フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

« 好きな街の情報について(NTTBJ) | トップページ | 完全無添加化粧品でミネラルメイクアップ(ロレアル) »

2008年3月 1日 (土)

『明日への遺言』見ました。

 藤田まこと主演『明日への遺言』試写に行ってきました。

 『明日への遺言』は、岡田資中将をモデルにした小説、大岡昇平・作『ながい旅』を映画化した作品です。

 自分は岡田資中将のことを知らなかったので、wikipediaで検索して、事前に知識を仕入れてから試写会へ臨みました。

 当日、会場はほぼ満遍なくぎっしり埋まっていました。高齢者の比率が高かったです。

 作品の率直な感想は退屈でした。

 最初に、戦争中に撮影された、日米独が世界各地で行った戦闘機による爆撃直後の惨状を伝える記録映像が流れた以外は、あとは延々、岡田資を被告とする動きのない法廷シーンばかり。さして、面白いシーンもなし。
 
 一応、作品を見ている間は、この作品のタイトルを『ながい旅』ではなく、『明日への遺言』にした理由は何だろうとか、今、この作品を映像化する意味は何だろう、とか考えながら見ていたけれど、全くわからず、自分は答えを出せませんでした。

 それに、岡田資とその部下たちが法廷閉会後に、巣鴨プリズンの共同浴場で汗を流すシーンがあるのだけれど、下の毛がばっちり見えてますね。隠す気、全くなしで撮影しています。男の胸毛を見て不快に感じると抗議する人がいるご時世に、さすがに、チン毛は男の自分から見ても、見ていて不愉快に感じました。

 それでも、この作品でちょっと気になった点を挙げるとするなら、一字一句正確に暗記出来なかったけれど、藤田まこと扮する岡田資中将が、法廷シーンの最後に「アメリカを兄と慕い、日本は弟としてそれに従い、平和な世の中にしたい」のようなことを言っていたところが引っかかりました。

 この言葉がこの作品でいう「明日への遺言」では無いことを願いたいです。

 作品のあらすじは公式サイトで確認してください。

明日への遺言 特別版 DVD 明日への遺言 特別版

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2008/08/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ blog Ranking

« 好きな街の情報について(NTTBJ) | トップページ | 完全無添加化粧品でミネラルメイクアップ(ロレアル) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/10855954

この記事へのトラックバック一覧です: 『明日への遺言』見ました。:

» ◇◆菅野美穂の裏 流 出のすべて【画 像、動 画】◆◇ [◇◆菅野美穂の裏 流 出のすべて【画 像、動 画】◆◇]
◇◆菅野美穂が会見で泣いて話題となった写真集から裏流出動画まで網羅!菅野美穂をみるならここ!! [続きを読む]

« 好きな街の情報について(NTTBJ) | トップページ | 完全無添加化粧品でミネラルメイクアップ(ロレアル) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

AD

Twitter