フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« EURO2008「世界漢字検定」に挑戦する。 | トップページ | 好きなカレー (今日のテーマ) »

2008年6月 1日 (日)

『常識の世界地図』を読みました。

 人を指名するときに、その人を指で差すことがあります。自分は特に悪気はありません。けれど、まれに、そんなことをすると「人に指を差すな」と、すごい剣幕で怒る人がいます。しかし、怒られたけれど、なぜ、自分が怒られるのか理解出来ませんでした。

 いまでにも、何人かの人に、人に指を差す行為はなぜ悪いことなのか聞いたことがあるけれど、「昔からそうだから」「常識だから」という見解ばかりで、納得がいく回答が得られたことはなかったです。

 それにしても、人を指で差す行為はそんなに悪いことなのだろうか?「人に後ろ指を差されるな」とか、「人様に指を差される行いをするな」なら、まだ意味も理解出来るのだけど。

 人差し指って言われるくらいだから、指で人を差す事を前提に命名されたと思うし、そもそも、人から指を差されたくないのであれば、指を差されるような行為をしなければ良いと思うのだが・・・。

 そういう風に考えていたため、なぜ指で人を差してはいけないのか、最近まで疑問に思っていました。

 でも、この本によると、ヨーロッパでは、かつてより、人差し指には毒があるといわれていたそうで、人差し指を人に突きつける行為は威嚇の行為と思われ、伸ばした人差し指は武器の象徴でもあり、戦闘行為の宣告とも捉えられていたそうです。そのために、人差し指で人を差す行為は現在でも嫌われているそうです。

 話は変わって、公共の場所で女性が化粧を直す行為を見かけても、自分は特に不快とも何とも思わないのですが、そういう行為をはしたない、みっともないと思う人もいます。公の場で女性が化粧をする行為をやめさせようと啓発するポスターを製作する団体もいます。

 化粧を直す人が気にしなければいいだけで、多くの人が見ていようが、その人なりの事情もあると思うから、どこで化粧をしようと、人がとやかく指摘することでもないと自分は思うのですが・・・。

 でも、欧米では、古来より、女性が人目のあるところで化粧を直したり、髪を触る行為は娼婦のしぐさであり、男性を誘うサインだと捉えられていて、あまり快い行為とは思われていないようです。

 おそらく、この欧米の常識が日本にも伝わって伝播したために、公の場で化粧を直す行為がみっともない行為と認識されて、常識になったんでしょう。

 人差し指で人を差す行為や、公共の場で化粧を直すことがタブー視されるのは、日本古来の常識というよりも、最近、欧米から流入してきた新参な常識なんじゃないでしょうか。これらの行為をタブー視することに、何か違和感が感じてきたり、なぜタブー視するのかうまく説明できないのは、そのためではないかと思います。でも、今更、この常識は日本には合わない、間違っていると声高に言いづらいですが・・。

 以上の常識の他にも、本書の中には自分が知らなかった世界の常識が数多く掲載されていて、目からうろこでしたね。話のネタ帳として使えます。

 そういえば、交差点で信号待ちをしているときに、車道を挟んで自分の対面にいる女性が、やたらと髪を触る仕草をするのをよく見かけるけれど、今、思えば、あれは自分を誘っている行為だったのかな?

常識の世界地図 (文春新書) Book 常識の世界地図 (文春新書)

販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブログランキング・にほんブログ村へ blog Ranking

« EURO2008「世界漢字検定」に挑戦する。 | トップページ | 好きなカレー (今日のテーマ) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/21330735

この記事へのトラックバック一覧です: 『常識の世界地図』を読みました。:

» 早漏克服方法RSS [早漏克服方法RSS]
早漏克服方法RSS [続きを読む]

« EURO2008「世界漢字検定」に挑戦する。 | トップページ | 好きなカレー (今日のテーマ) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

AD

Twitter