フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« ラブライブと雪燈籠まつりの旅:6・・・弘前城雪燈籠まつりを見物。 | トップページ | ラブライブと雪燈籠まつりの旅:8・・・2日目を見ずに逃げ帰る。 »

2014年2月26日 (水)

ラブライブと雪燈籠まつりの旅:7・・・そば処吉野家で昼食。

そば処吉野家で「牛丼とそばセット」を食す

 2014年2月9日

 弘前城雪燈籠まつりを見終わった後、弘前城から弘前駅へ向かって歩くことにした。

 その途中、青森県内で唯一蕎麦を販売している吉野家「そば処吉野家」が東北女子短大前にあるということなので、そこへ立ち寄り、昼飯を食べることにした。

吉野家弘前中通り店

 入店後、メニュー表を入念に見て吟味した結果、自分は「牛丼(並)とそばセット」(税込630円)を注文することにした。そして、蕎麦は「冷やしかけそば」にしてもらった。

 すると、蕎麦といえども、やはり吉野家である。注文してからそれほど待つこともなく、すぐに注文した品が出て来た。

「牛丼(並)とそばセット」(税込630円)

 早速、牛丼の方から食べてみたが、こちらの方は、何度も食べたことがある食べ慣れた味であった。美味しいけれど、特に感動はなかった。

 そして、今回、初めて食べてみる吉野家の「冷やしかけそば」であるが、冷たいつゆがかけられている蕎麦は、光り輝いていて艷やかであった。その上にはワカメとネギが乗っていて、器のふちにワサビが添えられていた。

 そんな蕎麦を箸で摘み、口に運んで手繰ってみたところ、想像していた以上にコシがあり、その上、麺の角が鋭かった。咀嚼する度に麺の角が口の裏側をこそげ落とすような感覚を得るほどの食感であった。おそらく、自分が今まで食べた蕎麦の中で一番コシがあり、心地よい噛みごたえであったと思う。

 次に、そばつゆの方も味わってみたが、吉野家に入る前に吹雪状態の弘前城内を一時間以上も歩いていたのが原因なのか、寒さで匂いの感覚が麻痺していて、そばつゆから風味が全く感じられなかった。そのせいもあって、市販のそばつゆの味とあまり変わりないという印象を受け、極々普通の味のようにしか感じられなかった。

 食べている最中、何故に、寒い中を長時間も歩いて来た後で、温かいかけそばではなく、冷やしかけそばを注文してしまったかなと多少後悔してしまったほどである。

 とは言え、麺の弾力は素晴らしく、この食感の蕎麦を味わえたことだけでも、値段以上の満足感を得られたと思っている。

 再び弘前を訪れた際には、またここへ立ち寄って、今度はもりとかけの両方を注文し、蕎麦だけを食べてみようかと思ってしまうほどであった。

 それにしても、わざわざ弘前まで来ずとも、青森市内でもこの蕎麦を気軽に食べられるようにならないものだろうか。

 何時かそんな日が来るよう、是非とも、そば処吉野家を青森県内にもっと増やして欲しいものである。

 食べ終わった後、そう思いながら店を後にすることにした。(続く)

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく! blog Ranking

« ラブライブと雪燈籠まつりの旅:6・・・弘前城雪燈籠まつりを見物。 | トップページ | ラブライブと雪燈籠まつりの旅:8・・・2日目を見ずに逃げ帰る。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/55152002

この記事へのトラックバック一覧です: ラブライブと雪燈籠まつりの旅:7・・・そば処吉野家で昼食。:

« ラブライブと雪燈籠まつりの旅:6・・・弘前城雪燈籠まつりを見物。 | トップページ | ラブライブと雪燈籠まつりの旅:8・・・2日目を見ずに逃げ帰る。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

AD

Twitter