フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« ~「育てるたまごハーブ」を使って「ミント栽培」・八日目~ | トップページ | 「忘れんBUY」で買い忘れを失くす »

2009年7月13日 (月)

サントリー社長・佐治信忠、有言実行するのだろうか

 『ビール15年戦争―すべてはドライから始まった (日経ビジネス人文庫) 』は、今から7年前の2002年に発売された文庫書下ろしの本である。

『ビール15年戦争』

 内容は、長年低迷を続けてきたアサヒビールが、スーパードライの開発により、大躍進を果たすというエピソードを中心に、日本のビール業界の攻防を描いたルポルタージュである。

 この著書で注目すべきは、あとがきに書かれている、サントリー社長・佐治信忠氏による数行の発言だと思う。

 「サントリーは5年以内に国内でM&Aを行使する可能性がある。その対象はキリンビールである。買収資金はサントリーの株式上場で賄う。」と。

 当時、この本を読んだとき、サントリーがキリンビールを買収するなんて絶対ありえないと思っていた。

 非上場企業で洋酒国内トップ企業とはいえ、経営規模で言ったら、サントリーよりキリンビールの方が上だし、キリンビールの方も、この7年の間に、メルシャンや協和発酵やオーストラリアのナショナルフーズなど、ビール以外の異業種企業を次々に買収し、独自路線を歩んでいる。

 キリンビールは、サントリーと合併する気なんてさらさらないように感じられた。

 それに、キリンビールとサントリーが合併したら、独禁法に触れる分野が出るのではないかとも思う。

 そのため、オーナー企業のサントリーと三菱財閥のキリンビールの合併なんて、夢物語だと思っていた。

 しかし、ここに来て、サントリーとキリンビールの合併の話が、現実味を帯びて来ている。発言から5年は過ぎたけれど、7年目にしてサントリー社長の発言が実現しそうである。

 もし、この合併が成功したら、今度はアサヒビールとサッポロビールが合併して、大日本麦酒となって、元の鞘に納まるということもありうるのだろうか。

 そうなった場合、国内ビール市場を2社で9割以上も占めることになり、それこそ、独禁法に抵触しそうな気がするのだが・・・。

ビール15年戦争―すべてはドライから始まった (日経ビジネス人文庫) Book ビール15年戦争―すべてはドライから始まった (日経ビジネス人文庫)

著者:永井 隆
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブログランキング・にほんブログ村へ blog Ranking

« ~「育てるたまごハーブ」を使って「ミント栽培」・八日目~ | トップページ | 「忘れんBUY」で買い忘れを失くす »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/30525090

この記事へのトラックバック一覧です: サントリー社長・佐治信忠、有言実行するのだろうか:

« ~「育てるたまごハーブ」を使って「ミント栽培」・八日目~ | トップページ | 「忘れんBUY」で買い忘れを失くす »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD

Twitter