フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 萌えキャラ化されたデイリーヤマザキの店員(青森) | トップページ | ニュータッチ凄麺「東大阪発高井田系中華そば」を食べる。 »

2013年1月30日 (水)

いなば食品「とりそぼろとバジル(タイガパオ)」を食べてみた。

 先日、何か買おうという目的ではなく、ただ時間を潰すために100均に立ち寄ってみた。

 そして、何気なく食品コーナーを眺めていたら、いなば食品の「とりそぼろとバジル」の缶詰を発見した。

 缶に書かれている「タイガパオ」とは何ぞやと思気になってしまい、それだけの理由思わず購入して来てしまった。

いなば食品「とりそぼろとバジル(タイガパオ)」

 そこで、今回、いなば食品「とりそぼろとバジル」(税込105円・125g)を使い、缶に描かれている盛り付け例の画像を参考にしながら、これまで一度も食べたことがない「タイガパオ」なる料理を作って食べてみることにした。

 先ず手始めに「とりそぼろとバジル」の缶詰を開封した。

 次に、ご飯を皿に盛り、「とりそぼろとバジル」の内容物をご飯の上に乗せた。そして、それを電子レンジで加熱する

 加熱し終わった後ご飯の上に目玉焼きを乗せた

 本物のガパオとはどのようなものなのか知らないため、一応、この状態を「とりそぼろとバジル」で作ったガパオの完成形とすることにした。

いなば食品「とりそぼろとバジル」で作ったガパオ

 早速、「とりそぼろとバジル」の缶詰で作ったガパオを食べてみることにした。

 当初、缶詰なので甘ったるい味付けなのかと思いきや、にあらずであった。

 味付けは全く甘くなく、むしろ、唐辛子がたっぷりと入っていて激辛であった。

 その辛さは目玉焼きを乗せておいて正解であったさえ思えるほどの辛さであった。目玉焼きと一緒に食べると辛さが中和され、美味しく食べられる辛さのレベルへと和らげてくれ

 そんな辛さと同様に、匂いも強烈であった。

 その香りまるですりおろしたばかりの生ニンニクを思わせる匂いであった 

 ある意味、この缶詰からは本物のニンニクの匂い放たれていると言えよう。

 むしろ、この匂いを嗅いだら、日本製の加工食品はニンニクの臭いを抑制し過ぎなのではないかと思ってしまうほどであった

 「とりそぼろとバジル」の缶詰の唐辛子の辛さとニンニク香りが共に強烈なお陰で、自分の食欲大いに刺激されてしまった

 塩加減もちょうどよく、ご飯と一緒に食べるには程よい塩梅であった。

 あまりに美味すぎて、ガパオを一気に平らげてしまった。

 食べ終わった後、ガパオとはペペロンチーノ風味に味付けした鶏そぼろを乗せたご飯というふうに解釈した。

 それにしても、缶のデザインが気になって思わず買ってしまったとはいえ、所詮は100円ショップで購入した缶詰である故に、食べる前までは、大して美味しくはないだろうと見下していた。

 だが、その考えは浅はかであった。

 「とりそぼろとバジル」の缶詰は、想像を上回る美味しさであった。

 もし、再び、100円ショップへ行く機会があり、そして、そこでいなば食品の「とりそぼろとバジル」の缶詰が売られていたら、備蓄用に買いだめしておこうかと思った。

にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ ポチッとよろしく! blog Ranking

« 萌えキャラ化されたデイリーヤマザキの店員(青森) | トップページ | ニュータッチ凄麺「東大阪発高井田系中華そば」を食べる。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/49063788

この記事へのトラックバック一覧です: いなば食品「とりそぼろとバジル(タイガパオ)」を食べてみた。:

« 萌えキャラ化されたデイリーヤマザキの店員(青森) | トップページ | ニュータッチ凄麺「東大阪発高井田系中華そば」を食べる。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

AD

Twitter