フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月の2件の記事

2015年3月19日 (木)

大塚製薬「ソイカラオリーブオイルガーリック味」を食べてみた。

 以前、大塚製薬が開催していた「ソイカラチリペッパー味新発売キャンペーン」という懸賞キャンペーンに応募し、大塚製薬の「ソイカラ4種セット」(オリーブオイルガーリック味・チーズ味・チリペッパー味・のり納豆味)が当たった。

大塚製薬「ソイカラ4種セット」

 そこで、今回、当たった4種のソイカラの中から「ソイカラオリーブオイルガーリック味」(27g・121kcal・大豆イソフラボン22mg)を食べてみることにした。

大塚製薬「ソイカラオリーブオイルガーリック味」

 袋を開封してソイカラを取り出してみたところ、このような形をしていた。

ソイカラ5粒

 肥え太った柿の種のような形をした菓子は、ノンフライなので直接手で触っても指がベトベトすることはなかった。

 そして、そんな菓子を割ってみたところ、中は空洞になっていて、中に二つの玉が入っていた。

ソイカラ割ってみた

 これが振るとカラカラと鳴る原因なのだろう。それにしても、作るのが難しそうなこのような形に、なぜ、したのだろうかと暫し疑問に思った。

 けれど、いくら考えても明快な答えが出なかったので、早速、「ソイカラオリーブオイルガーリック味」を食べてみることにした。

 すると、中が空洞になっている上に、表面がサクサクと軽い食感になっているせいか、食べやすくて美味しく感じられた。フレーバーも薄味なため、大豆の味がしっかりと感じられて、食べ飽きることがない味わいであった。

 だが、大豆を使ったスナック菓子であるソイカラは、単品で食べると美味しいと思うのだが、ジャガイモやコーンを素材にしたスナック菓子と比較した場合、どうしても味が大人しすぎて魅力に欠けるような気がしないでもないと思った。

 とは言え、以前であれば、味を重視して食べ物を選んでいた自分も、最近は味よりも栄養価が気になる体調になりつつある。

 そのため、今後、お菓子を購入する際は、従来通り、味を基準にしてポテトチップスやコーンスナックを購入すべきか、それとも、将来のことを考えて、栄養価やヘルシーさを重視したソイカラを購入すべきかで、しばらく迷いそうである。

にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ ポチッとよろしく!

2015年3月16日 (月)

南部せんべいでフレンチトーストを作ってみた。

 先日、せんべい汁用の南部せんべいを数枚ほど貰った。

せんべい汁用の南部せんべい

 せんべい汁は青森県南部地方を代表するB級グルメであるが、同じ青森県内でも青森市内に住む自分にはあまり馴染みがなく、スーパーなどでせんべい汁用の南部せんべいを見かけることがあっても、手に取ったことは一度もなかった。

 そこで、せんべい汁用の南部せんべいはどんな味がするのかと思い、鍋物に入れる前に、普通に食べてみたのだが、少々湿気っているのか、それとも、元々そういう仕様なのか、普通の南部せんべいのようにパリパリサクサクといった食感は得られず、シナシナとした食べ応えのない食感であった。そのため、あまり美味しいとは言えない代物であった。

 そんな煎餅を食べながら、以前より、南部せんべいでフレンチトーストは出来ないだろうかと思いつつも、中々、実行に移せないでいたことを思い出し、それならばと、今回、せんべい汁用の南部せんべいを貰ったことを機に、南部せんべいでフレンチトーストを作ってみることにした。

南部せんべいのフレンチトースト

 材料

  • せんべい汁用の南部せんべい・・・3~6枚
  • 卵・・・1個
  • 牛乳・・・60cc
  • 砂糖・・・大さじ1杯
  • バニラエッセンス・・・少々
  • バター・・・適宜

 作り方

 1.卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを混ぜ合わせて卵液を作る。

 2.[1]をバットに流し込み、そこへせんべい汁用の南部せんべいを漬ける。時折、ひっくり返しながら、6~7時間漬ける。

 3.熱したフライパンにバターを入れ、卵液に漬けたせんべい汁用の南部せんべいを焼く。両面に焦げ目が付いたら、「南部せんべいのフレンチトースト」の完成である。

南部せんべいで作ったフレンチトースト

 早速、南部せんべいで作ったフレンチトーストを食べてみたが、せんべいの周囲はカリカリとした歯応えがし、真ん中の方はもっちりとした食感に仕上がっていた。

 1枚だけではなく、2枚3枚と立て続けに食べてみたが、概ねもっちりとした食感になっていたが、漬け込み液の吸収が不十分だったのか、少々、硬いままのせんべいや、逆に、吸収が良すぎたのか、ふわふわトロトロとした食感に仕上がったせんべいも含まれていた。

 どうやら焼いている途中に南部せんべいが膨らんでくれると、モチモチとした柔らかい食感に仕上がるようである。食感を均一にするには、もう少し、南部せんべいの漬け込み時間等の研究が必要かもしれない。

 味の方はというと、せんべいに塩が含まれているせいか、くどい甘さではなく、あっさりとしていて、何枚でも食べられる丁度良い甘さ加減であった。

 このまま食べても十分美味しかったが、ホイップクリームやチョコレートなどをトッピングしたら、より一層、美味しくなるのではないかと思われる。

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ ポチッとよろしく!

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

AD

Twitter