フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« ACE2012へ行く・3~新習志野駅に到着した途端、運転見合わせ | トップページ | ACE2012へ行く・5~ACE1日目の昼食 »

2012年4月 4日 (水)

ACE2012へ行く・4~WHITEプログラム3「ヨルムンガンド」

 2012年3月31日・4月1日の両日に幕張メッセで開催された「アニメコンテンツエキスポ2012」に参加するため、青森-上野間の高速深夜バスに乗って一人上京することにした。

 ここからは、2012年3月31日に開催された「アニメコンテンツエキスポ2012」のステージイベント「WHITEプログラム3・ヨルムンガンド」に関する話しである。

 強風のため、公共交通機関が次々に運休する中、何とかステージイベントの開演時間にギリギリ間に合った。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 突如吹き荒れた台風並みの強風の影響で、公共交通機関が次々に運休。

 そのため、電車やバスを何度も乗り継ぐ嵌めになり、最後は海浜幕張駅から猛ダッシュで走って幕張メッセへ駆け込んだ。

 JR御徒町駅を出発してから3時間15分後に、ようやく幕張メッセに到着である。

 到着時刻は11時15分。

 体中の毛穴から汗が吹き出した状態で幕張メッセに入場した。

 何故に、そこまで必死になって幕張メッセ入りしたかというと、3月31日に「アニメコンテンツエキスポ2012」で開催のステージイベント「WHITEプログラム3・ヨルムンガンド」のチケットに当せんしていたからである。

 「WHITEプログラム3・ヨルムンガンド」の入場者集合時間は11時である。

 その時間に間に合うことは出来なかったが、開演時間である11時45分には何とか間に合うことが出来た。

 幕張メッセに入場した後、速攻でステージゲートを目指して突き進む。

 そして、係員にチケットを見せ、「ヨルムンガンド」特製コースターを貰い、WHITEステージに入場した。

「ヨルムンガンド」コースター

 たまたま居合わせた係員の気質がドSであったのだろう。チケットを下記のような感じでモギられてしまった。

「ヨルムンガンド」チケット

 早速、WHITEステージに入場してみると、交通機関のマヒのせいなのか、客席は半分ぐらいしか埋まってなかった。

 集合時間に間に合わず、整理番号順に並ぶことは出来なかったが、逆に、ガラガラな会場の中から席を好き勝手に選ぶことが出来たため、ステージ中央寄りの眺めの良い席に座って見ることが出来た。

 席を確保した後、走って来たために乱れた呼吸を整えたり、噴き出た大量の汗を拭いているうちに時間が過ぎていき、そうこうしているうちに、「WHITEプログラム3・ヨルムンガンド」は開演した。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 「WHITEプログラム3・ヨルムンガンド」のステージ時間は30分間であった。

 ステージ内容は、放送に先駆けて「ヨルムンガンド」の一話を全編先行上映し、その後、キャスト登場によるトークショーの開催となっていた。

 大きなスクリーンで「ヨルムンガンド」の第一話を見たが、平和のために武器を売る武器商人・ココと凄腕の少年兵・ヨナ、そして、ココの私兵らが繰り広げるバイオレンスでシリアスな内容といった感じであった。

 映像は綺麗であったが、一話を見ただけでは、今後、面白くなるかどうかについては判別しづらいところである。

 ちなみに、このアニメを見ていた時点において、世界の某所では紛争が勃発しかねない一触即発な危機的状況が起きていた。ガソリンの高騰もそれが原因ではないかと云われている。

 そんなきな臭い状況が起きる度に、紛争が起きるから武器商人という商売が成り立つのか、それとも、武器商人がいるから紛争はなくならないのかといったことを考えてしまう。

 そんな状況に直面しているせいか、武器商人というテーマは使い古された感じがする反面、とてもタイムリーな話題という気もする。

 ココとヨナが世界情勢とどのような形で関わり、そして、活躍していくかによっては、今後の展開が楽しみになるのではないかと思った

 それに、シリーズ構成・脚本を黒田洋介が担当しているそうなので、つまらなくはないと期待している。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 「ヨルムンガンド」第一話上映終了後、キャストの伊藤静さん・田村睦心さんが登壇する。

 御二方共に、実物は画像や映像でお見受けするよりもお美しかった。

 黒髪ロングでクールな感じの伊藤さんはミニスカートでニーハイといった格好で登場し、“絶対領域”と云われる部分が眩く輝いておられた。

 整った顔立ちで愛らしい表情が印象的な田村さんは短めのキュロットスカート姿で、白い肌の素足を全開に晒しており、これもまた神々しいまでに輝いておられました。

 30分しかないステージ時間の中、「ヨルムンガンド」を全編上映してしまったために、お二人のトークの時間は5分程度であった。

 そのため、トークショーは、アフレコが和気藹々と進んでいるということと、第一話はシリアスでバイオレンスな感じであったが、今後はギャグも加味されて見やすくなるといったことを話されて終了となった。

 トークショーは短すぎて全然物足りなかったが、「ヨルムンガンド」を先行して見られて良かったかなといった感じである。

にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ ポチッとよろしく! blog Ranking

« ACE2012へ行く・3~新習志野駅に到着した途端、運転見合わせ | トップページ | ACE2012へ行く・5~ACE1日目の昼食 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/44755737

この記事へのトラックバック一覧です: ACE2012へ行く・4~WHITEプログラム3「ヨルムンガンド」:

« ACE2012へ行く・3~新習志野駅に到着した途端、運転見合わせ | トップページ | ACE2012へ行く・5~ACE1日目の昼食 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

AD

Twitter