フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 石の上にも三年。ココログ始めて3年経過。 | トップページ | 黒木メイサ『5-FIVE-』のPVを見た »

2010年5月26日 (水)

ニュータッチ凄麺「ねぎみその逸品」を食す

 ニュータッチ凄麺「ねぎみその逸品」(456kcal・税込188円で購入 )を食べた。

ニュータッチ凄麺「ねぎみその逸品」

 ニュータッチ凄麺「ねぎみその逸品」の蓋を開けると、後入れ液体スープが一つと、キューブ状になったフリーズドライのかやくが一つ、そして、おろしにんにくが入った袋が入っていた。

ニュータッチ凄麺「ねぎみその逸品」の具材

 カップから具材を取り出し、麺の上にフリーズドライのかやくを乗せて、熱湯を注いだ。そして、蓋の上に液体スープの袋を乗せて押さえる。

ニュータッチ凄麺「ねぎみその逸品」フリーズドライ葱

 それから、しばし待つこと5分。

 その後、蓋を剥がして、麺を軽く掻き混ぜたら、後入れ液体スープの袋を折りたたみ、液状になった味噌を絞り出すようにして麺の上に投入した。

 その味噌をお湯に馴染ませる様に混ぜ合わせ、おろしにんにくを乗せてたら、ニュータッチ凄麺「ねぎみその逸品」 の完成である。

ニュータッチ凄麺「ねぎみその逸品」完成

 早速、「ねぎみその逸品」を食べてみることにした。

 具はたっぷりの葱と輪切りの唐辛子しか入っていなかった。チャーシューやメンマなどは入っておらず、余計な物を一切省いた潔さが感じられる。その葱はシャキシャキとした本物のような食感をしていて、具を葱のみにした開発者のこだわりが伝わってくるようであった。

 麺は、凄麺シリーズ特有の歯ごたえがあり、プリプリでシコシコとした麺であった。

 スープからは、ゴマの香りが放たれていて、味はとんこつスープに赤と白の味噌を合わせたコクとまろやかさの両方が感じられる。酒かすのような甘みも若干感じられた。

 本物のラーメン屋で食べる味噌ラーメンに匹敵する、いや、もしかしたら、それ以上に美味しい味噌ラーメンかもしれないと思った。 

 今回も凄麺シリーズを食したが、ニュータッチの凄麺シリーズにハズレがなく、どれを食べても美味しいと確信した。

 こんなに美味しいラーメンを、自宅で気軽に食べられるなんて、至福な幸せのひと時であった。

【2500円以上送料無料】ニュータッチ凄麺 ねぎみその逸品×12 【2500円以上送料無料】ニュータッチ凄麺 ねぎみその逸品×12

販売元:お酒のイズミックワールド
楽天市場で詳細を確認する

ブログランキング・にほんブログ村へ blog Ranking

« 石の上にも三年。ココログ始めて3年経過。 | トップページ | 黒木メイサ『5-FIVE-』のPVを見た »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/34818181

この記事へのトラックバック一覧です: ニュータッチ凄麺「ねぎみその逸品」を食す:

« 石の上にも三年。ココログ始めて3年経過。 | トップページ | 黒木メイサ『5-FIVE-』のPVを見た »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

AD

Twitter