フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

キャンペーン

アド

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の8件の記事

2007年5月31日 (木)

TOKYOスポーツハイスクール

 TOKYOスポーツハイスクールは財団法人スポーツ会館が運営する通信制高校サポート校です。場所は東京都新宿区百人町2丁目にあります。

 スポーツを中心に運動に関する勉強を重点的にやり、高卒資格も得られるサポート校・通信制高校です。

 TOKYOスポーツハイスクールには6つのコースがあります。

  • 女子サッカーコース・・・Lリーガーを目指します。
  • 総合格闘技コース・・・プロを目指します。
  • フィットネスコース・・・体質改善・ダイエットが出来ます。
  • ダンスコース・・・プロダンサーを目指します。
  • スポーツ総合コース・・・いろいろなスポーツが出来ます。
  • 普通コース・・・一人一人にあった勉強が出来ます。

 スポーツ競技を極めたいという若者には、TOKYOスポーツハイスクールは理想的な学校だと思います。

 プロ野球選手やサッカー選手を目指す高校球児向けの高校は全国各地にあるのに、マイナーなスポーツを目指す高校生を特待生として受け入れてくれる学校はないので、TOKYOスポーツハイスクールのような通信制サポート校は貴重な存在でしょうね。

 野球部特待生が問題になる昨今、プロ野球選手を目指す生徒もわざわざ野球が強い高校に越境入学しなくとも、スポーツ活動を重視する通信制サポート校に通った方がいいのではないでしょうか。

 甲子園を目指すことが至上命題のような地方の高校も、生徒に指導・教育していることは通信制サポート校と大差がないでしょうからね、多分。

「※BloMotion・キャンペーン参加記事」

イー・デスクのグループウェア

 イー・デスク株式会社はグループウェア「イー・デスク3」というサービスを提供している会社です。

 「イー・デスク3」はASP型で、インターネットにつながる環境であれば、WINDOWSパソコンだけではなく、携帯電話やマックからも使用することが出来ます。

 専用のソフトをインストールする必要がなく、インターネットブラウザで操作できます。グループウェア用のサーバーも技術者も不要です。簡単に使用することが出来ます。グループウェア 「イー・デスク3」の月額使用料金は月々945円からと、低額に設定されています。

 仕事の連絡をスムーズに伝え、スケジュール管理を徹底させるなど、組織の運営能力を向上させたいとお考えの中小企業やSOHOの方にぴったりなサービスだと思います。

 「イー・デスク3」について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

「※BloMotion・キャンペーン参加記事」

最近のGyao

 USENが運営している無料動画サイト「Gyao」は、サービス開始当初は珍しさも手伝って、結構熱心に見ていました。

 中川翔子の『溜池now』や久米宏の『CAR touch』など、Gyaoでしか見られない1回30分程度の時間の番組は、毎回欠かさず見ていました。

  でも、自分のインターネットの接続環境がADSLなので、もっぱらGyaoで番組を見るとしたら、30分のバラエティー番組ばかりを見ていました。

 と、言うのも、映画やドラマをGyaoで見ようにも、ADSLだと、長時間の映画を見ていても、途中に映像が止まったり、バッファリング中が延々と続いて、動画に切り替わらないなど、Gyaoはネットワークに問題があって、ADSLで長時間の動画を見るのには適さなかったからです。

 Gyaoは光回線向きのサイトで、いまだにADSLを使っている私には馴染めないサイトという感じがします。

 そうこうしているうちに、Gyaoで映画を見ないばかりか、面白いと思っていたGyaoオリジナル番組がだんだん減り、今ではめったにGyaoを見なくなリました。自分の中ではGyaoは遠く離れた存在になってしまいました。

 逆に、今は、Gyaoに似たシステムで後発サイトのミランカの方を多く見るようになりました。

 ミランカでは『内村さまーず』や『きらきらアフロin武道館』、『博士も知らないニッポンのウラ』などを見ています。ミランカでしか見られないオリジナル番組が面白いです。これらの番組に惹かれて、ついつい見てしまいます。

