フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« ラブライブと雪燈籠まつりの旅:5・・・「カプセルイン弘前」に泊まる。 | トップページ | ラブライブと雪燈籠まつりの旅:7・・・そば処吉野家で昼食。 »

2014年2月23日 (日)

ラブライブと雪燈籠まつりの旅:6・・・弘前城雪燈籠まつりを見物。

第38回弘前城雪灯籠まつりを見て来た

 2014年2月9日10時

 一宿一飯したカプセルイン弘前をチェックアウトした。

 そして、この後、弘前城で開催されている第38回弘前城雪灯籠まつりを見に行こうと思い、弘前城の追手門まで歩いて行くことにした。

 今年の青森市は例年に比べ雪が少ないと思っていたが、弘前はそれ以上に雪が少なかった。そのため、道が歩きやすく、すぐに目的地まで到着してしまた。改めて、青森市の降雪量は異常なんだと実感した。

 弘前城に到着後、追手門をくぐり抜け、城内へと進んだ。そして、会場内で何枚か撮影してきた。

弘前城内

弘前城内

・弘前城

弘前城

・雪だるま

雪だるま

・わさお

わさお

・鰺ヶ沢のいか

鰺ヶ沢のいか

・ふなっしー

ふなっしー

・かまくら

かまくら

 弘前城雪燈籠まつりは、みちのく五大雪まつりの一つということなので、結構、見応えがあるイベントで、時間もそれなりに潰すことが出来るだろうと期待していた。

 だが、そんな予想に反し、30分位でほぼ全て見終えてしまい、すぐに飽きてしまった。

 やはり、燈籠まつりというくらいなので、メインイベントは燈籠に火が入る夜からであって、昼に見に行っても特に面白いというわけではないのかもしれない。

 どちらかと言うと、昼は燈籠まつりというより、雪で出来た巨大滑り台で遊ぶ子どもたちの歓声でにぎわいを見せる普通の雪まつりといった様相であった。

 そのせいか、周りを見渡してみると、会場に来ていたのは小さい子供を伴った家族連れや、これからすぐにでも孕ましそうなカップルばかりで、一人で来ていたのは自分くらいであった。

 そんな家族連れやカップルばかりで占められている会場内で、たった一人で歩き廻っているおっさんの自分は、さぞかし周囲から奇異な存在として見られていたような気がする。

 というのも、屋台が集まる場所に辿り着く直前まで香具師たちの威勢のよい客引きの声が聞こえてきたのに、何故か、自分が屋台の前を通った途端に香具師たちが黙りこんでしまい、屋台中から客を引く声が消えて、焼きそばを焼くジューっという音しか聞こえてこなかったほどである。(そんなに、自分に物を売りたくないし、関わり合いにもなりたくないってことなのか?)

 そのため、この場に相応しくない存在なんだろうと察した自分は、弘前城内をぐるーっと一回りして見終わったら、早々に弘前城を後にした。(続く)

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく! blog Ranking

« ラブライブと雪燈籠まつりの旅:5・・・「カプセルイン弘前」に泊まる。 | トップページ | ラブライブと雪燈籠まつりの旅:7・・・そば処吉野家で昼食。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/55112587

この記事へのトラックバック一覧です: ラブライブと雪燈籠まつりの旅:6・・・弘前城雪燈籠まつりを見物。:

« ラブライブと雪燈籠まつりの旅:5・・・「カプセルイン弘前」に泊まる。 | トップページ | ラブライブと雪燈籠まつりの旅:7・・・そば処吉野家で昼食。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

AD

Twitter