フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« クロネコポ様からの荷物が届く。 | トップページ | 青森県立郷土館「山本二三展」の前売りチケットを購入する。 »

2013年9月23日 (月)

『ロウきゅーぶ!SS』のえび玉ライスシバーガーを作ってみた。

~TVアニメ『ロウきゅーぶ!SS』(「The 9th game・Don't wanna cry 泣きたくない…」)のあらすじ~

 一緒に練習することもままならないほど嫌悪な間柄である慧心学園初等部女子バスケットボール部の6年生チームと5年生チーム。

 だが、前回、行われたミニバス大会で5年生チームが6年生チームに負けたため、それ以降から一緒に練習する約束であった。

 しかし、5年生チームで練習に合流してきたのはミミ・バルゲリーと袴田かげつだけで、残りの3人はまだ一緒に練習する気になれないでいた。

 そんなある日のこと、すずらん通り商店街で「S級グルメ大会」が開催されることになった。

 6年生チームに所属する永塚紗季の実家であるお好み焼き屋「ながつか」では、この大会に参加することになり、6年生チームはその手伝いをすることになった。

 それに対し、5年生チームに所属する藤井雅美の実家である寿司屋「寿し藤」も「S級グルメ大会」に参加することを表明し、「ながつか」を打倒するため、5年生チームは一丸となって「寿し藤」の手伝いをすることになった

 そして、大会当日。

 両チームはこの日のためにS級グルメ大会用のメニューを考案してきており、「ながつか」は「エビ入りお好み焼き」を、「寿し藤」は「五目デコいなり」を提供することになった。

 しかし、大会の開催中に“ある事故”が発生してしまい、「寿し藤」は「五目デコいなり」用の油揚げを全て廃棄することになってしまった。

 一気にしょげかえってしまった5年生チームであったが、それに見かねた6年生チームは「寿し藤」を救済するため、両店とコラボレートすることを提案する。

 その提案に乗った
5年生チームは、6年生チームと一緒に新たなメニューを考えることになり、その結果、「寿し藤」の五目チラシ寿司をバンズ代わりにし、その間に「ながつか」が提供するキャベツ、卵、エビを挟んだ「えび玉ライスシバーガー」を販売することになった。

 5年生チームと6年生チームは協力して「えび玉ライスシバーガー」を製造・販売・宣伝したおかげで順調に売れ、そのかいもあって、両チームはすっかり仲良くなり、翌日から5年生チームもバスケの練習に参加するようになったのであった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 そんな女バスの5年生チームと6年生チームが仲良くなる切っ掛けとなった「ながつか×寿し藤 えび玉ライスシバーガー」を、今回、再現して作ってみることにした。

 と言っても、一から五目チラシ寿しを作るのは面倒な作業であるため、五目チラシ寿しは、永谷園の「すし太郎五目ちらし」(税込228円で購入)を使用して作ることにした。

永谷園「すし太郎五目ちらし」

「ながつか×寿し藤 えび玉ライスシバーガー」(二個分)

材料

  • ご飯・・・500g
  • 永谷園「すし太郎五目ちらし」・・・一袋
  • 片栗粉・・・小さじ2杯
  • ボイルエビ・・・6尾
  • 卵・・・2個
  • 千切りキャベツ・・・適宜
  • 塩・・・適宜
  • サラダ油・・・適宜
  • マヨネーズ・・・適宜

作り方

  1. ボールに温かいご飯と永谷園「すし太郎五目ちらし」の素を入れて混ぜ合わせる。
  2. 混ざったら、うちわで扇ぎ冷ます。
  3. 永谷園「すし太郎五目ちらし」に添付されているのりごまを混ぜて、五目チラシ寿司を完成させる。
  4. 五目チラシ寿司に片栗粉をまぶして、まんべんなく混ぜ合わせる。
  5. 五目チラシ寿司を4等分にし、その一部をラップに包んで丸めた後、押しつぶして平らにする。それを4つ作る。
  6. 5を冷蔵庫に入れて冷やし固める。
  7. その間に、千切りキャベツを作る。
  8. ボイルエビに塩をまぶし下味を付ける。
  9. スクランブルエッグを作る。
  10. フライパンを熱して少量のサラダ油を引いた後、冷え固まった五目チラシ寿しの両面に焼き色が付くまで焼く。
  11. 五目チラシ寿司が焼けたらフライパンから取り出す。
  12. 五目チラシ寿司の上に、千切りキャベツ、マヨネーズ、スクランブルエッグ、ボイルエビ、もう一つの五目チラシ寿司の順番に重ね合わせたら、ながつか×寿し藤 えび玉ライスシバーガー」の完成である。

えび玉ライスシバーガー

 早速、「えび玉ライスシバーガー」を鷲掴みし、一口齧り付いてみたが、片栗粉を混ぜ合わせたおかげか、鷲掴みにして喰らいついても、ライスシバーガーの形が崩れることはなかった。

 しかし、如何せん、おっさんが握ったせいか、ライスシバーガーが分厚くなりすぎてしまった。そのため、一口齧りついただけで顎が外れそうになる始末である。

 ちなみに、自分が作ったライスシバーガーの土台1片の厚さは1.5㎝で重さは100gであった。これが2つ重なっているので、厚さは3㎝で重さは200gである。更に具を挟んでいるので、それ以上の厚さと重さになってしまった。

 さすがに、これでは大きすぎである。

 ライスシバーガーの土台1片の厚さを1㎝、重さを80gぐらいにサイズダウンしないと、誰でも容易に齧りつくことが出来る大きさにはならないと、今回、ライスシバーガーを作ってみて思い知らされた。

 そのため、二口目以降は箸を使って崩して食べることにした。

 おそらく、小学5~6年生の女子児童の小さな手で握って作ると、大きくもなく小さくもない、頬張って食べるにはベストなサイズになるのだと思われる。

えび玉ライスシバーガー・側面

 味の方はというと、ロングセラー商品である永谷園のすし太郎をベースにしていることもあり、作る前から美味しいだろうと予想はしていたが、実際に食べてみると、予想通りの味であり、美味しさであった。

 挟んでいる具材も、手巻き寿司などに用いてもおかしくないものばかりなので、特に違和感は抱かなかった。

 程よく甘じょっぱくて酸味も効いており、誰からも好かれる万人向けな味に仕上がったと思う。

 おっさんが自分で作って、それを自分一人で食べても美味しかったくらいであるから、可愛らしい小学生女児がキャッキャウフフと語らいながら、直に手で握って作ってくれたライスシバーガーなら、尚一層、美味しいに違いない。

 そう考えると、えび玉ライスシバーガーが好調に売れていったのも当然のことのような気がしないでもない。

 それにしても、咄嗟の判断でこんなに美味しいものを思いつき、そして、それを直ぐに行動に移して実現させてしまうなんて、まったく、小学生は最高だぜ!

にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ ポチッとよろしく! blog Ranking

« クロネコポ様からの荷物が届く。 | トップページ | 青森県立郷土館「山本二三展」の前売りチケットを購入する。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/53355670

この記事へのトラックバック一覧です: 『ロウきゅーぶ!SS』のえび玉ライスシバーガーを作ってみた。:

« クロネコポ様からの荷物が届く。 | トップページ | 青森県立郷土館「山本二三展」の前売りチケットを購入する。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD

Twitter