 今では、Gyaoよりもミランカを見る機会の方が断然、多いです。

        

 6月1日からGyaO NEXT(ギャオネクスト)のサービスが開始します。

 このサービスは有料で、PCではなくテレビでGyaoが見られるサービスです。

 今までのGyaoのように映画やドラマ・アニメが見られます。その他にも、「Gyao NEXT」ではGyaoでは見られなかったアダルト番組も見られるそうです。

 Gyao NEXTは、レンタルビデオ屋に行かなくても、自宅で好きなときに好きな映画が定額料金で見られるのが売りだそうです。

 Gyao NEXTに関することについて詳しくはこちらをご覧ください。

 でも、このような有料定額制のシステムで、このようなありきたりな映画やドラマやアニメやアダルトのコンテンツが見られるサービスだと、スカパーとそんなに代わらないと思います。

 自分なら今現在のコンテンツラインナップのGyaO NEXT(ギャオネクスト)とスカパーと、どちらかを選んで加入しろと言われたら、スカパーを選ぶと思いますね。それだけ今のGyaoのコンテンツに魅力がありません。

 スカパーでもミランカでもなく、GyaO NEXT(ギャオネクスト)を見たいと思わせるには、映画でもアニメでもなく、面白いGyaoオリジナルの番組を増やすことだと思います。

 例えば、人気のある舞台公演の劇場中継番組(落語、歌舞伎を含む)や、地方局が制作したその地方でしか見られない番組、新聞社とテレビ局の関係に対抗して、Gyaoと総合雑誌出版社とが提携した報道番組、人気があったのになぜか終わってしまった番組の続編番組、最近のテレビ局の横暴ぶりを監視する番組などをGyaoで制作して、GyaO NEXT(ギャオネクスト)で見られるようにして欲しいです。

 このようなコンテンツがあったら、Gyao NEXTに加入したいという気になるかもしれません。

2007年5月30日 (水)

理想の不動産サイトとマンション・一戸建てのインターネットでの探し方について

 新築マンション新築一戸建てを購入するとなると、それには人生最大の一大決心が必要となります。投機目的や転売目的で不動産を購入する人以外は、不動産購入を決めるとなると、インターネットの不動産サイトの情報だけで決めるのは非常に危険だと思います。

 例えば、部屋の日当たりの問題、近所周辺での騒音問題や異臭問題、近所に変な人が住んでいるなんていうような情報はインターネットの不動産サイトで調べるのは難しいと思います。特に、大手企業が運営する不動産サイトだと余計に、変な人が住んでいる情報などはあげにくいです。

 やっぱり、新築マンション新築一戸建てを購入する際は、実際に物件を見たり、物件の周辺を自分の目で見て、自分の足で歩いたりして調べないとだめだと思います。物件に2~3日くらい実際に住んで、使わせてくれるくらいのサービスが不動産屋にあったら理想的ですね。

 なので、私の理想の不動産サイトは、不動産物件の決め細やかな情報を載せるよりも、サイト上で不動産物件の見学の予約が出来たり、実際に不動産物件を使わせてくれるように手配してくれる不動産サイトだと思います。

 その他にも、不動産屋が嫌がるけれど、物件を購入する際は、ちゃんと確かめておくべき不動産物件のチェック方法(例えば、床にパチンコ玉を転がしてみるとか、建売住宅を購入するなら屋根裏や床下も実際に見て確かめるなど)を紹介している、購入者寄りの目線で情報を提供してくれる不動産サイトがいいと思います。

「※BloMotion・キャンペーン参加記事」

2007年5月29日 (火)

