フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 第2109回関東・中部・東北自治宝くじ(新春運だめしくじ)を購入 | トップページ | ゲオEショップがリニューアル »

2009年1月26日 (月)

紀文の肉まんを食べました。

 紀文食品様から頂いた「あったか中華シリーズ」のモニター商品の中から、今日は肉まんを食しました。

紀文・肉まん

 紀文の肉まんは工場で製造してから一週間しか日持ちしないらしく、賞味期限が短いため、早急に食することにしました。賞味期限が短いということは、保存料などの添加物が入っていないということなのでしょうか?

 早速、肉まんを水で濡らしてから、電子レンジで加熱。ふっくら柔らかで、掌で包み込むと、指の隙間から肉まんがはみ出てしまいそうなくらいの程よい大きさです。コンビニで売られている肉まんより一回りくらい大きいですね。

紀文・肉まん加熱

 肉まんを二つに割ってみるとこんな感じでした。

二つに割った紀文・肉まん

 肉餡が円状に肉まんの端ギリギリまで詰め込まれていて、肉まんを軽く一口噛んだだけで肉餡が出てきました。肉餡の量も多からず、少なからず、調度良い量です。

 自分は肉餡の固さはゲル状でドロッとした感じの物が好みますが、紀文の肉まんはそれほどまでの柔らかさではなく、そうかと言って、ハンバーグのように固形物感が感じられるほどの硬さでもない、その調度中間のふわっとした柔らかさの肉餡でした。

 肉まんの中央部分の皮が厚くなっているところが、もっちりした食感で旨かったです。

 肉まんを2つに割った半分はそのまま食べ、もう半分の方には中濃ソースを垂らし、それをすぐには頬張らずに少し時間を置き、肉まんに満遍なくソースが浸ったころを見計らってから食らいつきました。

紀文・肉まんにソースを垂らす

 その後、肉まんから滴り落ちるソースが指に絡みつかぬように、可及的速やかに頬張り、一気に口の中に押し込めて、ゆっくりと咀嚼して食しました。

かんたん!クッキングサポートサイト 紀文スマイルキッチン

ブログランキング・にほんブログ村へ blog Ranking

« 第2109回関東・中部・東北自治宝くじ(新春運だめしくじ)を購入 | トップページ | ゲオEショップがリニューアル »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/27487992

この記事へのトラックバック一覧です: 紀文の肉まんを食べました。:

« 第2109回関東・中部・東北自治宝くじ(新春運だめしくじ)を購入 | トップページ | ゲオEショップがリニューアル »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

AD

Twitter