フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 「お菓子クイズキャンペーン」の応募ハガキを頂いて来た。 | トップページ | ミニストップ「クラムチャウダー&チップス」を食べる。 »

2011年11月12日 (土)

手緒里庵「江戸のきつねそば」を食す。

 ヤマダイ株式会社のインスタントカップ蕎麦ブランドである「こだわりのめん処 手緒里庵」「江戸のきつねそば」(341kcal 税込198円で購入)を食した。

手緒里庵「江戸のきつねそば」

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 こだわりのめん処 手緒里庵「江戸のきつねそば」の蓋を開けてみると、中には「後入れ液体スープ」とフリーズドライのネギ、そして、特別調合された「やげん堀り七味唐辛子」が入っていて、麺の上には乾燥されている味付け油揚げが乗っかっていた。

手緒里庵「江戸のきつねそば」・中身

 油揚げの上にフリーズドライのネギを乗せ、その上から熱湯を注ぎ、蓋を閉じて5分間待つ。

 蓋を剥がしてから「後入れ液体スープ」を入れ、麺と出し汁を馴染ませるように軽く掻き混ぜた後、特別調合された「やげん堀り七味唐辛子」を振り掛けることで、ようやくこだわりのめん処 手緒里庵 「江戸のきつねそば」 の完成である。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 早速、こだわりのめん処 手緒里庵 「江戸のきつねそば」 を食してみた。

手緒里庵「江戸のきつねそば」・完成

 「江戸のきつねそば」が完成して、真っ先に注目したのは特別調合された「やげん堀り七味唐辛子」の香りである。

 山椒の香りが鼻孔を刺激し、この芳し過ぎる香りだけで十分食欲をそそられてしまう程であった。

 口に含むと、唐辛子の辛さは控えめで、逆に、胡麻はたっぷりと入っている。そのため、噛むと口中に胡麻の香りが広まり、醤油一辺倒になっている口の中を一掃してくれる役割を担っているようであった。

 麺は完全なるストレート麺である。全く縮れていない。

 食感はボソボソとしておらず、もっちりともしていない。それでいて、コシのある噛み応えが感じられる。麺の表面はツルツルとして滑らかであるため、喉越しが非常に良い。

 インスタントカップ麺の蕎麦とは思えない、限りなく本物に近い蕎麦であった。

 もしかしたら、この麺と同じ出来栄えの蕎麦を手で打って再現する方が困難ではないかという気がしないでもない。

 次に、油揚げを噛んでみた。すると、そこから滲みでてくる汁の味は、あっさりとしていて、くどくない甘さであった。どん兵衛の油揚げとは大局的な味付けである。

 ネギはシャキシャキとした歯応えがし、ネギ特有の甘味が感じられた。

 そして、蕎麦つゆであるが、醤油、味醂、出汁がバランスよく織りなされていて、それぞれの味が突出しておらず、穏やかな優しい味に仕上がっていた。

 口当たりが良く、嫌味が感じられず、スイスイごくごくと飲めてしまう程である。

 粉末スープを用いずに、液体スープに変えたことで、蕎麦つゆの味が向上したような気がする。

 総評すると、これは本物の蕎麦よりも美味しいと断言できる味であった。

 現時点での日本のカップ麺業界の中で、ヤマダイの技術がずば抜けて素晴らしいと再認識させられる一杯を味わうことが出来た。

にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ ポチッとよろしく! blog Ranking

« 「お菓子クイズキャンペーン」の応募ハガキを頂いて来た。 | トップページ | ミニストップ「クラムチャウダー&チップス」を食べる。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/42982196

この記事へのトラックバック一覧です: 手緒里庵「江戸のきつねそば」を食す。:

« 「お菓子クイズキャンペーン」の応募ハガキを頂いて来た。 | トップページ | ミニストップ「クラムチャウダー&チップス」を食べる。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

AD

Twitter