フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 日刊ゲンダイと夕刊フジの2012年GW特別号を購入する。 | トップページ | 「オランジーナ」を見かけねーな »

2012年5月 5日 (土)

200gで400円のステーキを食べた。

 青森市内にあるカブセンターに入店した際、精肉コーナーで200gで税込400円のメキシコ産ステーキ用牛肩ロース肉(マザーランドファーム)を見つけた。

メキシコ産ステーキ用牛肩ロース肉

 あまりの安さに驚き、即断即決で肉を買い物カゴに入れて、レジを通過して来た。

 そこで、この度、その肉を使ってステーキを作ることにした。

手順

  1. 冷蔵庫から牛肩ロース肉を取り出し、6時間ぐらい放置して、室温状態に戻す。そして、その牛肩ロース肉に塩コショウして下味をつける。
  2. フライパンにサラダ油とスライスしたにんにくを入れてから火にかける。にんにくが香ばしくなり、フライドガーリック状になったらフライパンから取り出す。
  3. にんにくを取り出したフライパンに下味を付けた牛肩ロース肉を入れ、片側を強火で45秒焼く。ひっくり返した後、更に45秒焼く。
  4. 蓋をしてフライパンを火から下ろし、濡れ雑巾の上に置く。その状態で1分30秒蒸らす。
  5. 焼けた肉を皿に乗せる。
  6. フライパンに残った油を捨てた後、酒を入れ、フライパンについた焼け焦げや肉汁をこそげ落とすように火にかける。
  7. そこへバターを加えて煮詰め、塩コショウで味付けし、グレイビーソースにする。
  8. そのソースをステーキ肉へかける。2のフライドガーリックをステーキ肉に乗せて完成。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
200g400円のステーキ

 早速、食べてみたが、焼き上がりはミディアムレアぐらいに仕上がった。肉の中心まで温かく、それでいて、肉の赤身が残っている状態である。

 肉質は決して柔らかくはないが、肉の味はしっかりとしていた。ファミレスで提供しているステーキよりワイルドな感じがして格段に美味しい。

 円高が長年続き、現在も尚、進行中であるが、その間に、自分は一度も円高の恩恵を感じたことがなかった。

 だが、今回、500円以下の値段でヴォリューム満点のステーキを食べる機会を得たことで、初めて円高で良かったと実感することが出来た。

 再び、同価格帯の牛肉を購入する機会があれば、またステーキ作りを試みようかと思う。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 以前、1,500円ぐらいの価格のステーキを注文すると、ドリンク、サラダ、カレーライスを食べ放題で提供してくれる飲食店が、一時期、マスコミに取り上げられていた。

 始めてその店の存在を知った時、あまりの低価格であるため、どうやって採算をとっているのかと疑問に思っていた。

 だが、今回、購入したような肉が存在することを知ったことで、これと同レベルの肉を使用したステーキとサイドメニューの食べ放題の組み合わせであれば、1,500円という価格設定でも、十分、採算が取れるのではないかと思った。

 ステーキを食べながらではあるが、長い間抱いていた疑問が晴れたような気がした。

にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ ポチッとよろしく! blog Ranking

« 日刊ゲンダイと夕刊フジの2012年GW特別号を購入する。 | トップページ | 「オランジーナ」を見かけねーな »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/45147115

この記事へのトラックバック一覧です: 200gで400円のステーキを食べた。:

« 日刊ゲンダイと夕刊フジの2012年GW特別号を購入する。 | トップページ | 「オランジーナ」を見かけねーな »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

AD

Twitter