フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 貯蓄の運用方法で悩める人になりたい | トップページ | 50,000アクセス突破した »

2009年4月11日 (土)

『レッドクリフPartⅡ』を見てきた

 昨日、『レッドクリフPartⅡ』を見てきた。

 前作の大々的な宣伝に比べたら、今作は全く宣伝していないに等しいにもかかわらず、自分が見た上映回では、客の入りは盛況であった。前作が大ヒットしたからか、その続編である今作では特に宣伝に力を入れなくとも、客が入るのは当然という気もする。

『レッドクリフPartⅡ』

 高校の頃に世界史ではなく、日本史を選択していたし、三国志なんて読んだことも触れたこともない自分でも十分理解できるくらい、物語の時代背景や登場人物の補足説明を入念に取り込んでくれていた。その上、前作までのあらすじも抜かりなく詳細であった。そのため、外国の歴史劇を見ていて感じる、途中で話の筋が見えなくなることや、登場人物の顔と名前が一致しなくなることもなく、頭が混乱することがなかった。

 このストーリーは孫権・劉備軍を中心に描かれ、曹操軍を敵という形で対立させている。しかし、80万人の兵士を率いてきただけある曹操に、カリスマ性と人身掌握術に長けて いる一面を窺わせるシーンが盛り込まれていた。このシーンを見ると、曹操にも感情移入して見てしまう。むしろ、曹操の視点から『レッドクリフ』を見ると、大組織を運営していく困難さが伝わってきた。

 この作品を観たおかげで、『三国志演義』の「赤壁の戦い」の部分だけは詳しくなった気がする。

 大軍勢の兵士同士がぶつかるシーンや、火炎戦で巻き起こる火の海など、CGを使っているようで、使っていないかのように見せている大スペクタクル映像は壮大であった。2時間40分ほどの上映時間であったにもかかわらず、全く退屈することなく、時間が経過していくのを忘れるくらい作品に没頭した。

 しかし、残念なことに、ジョン・ウー作品のクライマックスに必ず登場していた白い鳩であるが、今作では劇中盤で白い鳩が登場するのだが、クライマックスシーンでは登場しなかったことが心残りであった。 

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- スタンダード・エディション [DVD] DVD レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- スタンダード・エディション [DVD]

販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2009/08/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD] DVD レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]

販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2009/03/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ blog Ranking

« 貯蓄の運用方法で悩める人になりたい | トップページ | 50,000アクセス突破した »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/29073374

この記事へのトラックバック一覧です: 『レッドクリフPartⅡ』を見てきた:

» レッドクリフ (トニー・レオンさん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆周瑜 役のトニー・レオンさん(のつもり)映画『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』を先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 [続きを読む]

« 貯蓄の運用方法で悩める人になりたい | トップページ | 50,000アクセス突破した »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

AD

Twitter