フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 『ユミリー風水幸せの相性』(大和書房)を読んだ。 | トップページ | 「あなたのダノンビオ診断」をやってみた »

2009年5月11日 (月)

青森‐東京日帰り一人旅・・・9・エピローグ

 「亀の恩返し」が終了したのは、午後9時半ごろだった。しかし、預けたデジカメを返してもらったり、パンフレットを購入したり、日本武道館から家路に帰る大行列の中に混じって、のろのろと歩き進んでいたら、深夜高速バス停がある東京駅丸の内南口に着いたのは午後10時半を過ぎていた。バスの乗車受付が始まる30分前である。

 結局、都内にいる間に自分が食べたものは、新橋駅前にある立ち食い蕎麦屋で食べたたぬきそばだけであった。あとは自販機で購入したジュースのみで空腹を満たした。

 クリスピークリームドーナツとは、どれほどうまいものなのかと思い、有楽町イトシアの中に入り、店の前まで行ったけれど、自分が行った頃にはもうすでに大行列が出来ていた。その大行列を見たら、ドーナツ一個を買うために並んでまで食いたくないなと思い、買わずに引き返してしまった。

 青森にまだ出店していないスターバックスコーヒーに入ってみようかとも思ったが、電車の車窓からスターバックスのロゴを良く見かけるのだが、自分が降り立った駅周辺では、スターバックスコーヒーを見つけることが出来ず、結局、スタバデビューを見送ることにした。

 東京土産も買わず、青森じゃ食べられないものを食べてみようと思っていたけれど、それもかなわず、そのまま復路の高速バスに乗った。体は十分疲れているはずなのに、緊張感のせいか、往路同様、車内で一睡もすることなく青森に帰還した。

 帰宅後、疲労と睡眠不足のせいか、それとも、夢のような経験をしてきた直後のせいか、ふわふわとした落ち着かない気分がしばらく続いた。

 でも、そんな気分も徐々に覚めていくと、華やかなイベントに招待されたという優越感から一転して、また、以前のような薄暗い部屋の中に閉じこもって、面白くも何ともない生活へ逆戻りという現実と直面しなければならないことに気づいてくる。

 このまま薄暗い部屋の中でじっと過ごす生活に体を慣らすべきなのか、それとも、今回の経験を糧にして、薄暗い部屋の中で過ごす生活から脱却すべきなのか。どちらを選択すべきか、思いが頭の中を駆け巡る。

 もちろん、自分としては後者を選びたいのだが、どのようにしたらこの生活から永続的に脱却できるのか、糸口を見つけられない。

ブログランキング・にほんブログ村へ blog Ranking

« 『ユミリー風水幸せの相性』(大和書房)を読んだ。 | トップページ | 「あなたのダノンビオ診断」をやってみた »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/29567633

この記事へのトラックバック一覧です: 青森‐東京日帰り一人旅・・・9・エピローグ:

« 『ユミリー風水幸せの相性』(大和書房)を読んだ。 | トップページ | 「あなたのダノンビオ診断」をやってみた »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

AD

Twitter