フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 『ファントム・ブレイブWii』が2009年3月12日に発売 | トップページ | 「第2回男と女のフォト川柳コンテスト」の受賞作品が決定する »

2009年2月25日 (水)

青函帯域にテポドンが発射されるらしいが・・・

青森、函館方面へ発射計画か 北の「衛星打ち上げ準備」

2月25日8時5分配信 産経新聞

 

 北朝鮮が長距離弾道ミサイルの発射準備をしている問題で、ミサイルは最大飛距離が約1万キロに達する「テポドン2号」の改良型で、日本上空に向けて発射 する準備が進められていることが24日、米朝関係筋の話で分かった。米国などが偵察衛星などで監視しており、発射準備は今週中にも完了するという。

 同筋によると、テポドン2号改良型は今月8日ごろ、北朝鮮の平壌周辺の工場から貨物列車で舞水端里の発射台に移動。先週には飛距離を延ばすための発射台が置かれ、周辺では燃料注入施設なども完成したという。

 発射に必要な燃料注入は1日ででき、燃料を十分に注入した場合、飛距離は8000~1万キロで米国本土に届くとされる。ただ、「関係国に脅威を与えるの が狙いで、日本側に向けられている」(同筋)という。具体的には青森市か北海道函館市方面に向かって発射し、太平洋側に落とす計画とみられている。

 北朝鮮が衛生打ち上げ準備を本格的に行っているとする朝鮮中央通信の報道について、河村建夫官房長官は24日の記者会見で、「すぐにという判断はしてい ないが、実際には準備しているという北朝鮮側の報道なので注視しなければならない」と述べた。また、ミサイル発射との見方には「人工衛星かどうかはコメン トを差し控えたい」とした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 北朝鮮が青森市か函館市方面に向かってテポドン2号を発射し、太平洋に落とすと計画しているらしい。しかし、テポドンが太平洋に着水する前に、その進路の途中にある青森市に落下してくる可能性も十分にありうる気がする。

 青森に住む身の自分としては、そんな事態が起こりうるのではと心配をしているが、テポドンが落下してきた場合に際しての批難策や対応策がまったく思い浮かばない。もちろん、一番の回避方法は青森以外に移住することだが、おいそれと簡単に移住先なんて確保できない。

 それに、心配に思いながらも半面では、この地は都心のように人口が密集しているわけではないので、仮にテポドンが地上に落ちてきたところで、山林や田んぼや空き地など、人が住んでいないところへ落下してくる可能性の方が高いだろうと楽観視もしている。

 むしろ、テポドンが青森の地に落ちてきてくれたら、落下地点が世界的な観光名所となって、青森にテポドン景気が押し寄せてくるのではないかと淡い期待も持ち合わせている。

 いずれにしろ、取り合えず、最悪の事態に備えて、台風や地震などの自然災害と同様、水とラジオと三日分ぐらいの非常食を準備して置くとするかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ blog Ranking

« 『ファントム・ブレイブWii』が2009年3月12日に発売 | トップページ | 「第2回男と女のフォト川柳コンテスト」の受賞作品が決定する »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/28362831

この記事へのトラックバック一覧です: 青函帯域にテポドンが発射されるらしいが・・・:

« 『ファントム・ブレイブWii』が2009年3月12日に発売 | トップページ | 「第2回男と女のフォト川柳コンテスト」の受賞作品が決定する »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

AD

Twitter