フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 地デジ化への応急処置、本日完了。 | トップページ | 東北新幹線試乗会・落選のお知らせが届く »

2010年11月 3日 (水)

炙りしめ鯖茶漬けを食べる

 本日は休日という事もあり、ハレの日の気分を味わいたく、スーパーで八戸産しめ鯖を購入して来た。

八戸産しめさば

 早速、しめ鯖を刺身状に切り分け、皿に盛った。

しめ鯖の刺身

 そして、しめ鯖の皮目の部分にバーナーで火をあて、焼き目をつける様に炙ってみた。

炙りしめ鯖

 すると、しめ鯖から脂が滴り落ち、それと共に、焼き鯖のような食欲をそそる芳しい香りが立ち上ってきた。

 そんな炙ったしめ鯖の切り身にわさびを乗せ、醤油をつけた後に口へと運んだ。

 炙りしめ鯖から出てくる脂があまりにも多すぎるため、わさびを多めに乗せているにもかかわらず、わさびの辛さが全く伝わってこないほどであった。

 焼き鯖の脂っぽさとしめ鯖のサッパリとした味わい。その両方を一度に口に含む事が出来るなんて、至福の時を過ごしているようであった。

 まさに、ハレの日に相応しい食事である。

 炙りしめ鯖があまりに箸がすすむため、気を抜いていると、このまま全部食べてしまいそうであったが、それを堪えて、炙りしめ鯖を少し残し、ご飯の上に乗せた。

 その上から、熱湯を注ぎ、塩を二つまみほど振り掛け、炙りしめ鯖をお茶漬けにした。

 しめ鯖の身が白っぽくなったら、箸で身をほぐしながら食した。

炙りしめ鯖のお茶漬け

 お湯の表面には脂の玉が浮いているにもかかわらず、しめ鯖の酢のおかげで脂っぽさは感じられない。

 最後のしめ鯖も瞬く間にお湯と共にサラサラと流れ、喉の奥へとかき込まれていった。

 冬も押し迫った休日の夕餉。1人身の男は侘しくも、こんな食し方で楽しみつつ、今日一日を締めくくった。

にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ ポチッとよろしく! blog Ranking

« 地デジ化への応急処置、本日完了。 | トップページ | 東北新幹線試乗会・落選のお知らせが届く »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/37513675

この記事へのトラックバック一覧です: 炙りしめ鯖茶漬けを食べる:

« 地デジ化への応急処置、本日完了。 | トップページ | 東北新幹線試乗会・落選のお知らせが届く »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

AD

Twitter