フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« しんきん地域応援キャンペーンでグルメギフトカタログが当たった。 | トップページ | エスビー食品「しろくまくんのメイプルバニラシュガー」を使ってみた »

2014年9月24日 (水)

青森県立美術館『篠山紀信展 写真力』を見て来た。

 昨日、2014年9月23日に青森県立美術館へ行き、現在、青森県立美術館コミュニティギャラリーA・B・Cで開催されている『篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN』を見て来た。

青森県立美術館『篠山紀信展 写真力』

 この展示会は青森県立美術館のメインスペースではなく、隅っこの方にあるギャラリースペースで行われていた。

 自分は、今回、初めてこのギャラリーに入ったのだが、思いのほか狭い空間であった。自分が滞在していた時間帯には客が20人くらいしかいなかったが、スペースが狭いせいもあってか、幾分、混雑しているように感じられた。

 そんな感じの空間に篠山紀信氏がこれまでに撮影した写真が大判より大きなサイズで158枚展示されていた。

 158枚という数字を聞くと多そうな感じがするが、実際に158枚の写真を見るのは結構容易く、これらの写真を全て見終わるのに15分とかからなかった。

 前売りチケットを購入した時から、今回の展示会を鑑賞するには、そんなに長い時間は費やさないだろうとは思っていたけれど、それでも、せめて、1時間弱ぐらいは興味深く時間を潰せるのではないかと期待していた。

 だが、いざ会場に行って見てみると、予想していた以上に時間が潰せず、すぐに見終わってしまった。

 すぐに見終わってしまった原因は、写真の少なさの他に、展示されている作品が写真集の表紙や雑誌のグラビアページのトップを飾るような写真ばかりであったことも一因だと思う。

 言うなれば、この手の写真に興味がない人が、たまたま本屋の店頭などでチラッと目に入っても問題にならないような無難な写真しか飾られてなかったのである。

 その中には乳首が出ている写真も数枚ほどあったけれど、“毛”が出ているものや、卑猥に感じられるものは展示されてなく、まじまじと見たくなるような写真は一切なかった。日本で最初に“毛”が出ている写真を商業ベースで流通させた写真家の展示会にしては随分とおとなしいと感じられる内容であった。

 そのため、158枚の画像の中に興味を惹かれるものや、立ち止まって眺めていたいと思うような写真はなく、全部見終わるのに15分しか掛からないのも当然かなと思いながら、すぐさまギャラリーを出て行き、そのまま家路へとついた。

2014年9月23日青森県立美術館

にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ ポチッとよろしく!

« しんきん地域応援キャンペーンでグルメギフトカタログが当たった。 | トップページ | エスビー食品「しろくまくんのメイプルバニラシュガー」を使ってみた »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
土曜日に1,000円払って、「写真力」見に行こうかなと思ってたとこ。
やめたわ(爆)
なんだか、お金がもったいなくなった。

参考になったわ。ありがとやんした。

「帰宅部長」さん、コメントありがとうございます。
このブログが帰宅部長さんの参考になったことを嬉しく思います。
しかし、こういった展示作品は人それぞれ見方が異なりますので、もしかすると、帰宅部長さんの視点から見ると、興味深い写真展の可能性も有り得ます。
もし、お近くにお住まいで、時間とお金に余裕があれば、見に行って自分の目で良し悪しを判断した方がいいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/57480732

この記事へのトラックバック一覧です: 青森県立美術館『篠山紀信展 写真力』を見て来た。:

« しんきん地域応援キャンペーンでグルメギフトカタログが当たった。 | トップページ | エスビー食品「しろくまくんのメイプルバニラシュガー」を使ってみた »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

AD

Twitter