フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 「サケ缶とジャガイモの潮汁」を作る | トップページ | 明星「QUICK ONE ミネストローネ」を食べてみた。 »

2013年3月 5日 (火)

『フライト』を見て来た。

 先日、デンゼル・ワシントン主演、ロバート・ゼメキス監督作品『フライト』を見て来た。

『フライト』

 映画館で予告映像を見たとき面白そうだと思ったため、以前より見に行こうと決めていたのだが・・・。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

あらすじ

 海軍出身のベテランパイロットであるウィップ・ウィトカーは、愛人のCAとホテルで一晩御一緒した後、オーランド発アトランタ行の旅客機の操縦を担当した。

 ウィップはそれ以前にも6日で10往復も飛行操縦を担って体は疲弊していたが、オーランド上空を飛び立つ際に出くわした乱気流に持ち前のと経験とテクニック回避することに成功した。

 だが、その直後機体トラブルが発生し、操縦不能に陥る。

 機体はどんどん急降下していき、機内はパニック状態となったがウィップの機転と神業的な操縦旅客機を草原に不時着させることに成功した

 乗員乗客102名中96人生存させるという大快挙を成し遂げたウィップ、当然の如く、英雄として取り上げられるはずであったが、事故後の検査で、ウィップの血中からは、自動車運転であれば、即刑務所送りになるほどのアルコール濃度とコカインの反応が検出された。

 ウィップの偉業を称賛する周りの人間は、ウィップの血中アルコール濃度を隠蔽して刑務所送りになるのを回避しようと画策するが、ウィップ自身は嘘を突き通すべきか、それとも、本当のことを正直に報告すべきかで心が揺れ動く。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

感想

 予告映像を見て想像していた内容とビミョ~に異なっていた。

 てっきり、パイロットの血中からアルコール反応が出て来たのは、事故の原因をパイロットのせいにして、少しでも賠償金の額を引き下げたい飛行機会社の陰謀であったというようなスリリングなストーリーを想像していたのだが、実際は、アル中・ヤク中で家庭を崩壊させた経験を持つパイロットが、弁護士や組合と共謀して公聴会で偽証を画策するが、途中で嘘をつくことが居た堪れなくなったため、真実を証言して、英雄から一転して刑務所送りになってしまうストーリーであった。

 陰謀論的な話でも法廷劇でもなく、アルコールや薬物の乱用を戒めると共に、正直に生きることを啓蒙するといったような説教じみた堅苦しい内容であった。

 そんな堅苦しい内容を中和させるためなのか、ストーリー的に考えて、必要性があまり感じられない“おっぱい”シーンが、結構登場してきた。

  シリアスな作品に登場するおっぱいは、雰囲気に相応しくない背徳感の効果も手伝ってかアダルトな作品で登場してくるおっぱいよりも有り難みが感じられ、興奮度が倍増するものである

 そのため、作品全体の内容は期待していた程でなかったが、思いがけぬおっぱいが見られたので、今回はこれで良しとしようと思った 

にほんブログ村 映画ブログへ ポチッとよろしく! blog Ranking

« 「サケ缶とジャガイモの潮汁」を作る | トップページ | 明星「QUICK ONE ミネストローネ」を食べてみた。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/50288041

この記事へのトラックバック一覧です: 『フライト』を見て来た。:

« 「サケ缶とジャガイモの潮汁」を作る | トップページ | 明星「QUICK ONE ミネストローネ」を食べてみた。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD

Twitter