオン展 開催記念パッケージ」を食す。 | トップページ | 青森コロナシネマワールドにて『天気の子』を見て来た。 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ワノログのアド(右)

  • デル株式会社

Twitter