フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

トップページ | 楽天広場からココログへ変更したが・・・ »

2007年5月26日 (土)

「元気じゃないと○○もできない。劇場」感想

           

             

 カルピス社は今年90周年を迎えます。

 それを記念して、「からだにピース」というカルピス新企業スローガンのもと、観るだけでちょっと元気になれる(だろう)サイト、「元気じゃないと○○もできない。劇場」がオープンしました。

 「元気じゃないと○○もできない。劇場」では、今、観ると元気になれる13本のコントのようなショートフィルムが観られます(今後、さらに2本追加予定)。

 下記はこれら13本のショートフィルムのタイトルと、それを観た私の一言感想です。

  1. 『歩道橋の青年』・・・『サザエさん』で観たことがあるような、ほのぼのする無難な話。
  2. 『日本語通訳』・・・バブル時のテレビ番組でよく見られた女性心理をいちいち解説するむかつくコント。
  3. スペシャリスト「君はまるで」
  4. スペシャリスト「私とどっちが」・・・3と4は続き物。13本の中でこれが一番面白いと思いました。カルピスという会社はどういう会社なのか知らせるには、このような映像の方が面白いと思う。
  5. 『朝の山田』・・・自動ドアのセンサーが下にあった頃なら、面白いかもしれないが、今は、センサーが上にあるからこんなことはありえないでしょう。
  6. 『やっだー』・・・つまらない。
  7. 『扇風機』・・・ドリフのコントで何十回とやりつくされた手法。
  8. 『上へまいります』・・・つまらない
  9. 『タクシー』・・・『朝の山田』のタクシー編。虚弱体質の男性を蔑んで嘲笑うコント。
  10. 『食べたい女』・・・何が面白いのか理解できませんでした。
  11. 『公園のベンチ』・・・何十年前のギャグ?こんなことを今時、堂々とやる勇気がすごい。
  12. 『ヒッチハイク』・・・面白くないけれど、数を埋めるために、無理やり制作したような内容。
  13. 『ドーナツ大好き』・・・これも今時こんなことをやるセンスが古いのか新しいのか判断に困る作品。

 以上のように、実際、これら13本を観たら元気になれるかどうかは疑問です。

 が、私は下記の2本は面白いと思いました。


スペシャリスト「君はまるで」


スペシャリスト「私とどっちが」

 

 「からだにピース」というカルピスの新企業スローガンを打ち立てましたが、実際どのようにカルピスは企業経営をしていくのか。

 創設100周年へと突き進むカルピスのこれからの10年間を占うであろう進路がこちらを見るとわかるかもしれません。

トップページ | 楽天広場からココログへ変更したが・・・ »

プレスブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409014/6555354

この記事へのトラックバック一覧です: 「元気じゃないと○○もできない。劇場」感想:

トップページ | 楽天広場からココログへ変更したが・・・ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

AD

Twitter