フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 「2013年丸かぶり海鮮恵方巻き」を食べる。 | トップページ | 『ベルセルク黄金時代篇Ⅲ降臨』を見て来た。 »

2013年2月 4日 (月)

『アウトロー』を見て来た。

 昨日、2013年2月3日、青森県内ではワーナー・マイカル・シネマズ弘前でしか上映されていない映画『ベルセルクⅢ降臨』を見るために弘前へ行ってきた。

弘前駅東口

 弘前へはJRで行き、到着は13時30分頃であった

 それに対し、自分が『ベルセルクⅢ降臨』を見ようと思っている上映開始時間は16時55分である。

 その間、3時間以上の空白時間ができてしまった。

 というのも、JRのダイヤと上映スケジュールを照らし合わせて考え倦ねた結果、この時間の電車に乗って、この時間の上映日時で見なければ、当日中に帰宅できないことが判明したため、やむを得ず、このようなスケジュールを組んでしまった

 では、どうやって、冬の日曜日の弘前3時間以上もの時間を潰そうかと考えていたところ、同じくワーナー・マイカル・シネマズ弘前で13時55分からトム・クルーズ主演の『アウトロー』が上映されることに気づいた。

 弘前市内で一箇所に留まって三時間以上も時間を潰せる場所を知らないし、かと言って、冬の弘前市内をほうぼう歩き回って観光して体力を消耗したら、本来の目的である映画鑑賞中に寝てしまう可能性がある。

 それに、観光スポットをあちこち巡って食べたり飲んだりするより、映画を一本余計に見たほうが安上がりかもしれないと判断したため、『ベルセルクⅢ降臨』が上映されるまでの3時間の空き時間を『アウトロー』を見て潰すことにした。

『アウトロー』

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

あらすじ

 白昼堂々、の畔にある公園を行き交う5人が、河を挟んだビルからライフルで狙撃され殺害される事件が発生する

 事件の捜査はスピーディーに進み、イラクに派遣されていた経験がある元アメリカ陸軍の狙撃手であるジェームズ・バーが捜査線上に浮かび逮捕されてしまう

 証拠を全て揃えられ、あとは自白書にサインするだけかに見えたジェームス・バーであるが、彼がとった行動は「ジャック・リーチャーを呼べ」という要求であった。

 警察がジャック・リーチャーの身元を掴めない中、突然、ジャック・リーチャーが警察署に現れる。

 2年前に陸軍を離れ、現在はどこにも所属せずに軍の年金で暮らすジャック・リーチャーは、現役時に数多くの表彰を受け、軍の秘密捜査官に従事していたことが判明する。

 そんなジャック・リーチャー、ジェームス・バーが事件を起こしたにしては狙撃ポイントの選び方が稚拙すぎるところや、あまりにも捜査証拠が揃いすぎている点に疑問を感じていた。

 そのため、ジャック・リーチャーは、ジェームス・バーの弁護士事件調査に協力すること快諾した

 だが、ジャック・リーチャーが事件調査に乗り出すと、様々な妨害工作が発生し、次々に襲い掛かってくるのであった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

感想

 やはり、トム・クルーズ主演、「新シリーズ登場」という謳い文句がついているどうしても『ミッション・インポッシブル』シリーズと比較してしまう。

 だが、この作品は『M:I』シリーズとは比較ならないくらいスケールが小さく、舞台設定しょぼい感じがしてならなかった 

 それに、アクションシーンも軽々しく感じられてハラハラせず、格好良くは見えなかった。

 一応、サスペンスタッチなストーリーなので、オチについての言及は避けるが、ストーリー展開が荒く、回収されてない伏線あったような気がする

 サスペンス的なの割りには、最後に爽快な大どんでん返しがあるわけでもなく、事件の黒幕が判明したところもグダグダで特に驚きなかった。

 トム・クルーズ主演でなければ、絶対に見てなかったと断言できる作品であった。

 そのような内容であると感じつつも、唯一、良かったところがある。それは、女性弁護士役のロザムンド・パイクが登場する度に、必ず、胸の谷間を強調する格好で現れていたことである

  ムチムチした着衣巨乳姿見たいがために、この作品を最後見続けていられたと言っても過言ではない。

 この作品を期待はずれ思っていたのは自分だけではなかったらしく、自分が鑑賞したは結構客席が埋まっていたが、エンドロールが始まった途端、蜘蛛の子を散らすように、一斉に客が退出してしまった。

 作品の余韻に浸ってい客はおらず、エンドロールを最後まで見ていたのは自分だけであった。

にほんブログ村 映画ブログへ ポチッとよろしく! blog Ranking

« 「2013年丸かぶり海鮮恵方巻き」を食べる。 | トップページ | 『ベルセルク黄金時代篇Ⅲ降臨』を見て来た。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/49184919

この記事へのトラックバック一覧です: 『アウトロー』を見て来た。:

« 「2013年丸かぶり海鮮恵方巻き」を食べる。 | トップページ | 『ベルセルク黄金時代篇Ⅲ降臨』を見て来た。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

AD

Twitter