フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« けいおん!!「プチシューキャラメルラスク」と「キャラメルコーン」を食す | トップページ | 鮭のレバーペースト作り »

2010年11月29日 (月)

ヤマキ「めんつゆ研究所秀逸レポートコンテスト」のトロフィー届く

 ヤマキめんつゆ研究所では、2010年4月6日から同年6月23日まで、ヤマキのめんつゆをいろいろなものにかけ、今までになかった新しいおいしさを発見するというレポートを募集した「めんつゆ研究所チョイがけ研究員秀逸レポートコンテスト」を開催していた。

 このコンテストに、ヤマキのめんつゆを食パンにチョイがけし、それをカリカリに焼き上げてラスクにするという食し方を提案したレポートを応募したら、それが優秀作の一つに選ばれてしまった。

 2010年7月末頃にヤマキから受賞の知らせが届き、秀逸レポートコンテストの受賞賞品であるトロフィーがそれから1ヶ月か1ヵ月半ごろに届けられるという報告も受けていた。

 しかし、待てど暮らせどヤマキからトロフィーが届かない。

 そもそも、トロフィーを受賞するに見合う程のレポートを提出したという自負がないため、来なければ来なくてもいいとも思っていた。

 そのように思っていたら、ようやく受賞の知らせが来てから4ヶ月目にして、ヤマキ株式会社からトロフィーとレシピ集が届いた。

ヤマキ「めんつゆ研究所秀逸レポートコンテスト」のトロフィー1

 その届いたトロフィーというのが、予想を遥に上回るくらい立派なものであった。

 ミニめんつゆボトルのトロフィーが届けられるという報告を受けていたので、プラスチック製か、はたまた、ガラス製のトロフィーが届くのだろうと想像していたのだが、実際に届いたミニめんつゆボトルのトロフィーは、金属製のミニめんつゆを模ったオブジェが乗っかったトロフィーであった。

ヤマキ「めんつゆ研究所秀逸レポートコンテスト」のトロフィー2

 トロフィーのサイズは小さいが、結構、ずっしりとしていて重く、重厚感がある。

 このトロフィーを収める箱も、中々、立派である。

トロフィーを収める箱

 トロフィーが届いた今では、本当に自分がこんなものを頂いていいのだろうかと驚いている次第である。

 それにしても、ようやくヤマキから賞品が届いたと思ったら、時期を同じくして、ヤマキのめんつゆのCMキャラクターが何者かによってボコボコにぶん殴られるなんて、何か因縁めいたものを感じずにはいられないのである。

市川海老蔵 眼に見えない大切なもの (Grazia Books) Book 市川海老蔵 眼に見えない大切なもの (Grazia Books)

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ますます、おいしい鰹のおいしいとこだけヤマキのめんつゆ400ml ますます、おいしい鰹のおいしいとこだけヤマキのめんつゆ400ml

販売元:食品のネットスーパー・さんきん
楽天市場で詳細を確認する

にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ ポチッとよろしく! blog Ranking

« けいおん!!「プチシューキャラメルラスク」と「キャラメルコーン」を食す | トップページ | 鮭のレバーペースト作り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

懸賞」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/37894589

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマキ「めんつゆ研究所秀逸レポートコンテスト」のトロフィー届く:

« けいおん!!「プチシューキャラメルラスク」と「キャラメルコーン」を食す | トップページ | 鮭のレバーペースト作り »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD

Twitter