フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 「北の動物たちカレンダー」3月 | トップページ | ハウス食品「マーボーカレー・コクの中辛」を食す »

2010年3月 2日 (火)

『3つの小さな見る絵本「亀の恩返し」』を購入した

 アマゾンにて、『3つの小さな見る絵本「亀の恩返し」 [DVD] 』を、送料・税込473円で購入する。

『3つの小さな見る絵本「亀の恩返し」』

 このDVDは、2009年5月3日・4日に、日本武道館で行われた亀田誠治プロデュースによるイベント「亀の恩返し」の幕間に流された、大宮エリー制作による3篇のショートムービーをDVD化したものである。

 収録時間は32分。鶴田真由と西島秀俊が朗読・出演するショートムービー『未亡人と犬』、『グミとさちこさん』、『調教師』の3篇と、「亀の恩返し」でも上映された亀田誠治による関係者の解説と、感謝の言葉を添えたエンドロールが収録されていた。

 少し期待していたけれど、やはり、というか、当然というか、このDVDには、「亀の恩返し」のライブ映像は、一切、収録されていなかった。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 自分は、このDVDを「亀の恩返し」を見に行った思い出として購入した。

 改めて、武道館の雰囲気に飲まれて見た3篇のショートムービーを、家で寝っころがって見たが、3篇共、結局、何が言いたいのかわかるような、わからないような、そして、共感できるような出来ないような、見終わった後に、なんともモヤモヤとした気分が残る内容であった。

 しかし、ショートムービーが始まる前に鶴田真由が登場して言う、「音楽を作ることは、鶴が羽を抜いて、機を織るようなもの。自らを削る作業です。でも、誰かのために織るからやれるのです。」といった内容のセリフは胸に突き刺さった。

 このDVDで一番重要なところは、このセリフだと思った。

 音楽に限らず、美術や文芸などの創作活動は、身も心も削りながら、作品に魂を込めていく作業。一筋縄で行うことは出来ず、誰もが出来ることではない。

 だからこそ、創作者は、賞賛に値するのだと思う。身も心も削らずに出来上がった物は、どんなに上手くとも、それは上っ面だけが上手いだけであって、魂が篭っておらず、そんなものでは、誰の心にも己の思いを伝えることは出来ないと思う。

3つの小さな見る絵本「亀の恩返し」 [DVD] DVD 3つの小さな見る絵本「亀の恩返し」 [DVD]

販売元:video maker(VC/DAS)(D)
発売日:2010/02/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブログランキング・にほんブログ村へ blog Ranking

« 「北の動物たちカレンダー」3月 | トップページ | ハウス食品「マーボーカレー・コクの中辛」を食す »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/33513725

この記事へのトラックバック一覧です: 『3つの小さな見る絵本「亀の恩返し」』を購入した:

« 「北の動物たちカレンダー」3月 | トップページ | ハウス食品「マーボーカレー・コクの中辛」を食す »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

AD

Twitter