フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 5月28日リリースのニューシングル『ふたり』を聴きました。 | トップページ | 永住邸にもふさわしい柏の葉のマンション(クレアホームズ柏の葉) »

2008年5月10日 (土)

『ハンティング・パーティ』は、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とラドヴァン・カラジッチについて調べてから見たほうがいい。

 『ハンティング・パーティ』を見ました。何の予備知識も入れずに見たけれど、予想外に面白かった。

『ハンティング・パーティ』

 個性異なる3人のパーティが、いろいろな人と出会い、苦難を乗り越え、そして最終的にはボスに会い、それを倒すというストーリー展開なので、王道的なロールプレイングゲームのように話が進んでいき、内容に入り込みやすかった。

 その上、CIAが関わる実話を基にした陰謀話ってだけでも興奮する上に、戦争の惨たらしさを伝えるシリアスがあり、男3人珍道中のようなドタバタコメディーも併せ持っていて面白い。それに本当にこれが実話を基にした話なのか?と思わせるラストも良かった。

 ただ、残念なのが、作品の内容について何の情報もいれず、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争について全く知識がないまま見てしまったので、この作品の本来の面白さの半分も理解できなかったのではないかという気がする。ラドヴァン・カラジッチという名前もこの作品を見て、はじめて知ったし・・・。

 ボスニア・ヘルツェゴビナの首都はサラエボで、そこには、イスラム系のボジュニャク人と、ローマカトリック系のクロアチア人と、東方正教会系のセルビア人の3つの民族が住んでいる。

 紛争前のボスニア・ヘルツェゴビナの支配階層はボジュニャク人が多く、セルビア人は労働者階層だった。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争は、主にボジュニャク人とセルビア人の対立で、民族浄化を行ったラドヴァン・カラジッチはセルビア人であるということくらいは、見る前に最低限知っておいたほうが良かったかもしれない。 

 そう言えば、ラドヴァン・カラジッチと同系統の顔をしているボスニア・ヘルツェゴビナ出身のオシムもセルビア人なのかな?

『ハンティング・パーティ』

 この作品は、仕事を干された戦場レポーターとその親友の有名テレビカメラマン、そして、コネで入社した新米テレビプロデューサーの3人が主人公。

 この3人が、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争当時、サラエボでイスラム系住民ボジュニャク人を民族浄化という名の下に大量虐殺を行い、紛争が終わった今でも捕まらずに、アメリカから500万ドルの懸賞金が懸けられているセルビア人戦争指導者・通称“フォックス”(ラドヴァン・カラジッチがモデル)と呼ばれている人物に会って、独占インタビューを行うという名目で探しに出掛ける。

 しかし、本来の目的は「あること」を果たすために“フォックス”を生け捕るという内容である。

 この作品の主旨は、3人のジャーナリストが現地に行って、たった3日で戦争犯罪人を捕まえることが出来たのに、なぜ、長い年月をかけても、CIAや国連は、戦争犯罪人を捕まえることが出来ないんだ?ということだと思う。

 そして、その捕まえられない理由とは何なのか。

 作品内でも触れられているが、CIAやNATO軍が本気になって戦争犯罪人を捕まえようと思ったら、簡単に捕まえる事が出来るらしい。

 けれど、いつも捕獲する一歩手前のところで取り逃がしているらしい。

 と言うか、わざと取り逃がしてやっているというほうが正確みたいだ。

 CIAやNATO軍の組織の中に、戦争犯罪人を本気で捕まえようと試みる者が出た場合、その人は国外退去の憂き目に合っているそうである。

 では、なぜ、こういうことが起きているかと言うと、戦争犯罪人が捕まってしまえば、その場でCIAやNATO軍の仕事がなくなってしまい、お役御免になってしまうからである。

 仕事がなくなったら、組織の規模は縮小されます。予算も削減されます。必要のない組織からは大量の解雇者が出ます。それを避けるために、わざと戦争犯罪人を捕まえずに長引かせて、後一歩のところで取り逃がしているらしい。

 それに、戦争犯罪人が捕まってしまったら、困る大国があるから、その大国の意向で捕まえられないのかもしれない。

 戦争犯罪人が捕まって、この世から戦争がなくなり、平和になってしまったら、軍事兵器が売れなくなってしまう。

 大国の多くは軍需産業を抱えており、その軍需産業は国をも動かす巨大な産業ですからね。

 ビン・ラディンが未だに捕まっていないのも、そのためでしょう。

 後、この作品の世界をそのまま鵜呑みにしてしまうと、CIAは世界の紛争地帯でいろいろと暗躍しているみたいです。

 もしかしたら、今のチベット紛争も、飛躍する中国経済の成長を阻止するためであったり、諸外国が中国へ投資するのを疎外させるためであったり、はたまた、周辺アジア諸国に不安感を与えて、軍事兵器を購入させるために、アメリカ・CIAが仕掛けている陰謀だったりするのかもしれません。

 世界情勢的視点に立つと、何が正義で、誰が悪人なのか、本当に判別がつけづらい。

ハンティング・パーティ -CIAの陰謀- DVD ハンティング・パーティ -CIAの陰謀-

販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2008/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハンティング・パーティ (扶桑社ミステリー (シ24-1)) Book ハンティング・パーティ (扶桑社ミステリー (シ24-1))

著者:リチャード・シェパード
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ blog Ranking

« 5月28日リリースのニューシングル『ふたり』を聴きました。 | トップページ | 永住邸にもふさわしい柏の葉のマンション(クレアホームズ柏の葉) »

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/20875071

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハンティング・パーティ』は、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とラドヴァン・カラジッチについて調べてから見たほうがいい。:

« 5月28日リリースのニューシングル『ふたり』を聴きました。 | トップページ | 永住邸にもふさわしい柏の葉のマンション(クレアホームズ柏の葉) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

AD

Twitter