フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 「ECナビキャラクターマグネット」が当たった。 | トップページ | 「STAND BY ME ドラえもんまん」を食べてみた。 »

2014年8月26日 (火)

『STAND BY ME ドラえもん』を見て来た。

 昨日、映画館へ行き、2D版の『STAND BY ME ドラえもん』を見て来た。

『STAND BY ME ドラえもん』

 今回もレイトショーで見たのだが、上映開始から3週間が経過していることもあってか、場内には自分を含めて10人ぐらいしか客が入ってなかった。

 『STAND BY ME ドラえもん』は、今週の興行収入ランキングでも1位だったので、もっと客が入っているのかと思っていたが、そうでもなかった。

 多分、2D版でレイトショーだったから、この程度の客しか入ってなかったのではないかと思われる。おそらく、3D版で明るい時間帯の上映であれば、もっと多くの客が入っているのかもしれない。

あらすじ

 原作第一話『未来の国からはるばると』を始め、『雪山のロマンス』、『結婚前夜』、『さよならドラえもん』など、ドラえもんの原作の中でも、指折りの「いい話」、「泣ける話」と云われている有名エピソード7作を組み合わせた内容であった。

感想

 ドラえもんの声が変わってから今年で10年目らしいが、自分は今まで声変わりしたドラえもんを一度も見たことがなく、ちゃんと見たのは今回が初めてであった。

 とは言え、大山のぶ代のドラえもんですら最後に見たのが20年以上も前であるため、あまりにも昔すぎて記憶が薄れているのか、ドラえもんの新しい声を聞いてもそれほど違和感がなく、意外にすんなりと見ることが出来た。

 そして、内容の方は、映画オリジナルストーリーではなく、原作本にも収録されていて、尚且つ、TVアニメにも何度かなっている超有名なエピソードばかりを集めたものであった。

 そのせいか、気を許したら涙腺が緩くなりそうな箇所はあったけれど、何度も見たり読んだりしているエピソードであるためか、特にこれといって気の利いた感想は思い浮かばなかった。

 それよりも、この作品で特筆すべき点は、ストーリーではなく映像のほうではないかと思われる。

 CGで制作されたキャラクターたちが良く動くし、顔の表情も豊かであった。衣服や肌の質感も非常にリアルに再現されていた。

 テレビで放送されているアニメでもフルCG作品がぽつりぽつりと出て来ており、年々、キャラクターの動きや顔の表情が良くなっているとはいえ、まだまだ作画で制作されるキャラクターには及ばない点が多々ある。

 しかし、映画の場合は制作費用の桁が違うせいか、『STAND BY ME ドラえもん』のキャラクターはCGとはいえ、テレビで放送されているフルCGアニメはもちろんのこと、作画で制作されているキャラクターにも勝るくらい躍動感溢れる動きを見せていた。

 おそらく、あと何年かすると、テレビアニメ版のフルCG作品も、普通にこのレベルのクオリティーに達するのではないかと思われる。本当にこの分野の進化の速さは目覚ましく感じる。

2Dではなく、3Dで見たほうが良かったかな

 自分の目玉を支えてくれている筋肉が脆弱なせいなのか、3D作品を見るとどうしても目が痛くなってしまう。

 そのため、3D作品の映画は絶対に見ず、2D作品ばかりを見るようにしている。

 今回見た『STAND BY ME ドラえもん』も3D版が上映されていたが、敢えてそれを避けて2D版を選んで見たのだが、のび太がタケコプターに振り回されながら飛行するシーンなど背景がグルグル動くシーンは、2Dで見ても十分迫力があり、圧巻する映像であった。

 2D版で見ても心が小躍りするくらい軽く興奮を覚えたため、もしかすると、これを3D版で見たら、もっと面白く見られたのではなかろうかという気持ちが芽生えてしまった。

 そのため、この作品に限っては、多少、無理をしてでも3D版で見たほうが良かったかもしれないという思いに駆られている。そして、今となっては、3D版を見るために、もう一度、『STAND BY ME ドラえもん』を見に行こうかどうか迷っている次第である。

にほんブログ村 映画ブログへ ポチッとよろしく!

« 「ECナビキャラクターマグネット」が当たった。 | トップページ | 「STAND BY ME ドラえもんまん」を食べてみた。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/57195761

この記事へのトラックバック一覧です: 『STAND BY ME ドラえもん』を見て来た。:

« 「ECナビキャラクターマグネット」が当たった。 | トップページ | 「STAND BY ME ドラえもんまん」を食べてみた。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

AD

Twitter