フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 50,000アクセス突破した | トップページ | 理想とするキッチンスタイル »

2009年4月13日 (月)

やはり、インターネット回線業者の切り替えでトラブルが発生した

 先月末に、今まで使用してきたインターネット回線業者を解約し、新規に別のインターネット回線と契約する手続きをした。

 今、使用しているプロバイダーと契約した当時は、自分が住む地域で最安料金でサービスを提供していた通信会社であったが、現在では、さらに安い料金でサービスを提供してくれる業者が現れ、現在、使用している回線業者は地域で最安の回線業者ではなくなってしまい、さらに、現在、使用している回線業者の全サーバーが、2ちゃんねるへ書き込むことを1ヶ月近くも禁止されていたことも重なり、通信会社を切り替えることにした。

 以前、契約していたインターネット回線業者から、今、使用しているインターネット回線業者へ切り替える際に、インターネットが一週間出来なくなる空白期間が出来てしまうトラブルに見舞われたため、回線業者の切り替えは今まで躊躇していたのだが、今回の回線業者の切り替えでは、新規に契約する回線業者のホームページに、他業者から乗り換える際のHow toが細かく記載されていたこともあり、今度こそはスムーズに切り替えられるだろうと楽観的に考えて回線業者の変更に踏み切った。

 しかし、その考えは甘く、やはり今回もトラブルに見舞われてしまった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 今日の正午頃に突然NTTから電話があり、今から現在使用しているADSLの回線を撤去するという連絡があった。

 自分はその時点で、今日、回線撤去が行われるなんて聞いていなかった。現在契約している回線業者から、インターネットサービスの解約日と、電話局内撤去工事日を知らせる「解約受付のお知らせ」という葉書が自分の元に届いてから、撤去工事がなされるものとばかり思っていたので、この突然の連絡に驚いた。

 もちろん、この時点で、「解約受付のお知らせ」の葉書は、自分の元には届いていなかった。

 そのため、現在使用している回線業者から、事前に回線撤去の連絡がないという理由をつけて、NTTの方には、「このまま、回線撤去工事をされると困る」と伝えた。すると、NTTの方は、「今すぐに回線撤去の工事はせずに工事を延期するので、その後の手続きは、現在使用している回線業者に自分で連絡するように。」と言われた。

 そこで、この連絡を受けた後すぐに、現在使用している回線業者のサポートセンターに問い合わせた。

 ちなみに、現在使用している回線業者では、解約手続をする際に、最短で解約する方法と、月末解約する方法の2パターン選択することができるが、自分は最短で解約する方法を選択していた。

  •  自分は最短で解約するとは言っても、事前に、解約日と回線撤去日を知らせてから、撤去するものだとばかり思っていたので、今回のような、事前の連絡もなしに、急に回線撤去工事が行われる事は想定していなかった。
  •  今回のように、事前に撤去日を知らせる前に、すばやく回線撤去をするのであれば、回線撤去日を知らせる方法を郵便ではなく、メールで知らせたらいいのではないか。

 以上のようなことを、現在使用している回線業者のサポートセンターの人に伝えた後、今からでも月末解約契約に切り替えてくれないかとサポートセンターにお願いしてみた。月末解約に切り替えられたら、新規契約の回線業者の工事日と近くなり、インターネットが出来ない空白期間を少なくすることが出来る。

 しかし、サポートセンターの人は、

  • 今日で自分と現在使用している回線業者との契約は解約手続きに入ったので、もうこれ以上、どんなにお願いされても、解約の手続きの変更は出来ない。
  • 「解約受付のお知らせ」が届いていないと言うけれど、解約契約書には、回線業者に郵送した「解約手続書」が、回線業者の元に届いてから6営業日後に、回線撤去が行われると書かれています。ちゃんと書類を確かめていないのですか。

というようなことを言った。

 しかし、「待ってくださいよ」と。

  • 確かに、解約に関する契約書には、回線会社の元に自分が郵送した「解約手続書」が届いてから、6営業日に回線撤去がされると書かれている。
  • でも、郵送で送られる「解約手続書」が、いつ、現在使用している回線業者に届くかわからないのに、回線撤去日なんてわかるわけがない。
  • そんなことを言うのであれば、なぜ、解約手続書」が届いたとメールで知らせてくれないんだ。

と、自分はサポートセンターの人に忠告した。

 この忠告にはサポートセンターの人も反論せず、「おっしゃる通り」と言ってくれた。けれど、解約手続の変更に関しては、どんなにお願いしても聞き入れてくれなかった。

 それでは、クレームの内容を一転し、今までに自分と同じようなトラブルが起きなかったのかとも聞いてみたが、今までにこのようなトラブルはなかったと言う。この回線業者は、利用者をたくさん抱えている有名な回線業者と聞いているが、このような回線業者の切り替えのトラブルが今まで一度もなかったということに不思議な気がする。

 話を元に戻し、

  1. 自分は、現在利用している回線業者と契約が解除されてしまった。
  2. なので、解約手続の変更も出来なくなったために、回線撤去日を月末に延長することも出来ない。
  3. それにもかかわらず、今、現在、インターネットが出来ている自分のこの状況は今後どうなるのか

 ということをサポートセンターの人に尋ねたが、サポートセンターの人からはっきりとした回答は得られなかった。

 ネット回線使用料金が日割り計算ではなく、月額になっているので、今月一杯であれば、追加料金を取られることなく、このままインターネットが出来るかもしれないし、ある日、突然、急にインターネットが出来なくなるかもしれないという回答だった。

 このようなやり取りをサポートセンターの人と2時間半近くの時間をも費やしてしたが、これ以上、サポートセンターの人に尋ねても、解決策は出てこないと思い、電話を切った。

 そして、電話を切ってしばらくして経ってから、「解約受付のお知らせ」の葉書が自宅ポストに届いた。回線を撤去する当日に、回線撤去日を知らせる葉書が届くなんて、やはり解せない感じがする。やはり、回線撤去日は葉書ではなく、メールで事前に知らせるべきだと思う。 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 新規に契約する回線業者とは、回線工事を来月一日に行うことが決定している。しかし、7営業日以内であれば、回線工事日を変更してくれることにもなっている。

 でも、現在使用している回線業者の回答があやふやではっきりしないため、新規に契約する回線業者に回線工事日の変更を頼むべきかどうか迷うところである。

 いずれにしろ、今日から自分は、突然、インターネットが出来なくなってもおかしくない状況に追い込まれてしまったということである。

 ネット中毒の自分には、これから戦々恐々の毎日である。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 現在使用している回線業者が、解約手続をする時に、最短で解約する方法か、それとも、月末に解約する方法の2パターン選択することができる出来る回線業者であれば、最短で解約する方ではなく、月末に解約する方を選択した方が良いのかもしれない。

ブログランキング・にほんブログ村へ blog Ranking

« 50,000アクセス突破した | トップページ | 理想とするキッチンスタイル »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、まーくんです

回線を切り替えたんですね
1週間利用できなかった期間があったのは
いたかったなとおもいました
私は回線なかなか切り替えられないですよ。
そういうの簡単にできていいなあ
またきます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/29101092

この記事へのトラックバック一覧です: やはり、インターネット回線業者の切り替えでトラブルが発生した:

« 50,000アクセス突破した | トップページ | 理想とするキッチンスタイル »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

AD

Twitter