フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 「福原遥が作ったメカトロ」を作ってみた。 | トップページ | ヤクルト「ミルージュ」を飲んでみた。 »

2014年7月25日 (金)

『GODZILLA』(2014)を見て来た。

 先日、久しぶりに映画の試写会の入場券が当たったので、試写会会場である青森コロナシネマワールドへ行き、2D・字幕版の『GODZILLA』(2014)を見て来た。

『GODZILLA』(2014)

 最近、映画というと、劇場版アニメかドキュメンタリー映画ばかり見ていたので、ハリウッド映画を見るのも久しぶりであった。

あらすじ

 1999年、芹沢博士らはフィリピンの炭鉱で巨大な生物の化石らしきものを発見した。それと同じ年、日本の原子力 発電所で働くブロディ夫妻は、勤務中に地震と思われる地鳴りに見まわれる。それを受けて、妻のサンドラが原子炉内部の異常を調査するために出向くが、その 途中で原子力発電所が倒壊するほどの大きな揺れが発生した。夫のジョーは街の安全を優先するために、調査中の妻を原子炉に残したまま、原子炉内部の防護扉 を閉鎖してしまう。

 それから15年後の2014年。ジョーとサンドラの息子であるフォードは軍での任務を終え、サンフランシスコで待つ 家族のもとへ帰ってくる。しかし、帰宅後早々に領事館から連絡があり、日本で暮らすジョーが警察に逮捕されたという知らせを受ける。そして、フォードは急 遽日本に向った。

 ジョーは15年前の事故後も日本に残り、あの時の事故の原因は地震でも台風でもなく、別にあると考えていて、その真相を解明するために研究を続けていた。今回の逮捕は、その研究のために放射能汚染で立入禁止区域となった地区に無断で侵入したという理由であった。

 身元を引き受けたフォードはジョーに帰国して一緒に暮らすように促すが、ジョーはそれを振り切り、かつて住んでいた家に戻ってデータを回収するため、再び、放射能汚染エリアへの侵入を図る。フォードは父の熱意に絆されて、禁止区域への侵入に同行することにした。

  二人が立ち入り禁止区域に入ってみると、街は森林化されていたが、野良犬が元気に走り回り、ガイガーカウンターには放射線反応はなかった。立ち入り禁止区 域の現状を知ったフォードは、奇人だと思っていたジョーの言い分が正しく、日本政府は何かを隠していると確信する。二人は実家に戻り、データを回収して戻 ろうとしたところ、地元警察に捕まってしまい、ある研究施設に連行されてしまう。

 その研究施設で2人が尋問を受けている最中、突然、地震らしき大きな地揺れが発生する。ジョーとフォードが尋問室を抜け出てみると、施設内には巨大な物体がそびえていた。

 その研究施設では芹沢博士が中心人物らしく、大きな揺れの原因となっていると思われる巨大物体を殺すよう職員に指示を下した。すると、巨大物体の中から巨大なタガメのような怪獣が現れ、研究施設を破壊した後、どこかへ飛び去ってしまった。

 そして、後に、この巨大生物のことを「ムートー」と名付けられた。

感想

 最近、アニメばかり見ていて、とんと、ハリウッド映画を見てなかったせいか、『GODZILLA』の展開が異様に早く感じられてしまい、話の内容についていけなかった。

 おそらく、そのように感じたのは、テンポが早かったことと、内容のわりに台詞が少なく、状況の説明が少なかったことが原因ではないかと思う。

 例えば、なぜ、ゴジラがあの場に現れたのか?とか、なぜ、ゴジラはムーターと戦っているのか?、そして、なぜ、芹沢博士らは、ゴジラを英雄視しているのか?などといったところが見ていてもわからず疑問を抱いてしまった。

 だが、考える余地がないほどスピーディーに話が進展していくため、見てる途中で疑問に思うくらいご都合主義に話が進んでいくところが“ゴジラ映画”の醍醐味であって、いちいち疑問を挟むほうが野暮なのではないかと段々と思うようになっていた。

 そのため、深く考えながら見てはならず、各々それぞれに感じろ(察しろ)的な内容なんだと思いながら見ることにした。

 とはいえ、やはり、映像の方は、ハリウッドのスタッフが手掛けているだけあり、本物さながらの迫力あるシーンの連続であった。

 怪獣が現れるシーンよりも、それらに翻弄される人間たちを描くシーンのほうが多かったこともあり、怪獣映画というよりディザスター・ムービーといった方が近い感じであった。

 そのせいか、津波や地震のシーンがあまりにリアルすぎて、見ているうちに東日本大震災の記憶が蘇ってきてしまった。“ゴジラ災害”に見舞われている人らのシーンを見ていると、モヤモヤとした不快な感情が芽生えてきてしまい、居た堪れない気分であった。

 あれから3年が経過しているのに、こういった映像を見ると、当時のことを連想してしまう。それほど、あの時の体験が衝撃的であったのだとあらためて思い知らされた。そして、こういった作品を見るのは自分にはまだ早く、もう少し控えるべきであったと今回の試写会で思った。

にほんブログ村 映画ブログへ ポチッとよろしく!

« 「福原遥が作ったメカトロ」を作ってみた。 | トップページ | ヤクルト「ミルージュ」を飲んでみた。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私は「映画ログ」という観た映画の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ映画ログでもレビューを書いていただけたら、
と思い、コメントさせていただきました。

トップページ
http://www.eiga-log.com/

こちらでメンバー間のやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.eiga-log.com/rc/

また、映画をラックに入れていくだけでグラフが作れます。
http://www.eiga-log.com/profile/eigalog/

映画が好きな人同士、映画の話題で盛り上がっています。
よろしければぜひ遊びにきてください。

お待ちしております。

ゴジラよりも
トッキュウジャーを見に行ったほうが
よかったのではないか?

「よく見ている人」さん、コメントありがとうございます。
「トッキュウジャーを見に行ったほうがよかったのではないか?」というご意見ですが、それは福原遥ちゃんが劇場版トッキュウジャーに出演しているから見に行ったほうがいいのでは?という意味だろうと解釈いたします。
しかし、日曜朝に放送されている子供向けアニメと特撮の劇場版を一人で見に行く行為は自分には恥ずかしすぎて出来ないです。
そのため、劇場版トッキュウジャーを見に行く予定は今のところないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/56893420

この記事へのトラックバック一覧です: 『GODZILLA』(2014)を見て来た。:

« 「福原遥が作ったメカトロ」を作ってみた。 | トップページ | ヤクルト「ミルージュ」を飲んでみた。 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

AD

Twitter