フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 冬の八戸日帰りぶらり旅:1・・・青森と八戸の光景の違い | トップページ | 冬の八戸日帰りぶらり旅:3・・・『サカサマのパテマ』を見て来た »

2014年1月15日 (水)

冬の八戸日帰りぶらり旅:2・・・そば処はやての鮪づけ丼セット食す

 2014年1月13日・祝日(成人の日)。

 この日、自分は青森駅から10時42分発の青い森鉄道の電車に乗り、八戸駅を経由して、真っ直ぐ、JR本八戸駅へ向かうはずであった。

 だが、雪の影響で青い森鉄道が遅れたのか、それとも、自分がチンタラ移動してしまったせいなのか、乗り換える予定であったJR八戸線の電車に乗り遅れてしまった。

 そのため、次の電車が到着するまでの約一時間、八戸駅及びその周辺で留まることになってしまった。

八戸駅構内

 暫しの間、八戸駅で途方に暮れたが、すぐに気を取り直し、取り敢えず、八戸駅で電車を待っている時間帯が、丁度、正午頃ということもあり、八戸駅周辺で昼食にして、時間を潰すことにした。

 本来であれば、本八戸駅周辺で昼飯を食べようと予定を立てていて、どの店の何を食べようかとまで入念に下調べをしてきたのだが、不測の事態であるため、急遽、予定を変更することにした。

 しかし、いざ、八戸駅を出て、その周辺を巡ってみたところ、店自体がそもそも少ない上に、道が三方向ぐらいに分かれていたため、どの方角へ進んでいけば飲食店に辿り着けるのか皆目見当すらつかなかった。

 これでは店を探すだけで一時間が過ぎてしまいそうだと思った自分は、結局、八戸駅へ戻って、在来線ホームの改札口を出てすぐ脇のところにあった立ち食いそば屋の「そば処はやて」で食べることにした。

 早速、店に入ったところ、決済方法が食券購入方式だったこともあり、券売機を眺めながら、どんなメニューがあるのか色々と吟味してみた。

 すると、駅そば屋にしてはかなり異色だと思われる「鮪づけ丼セット」(税込500円)があることを発見してしまった。

 やはり、日本有数の漁港を有する港町・八戸だけあり、駅そば屋にもマグロ丼があるんだろうなと妙に納得した自分は、ご当店メニューっぽい感じであったこともあって、自販機に500円硬貨を投入して、「鮪づけ丼セット」のボタンを押すことにした。そして、出て来た食券を掴み取った。

 鮪づけ丼セットは、鮪づけ丼にミニそばかミニうどんのどちらかを選んで組み合わせることが出来るそうなので、自分はミニそばを選択させてもらうと注文口で佇んでいるおばちゃんにそう告げて食券を渡した。

 そしたら、厨房の人が瞬く間に作業を開始し、注文から一分もかからないくらいの早さで「鮪づけ丼セット」が出来上がってきた。

 出来たばかりの「鮪づけ丼セット」をカウンターから自分の席まで運んで来てみたところ、鮪づけ丼というので、てっきり、自分はご飯の上にマグロのヅケだけが乗っている丼かと思っていたのだが、実際に出てきたのは、マグロのヅケとトロロ状の長芋が半々、そして、きざみのりと大量のワサビが乗っている丼であった。所謂、マグロの山かけ丼であった。

八戸駅「そば処はやて」の「鮪づけ丼セット」

 山かけ丼も好きだし、価格も500円ということもあり、特に不満も云わずにそのまま食べることにした。

 先ずは、鮪づけ丼のマグロのみを食べてみたのだが、マグロを醤油と味醂を合わせたタレに漬けられていて、結構、甘めな味付けであった。それに、牛丼屋で売られている感じのマグロ丼のようにネギトロ状にはなってなく、きちんと刺し身状に切られていて、それが6~7切れ乗っていた。

 次に、長芋の部分に醤油をかけて混ぜ合わせて食べたのだが、トロロのぬめりのお陰で喉の通りがよく、「鮪の漬け丼」をよく噛んでゆっくり味わって食べたいという意に反して、あっという間に食べ終えてしまった。

 注文前に駅そば屋でまぐろの漬け丼を食べるのは邪道かなと多少思ったのだが、すぐに食べ終えてしまったため、意外にも駅ソバ屋に相応しいメニューではないかと思った。それに、長芋は、結構、腹にたまるため、満腹感も十分に得られた。

 ミニそばの方は、煮干しがメインの魚介ダシで味と風味が濃く、こちらも美味しかった。麺は適度にコシがあり、噛みごたえが心地よかった。そのため、ミニサイズで頼んだのが悔やまれるほどの美味しさであった。

 もし、次回、八戸駅に立ち寄る機会があれば、今度はミニサイズではなく、フルサイズの蕎麦と鮪づけ丼の両方を注文し食べてみたいと思った次第である。

八戸駅「そば処はやて」

 ちなみに、「そば処はやて」の店内は、こじんまりとしていて、7~8人ぐらい入店すると満席になるぐらいの広さであった。

 その日は休日でお昼時ということもあってか、自分が店に入ると、店内は満席になってしまった。

 そして、自分が食べている最中に、客の一人が食べ終わって店を出て行くと、またすぐに他の人が入って来て、また一人出て行くと、また入ってくるという回転率の良さで、絶えず満席状態を保っていた。

 自分も「鮪づけ丼セット」を食べ終わってすぐに店を出ると、入れ違いで新たな客が「そば処はやて」の中に入って来て、食券の販売機をじっくりと値踏みするように眺めていた。

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッとよろしく! blog Ranking

« 冬の八戸日帰りぶらり旅:1・・・青森と八戸の光景の違い | トップページ | 冬の八戸日帰りぶらり旅:3・・・『サカサマのパテマ』を見て来た »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ぼすっちと言います。

日帰りぶらり旅、楽しく読んでしまいました☆
鮪づけ丼(マグロの山かけ丼)と立ち食いそばって相性いいんですね!

看板のキャラクターはゆるキャラでしょうか??
ちょっと気になってしまいました☆

ランキング応援クリックしますね!

「ぼすっち」さん、コメント及び応援クリックありがとうございます。
マグロの山かけ丼は、すぐに食べ終えられましたので、時間がないけど食事がしたいときには丁度いいですし、もちろん、美味しいので、ゆっくり味わっても堪能できると思います。
看板のゆるキャラは、青い森鉄道のイメージキャラクター「モーリー」です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/54621695

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の八戸日帰りぶらり旅:2・・・そば処はやての鮪づけ丼セット食す:

« 冬の八戸日帰りぶらり旅:1・・・青森と八戸の光景の違い | トップページ | 冬の八戸日帰りぶらり旅:3・・・『サカサマのパテマ』を見て来た »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

AD

Twitter