フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

ワノログのアド(左)1

ワノログのアド(左)2

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月の3件の記事

2019年1月 1日 (火)

青森コロナシネマワールドにて『GODZILLA 星を喰う者』を見た。

 2018年12月17日

 青森コロナシネマワールドにて『GODZILLA 星を喰う者』を見て来た。

青森コロナシネマワールドにて『GODZILLA 星を喰う者』を見て来た

 この作品を見たことで、アニゴジ全三部作を全て見ることができたが、面白い面白くない以前に、作品の内容を理解することができませんでした。結局、この作品は何を言いたかったのだろう???

 ちなみに、当日、青森コロナシネマワールドで『GODZILLA 星を喰う者』を見てたのは自分一人だけでした。またも貸し切り状態であった。

GODZILLA 決戦機動増殖都市 Blu-ray コレクターズ・エディション
Posted at 2019.1.1
東宝
販売価格 ¥7,538(2019年1月1日23時21分時点の価格)
ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』を見て来た。

 2018年12月9日

 青森県立美術館で新海誠展を見た後、青森松竹アムゼへ向かった。

 というのも、青森松竹アムゼにて、『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』を見るためである。

青森松竹アムゼで『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』を見た

 だが、青森松竹アムゼに到着してみると、その日に青森松竹アムゼで『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』を見に来てた客は自分1人しかいなかった。貸し切り状態であった。

 2週目の上映とはいえ、当日は日曜日であった。それにもかかわらず、あまりにも空席が多くて驚いた。

 新海誠展の混み具合は何だったのだろうかと思うくらいの閑散とした状況だった。

 一時、「青森市でアニメ専門の映画館を」という起業案を考えたことがあるが、今、このプランを実行に移したら確実に失敗するのは間違いないだろうなと思った。

 それはさておき、作品のあらすじだが、ざっくり言うと、ロズワール邸で雪祭りを開催する話であった。

 リゼロを見たことがある人なら楽しめるけど、見たことがない人には何が何やら訳の分からない内容であった。(だから、客が少なかったのか?)

2018年12月9日青森市

 上映終了後、帰宅しようと思い、外に出たら、パックの“発魔期”の影響のせいなのか、リンガ県は大雪が積もっていた。

OVA 「 Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow 」 Memory Album
Posted at 2019.1.1
末廣健一郎, nonoc, 安月名莉子
メディアファクトリー
販売価格 ¥3,240(2019年1月1日20時36分時点の価格)
ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

新海誠展青森会場見て来た。

 2018年12月9日。

 青森県立美術館で開催されていた「新海誠展」を最終日に見に行ってきた。もっと早めに見に行こうと思っていたのだが、やらなければならない用事をこなしていたら、結局、鑑賞できる日取りは最終日になってしまった。

 しかも、当日の天候は大雪。

2018年12月9日青森市

 前日までは雪は積もってなかったのだが、一日にして雪景色へと変貌してしまった。

 悪天候なため、行くのが面倒だと思いつつも行くことにした。

 しかし、青森県立美術館の中に入ってみると、悪天候にもかかわらず、新海誠展は長蛇の列が出来ているくらい混んでいた。

新海誠展青森会場前

 客層も老若男女様々であった。

 会場内は全エリア混んでいたが、やはり、その中でも『君の名は。』のエリアがひと際混んでいた。

 『君の名は。』に関する展示物があるエリアでは、立ち止まる人が多く、中々、前へ進まなかった。

新海誠展青森会場撮影OK箇所1

新海誠展青森会場撮影OK箇所2

 展示物は絵コンテ、キャラ設定画、色彩設定画、背景画、パイロット映像、メイキング映像などなど。

 一部ではあるが本編映像も上映していた。

 言ってみれば、新海誠の全作品の設定資料集をバラバラにして、それらを縮尺せずに美術館内に展示し、観客はそれら展示物を歩いて鑑賞していくといったイベントであった。

2018年12月9日青森県立美術館

 自分はすべての展示物を鑑賞するのに2時間ぐらいかかった。見応えは十分あったと思う。

 しかし、当日料金1,600円は高いかなと思った。

 見応えはあったが、料金に見合っているかと言われたら、それに対し同意しづらい感じがした。

 1,200円くらいが妥当かなと思った次第である。

君の名は。
Posted at 2019.1.1
新海誠
販売価格 ¥2,000(2019年1月1日17時52分時点の価格)
ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく!

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ワノログのアド(右)

  • デル株式会社

Twitter