フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« ローソン「ブランのクグロフ」を食べてみた。 | トップページ | サークルkサンクス「ベーグルメロンパン」を食べてみた。 »

2015年1月 6日 (火)

あべ牛をネタにして寿司を握ってみた。

 以前、エステー株式会社の商品である「クリアフォレスト」が開催している懸賞キャンペーン「北海道 季節のグルメプレゼントキャンペーン」の第2回応募締め切り分で、「3ヶ月連続で届く北海道季節のグルメ3品」が当たり、先日、一ヶ月目のグルメ品である「あべ牛肩ロースすき焼き用(北海道白老産黒毛和種和牛肩ローススライス)400g」がエステー株式会社より我が家に届いた。

北海道白老産黒毛和種和牛肩ローススライス

 届いた肉はすき焼き用ではあるが、折角の黒毛和牛である。火を通して食べる前に先ずは生で味わってみようと思い、今回、あべ牛で寿司を作って食べてみることにした。

あべ牛のにぎり鮨(一人分)

 材料

  • あべ牛肩ロースすき焼き用・・・1切れ
  • ご飯・・・茶碗大盛1杯
  • 酢・・・大さじ1杯
  • 砂糖・・・大さじ1杯
  • 塩・・・ひとつまみ
  • 味の素・・・少々

 作り方

 1.あべ牛を自然解凍する。

あべ牛

 2.酢・砂糖・塩・味の素を合わせてすし酢を作る。

 3.2をご飯にかけて混ぜあわせ、酢飯を作る。

 4.3の酢飯でしゃり玉を6個作る。

 5.あべ牛を切り分け、4のしゃり玉に乗せて完成。

あべ牛の寿司

 早速、赤身が多い部分は生のまま、脂身が多い部分は少し炙ってから、共に塩とわさびを付けて食べることにした。

あべ牛の寿司炙り1

あべ牛の寿司炙り

 すき焼き用の肉なので、スライスされて薄いということもあるが、咀嚼しても全然硬くもなければスジっぽさも感じられず、柔らかくてとろけるような食感であった。シャリが口からなくなるのと同じタイミングで肉もなくなってしまったほどである。

 それに、肉を少し炙っただけなのに、芳しく焼ける匂いが充満し、これだけで食欲を満たされそうだった。

 脂身の部分は、口内の体温でスーッと溶けてしまうのではないかというくらいサラっとしており、癖がなくて何個でも食べられそうであった。

 だが、残りの肉で他の料理も作りたいのであべ牛寿司はこれだけにし、食欲をぐっと堪えて、腹八分目ぐらいで留めておくことにした。

あべ牛の寿司脂身

 このような美味しい肉を食べる機会なんて自分には滅多にないので、小出しにして食べて行き、この喜びを少しでも長く楽しもうと思っている。

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ ポチッとよろしく!

« ローソン「ブランのクグロフ」を食べてみた。 | トップページ | サークルkサンクス「ベーグルメロンパン」を食べてみた。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

懸賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/58495429

この記事へのトラックバック一覧です: あべ牛をネタにして寿司を握ってみた。:

« ローソン「ブランのクグロフ」を食べてみた。 | トップページ | サークルkサンクス「ベーグルメロンパン」を食べてみた。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

AD

Twitter