フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« ローソンからあげクン徳島すだち味を食べる。 | トップページ | 小寒・寒の入りに白鳥を撮影する。 »

2012年1月 5日 (木)

中村屋「新宿中村屋インドカレー濃厚タンドリーチキン」を食す。

 年末年始にかけて、餅やおせち料理ばかり食べていたせいか、今は刺激的なカレーが食べたい気分である。と言うよりも、体がカレーを欲している状態に陥ってしまったといったほうが正確であろうか。

 そこで、本日、株式会社中村屋のレトルトカレー「新宿中村屋インドカレー 濃厚タンドリーチキン」(200g・233kcal・税込280円)を食べることにした。

「新宿中村屋インドカレー濃厚タンドリーチキン」

 早速、箱からレトルトパウチを取り出し、8分間熱湯に入れて温める。それを茶碗1杯弱のご飯の上に掛ける。これで完成である。

「新宿中村屋インドカレー濃厚タンドリーチキン」完成

 カレーを皿に盛ったときに、真っ先に目を惹いたのが骨付きの鶏手羽元である。

 色々とレトルトカレーを食べてきたが、骨付き鶏手羽元が一本丸ごと入っているレトルトカレーにお目にかかったのは、今回のカレーが初めてである。

 その手羽元をスプーンで軽く押してみたのだが、それだけで骨と肉がきれいにほぐれてしまうほどの柔らかさであった。

 今回食べた「新宿中村屋インドカレー 濃厚タンドリーチキン」のカレーソースの辛さは、中村屋が基準とする辛味順位表で5段階の「3」であった。

 そのせいか、自分が欲していた辛さほど辛くはなかった。辛さだけではなく、クミンやコリアンダーなどの食欲をそそる香りも抑えめである。

 それに、インドカレーというと、トマトが味のベースになっていると思うのだが、「新宿中村屋インドカレー 濃厚タンドリーチキン」からは仄かにトマトの味が感じられる程度で、インドカレーにしてはトマトの味も酸味も控えめであった。

 それらに代わって、味を最も主張していたのが、ココナッツミルクやバター類であった。これらの味が濃いため、子供でも食べられるマイルドな味に仕上がっていた。

 そのため、インドカレーというより、骨付き鶏肉とトマトとココナッツミルクのカレー風煮込みという感じがしないでもなかった。

 新年最初に食べるカレーなので、スパイスが効いた刺激的な味わいのカレーが食べたかったのだが、今回はカレーの選択を間違えたような気がする。

にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ ポチッとよろしく! blog Ranking

« ローソンからあげクン徳島すだち味を食べる。 | トップページ | 小寒・寒の入りに白鳥を撮影する。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/43633718

この記事へのトラックバック一覧です: 中村屋「新宿中村屋インドカレー濃厚タンドリーチキン」を食す。:

« ローソンからあげクン徳島すだち味を食べる。 | トップページ | 小寒・寒の入りに白鳥を撮影する。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD

Twitter