フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« ヤマザキナビスコ「エアリアル」、青森でその存在を確認。 | トップページ | ペプシバオバブを飲んだ »

2010年6月 4日 (金)

オージー・ビーフでミルフィーユカツを作る

 MLA豪州食肉家畜生産者事業団様の懸賞で当たった、「銀座4丁目スエヒロ」新宿店のオー ジー・ビーフしゃぶしゃぶ用500gを使って、ミルフィーユカツを作ってみた。

 先ずは手始めに、しゃぶしゃぶ用の薄い牛肉が千切れないようにそっと広げ、脂身が互い違いになるように重ね合わせた。

オージ・ビーフ10枚重ね

 今回のように、懸賞で当たった時でなければ、このような物を作ることが出来ないと思い、思い切ってしゃぶしゃぶ用のオージ・ビーフを10枚も重ね合わせた。重ね合わせた肉を計ってみたら、総重量が166gもあった。

 次に、重ね合わせたしゃぶしゃぶ肉を、とんかつ用の肉らしく形を整えた。

 そして、塩・コショウで味付けし、小麦粉・溶き卵・パン粉の順に衣を付け、高温の油で揚げた。

 表面が硬くなり、衣が狐色に揚がったので油から引き上げた。食べやすい大きさに切り分けて皿に盛ったら、オージー・ビーフのミルフィーユカツの完成である。付け合せは特にない。

オージー・ビーフのミルフィーユカツ

 豚肉ではなく牛肉を使用したので、高温の油でサッと揚げ、表面はサクッとさせ、中身はレアの状態にしようと思っていたのだが、思いのほか火の通りが早く、カツを切り分けてみたら、中まで十分に火が通ってしまっていた。

 中身をレアにしたいのであれば、油で揚げずに、衣をつけてからフライパンで焼くべきであったと思う。

 とは言え、薄切り肉を重ね合わせた物なので、完全に火が通っていても柔らかく、肉汁もほとばしるように溢れ出てきた。

 このミルフィーユカツにソースや醤油を掛けてしまっては、肉の本来の味を損ねてしまい勿体ないと思い、塩・コショウとカラシを付けて食した。

 口の中にカツが入っている間は、至福の一時を過ごしているようであった。

 いつの日か自腹で肉を買ってきて、こんな牛カツを作って食べられるような人物に成りたいと心底から思った。

オーストラリア [DVD] DVD オーストラリア [DVD]

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2010/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ blog Ranking

« ヤマザキナビスコ「エアリアル」、青森でその存在を確認。 | トップページ | ペプシバオバブを飲んだ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/35032604

この記事へのトラックバック一覧です: オージー・ビーフでミルフィーユカツを作る:

« ヤマザキナビスコ「エアリアル」、青森でその存在を確認。 | トップページ | ペプシバオバブを飲んだ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

AD

Twitter