@ぴあ教習所.com

 自動車運転教習所の検索サイト「@ぴあ教習所.com」は、日本全国の通学教習、合宿教習双方の自動車運転教習所を検索できるサイトです。

 「@ぴあ教習所.com」では、只今20周年を記念して、さまざまなキャンペーンを実施中です。 下記はその一例です。

  1. 税込20万円ジャストの免許合宿プランを準備しています。(先着順)
  2. 合宿運転教習モニターを募集しています。モニターに選ばれますと、免許合宿費用が無料になります。
  3. 今までにない、新しい運転免許合宿所プラン案を募集しています。企画が選ばれますと、JTB旅行券3万円が貰えます。
  4. 合宿所の思い出の写真を募集しています。写真が選ばれますと、豪華商品が貰えます。
  5. @ぴあ教習所.com径由で免許合宿に入校された方の中から、抽選でiPODが当たります。

「@ぴあ教習所.com」と「@ぴあ教習所.com」20周年キャンペーンについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

「※BloMotion・キャンペーン参加記事」

2007年5月28日 (月)

当世プレミアム事情

 最近、ビールでもアイスクリームなどでも、超高級とまでは行かないまでも、ちょっと手の届きそうな高級品に「プレミアム」と、名付ける商品を多く目に付く。

 それらの商品に倣い、ちょっと些細な幸福感が味わえる上質な高級品を「プレミアムなもの」と位置づけるのなら、自分にとっての「プレミアムなもの」といったら、ビールでもアイスクリームでもなく、コンビニで売っている十勝新津製麺のカップラーメンが自分にとっての「プレミアムなもの」ですね。

 普通のカップラーメンより2倍近く高い値段ではあるが、普通のラーメン店で食べるラーメンよりは安い価格設定。それでいて、十勝新津製麺の麺は氷結乾燥させていて、普通のカップラーメンどころか、そこいらにあるようなラーメン屋に劣らない歯ごたえとコシがある麺が味わえる。具もフリーズドライではなく、レトルトパックに入った本物の生のチャーシューが入っていて、そのままの味を味わうことが出来るのもうれしい。

 これぞ、まさしく、誰にでも手が届く高級品。「プレミアム」商品です。

                 

 私にとってのプレミアム商品が十勝新津製麺の高級カップラーメンなら、赤ちゃんにとってのプレミアム商品は大王製紙の「GOO.N premium(グーンプレミアム)」でしょう。

 GOO.Nプレミアムは天使の産着をコンセプトに作られたプレミアム紙おむつです。

 生まれたての赤ちゃんの肌にも、そのプレミアムな肌触りを感じてもらえるような柔らかな風合いに仕上げた紙おむつGOO.Nプレミアムの特徴は、

  1. やわらかさ2倍のバックシート
  2. ふわっとやわらか素材のトップシート
  3. やわらかくぴたっとフィットする立体ギャザー
  4. デリケートな肌にやさしい全面通気性シート

などなどが採用されているところです。

 はじめて紙おむつをする赤ちゃんでも実感することが出来る(かもしれない)プレミアム感を、GOO.Nプレミアムは提供してくれるでしょう。

 生まれてきたばかりの赤ちゃんに、プレミアムとはこういうことなんだと教えるためにも、大王製紙のGOO.Nプレミアムを利用してみてはいかがでしょうか。

楽天広場からココログへ変更したが・・・

 ブログを書く場所を、今までのjava scriptが使えない楽天広場から、java scriptが使えるココログへ転身する。

 と、言うのも、BloMotionプレスブログの記事作成依頼の内容に、ブログパーツを貼り付ける内容の記事が増えたので、それに対応するために楽天広場からココログへ変えたのに・・・・。

 それなのに、肝心のBloMotionのブログのURL変更を依頼してから、いまだに承認されず。その間に、高額報酬広告がどんどん募集終了になっていく。

 ブログの変更は、早まったような気がする。

 今まで、使い慣れてきたブログを変えるのは、名残惜しいような・・・。

 楽天広場でブログパーツを使えるようになったら、ブログを書く場を楽天広場へ戻そう。

2007年5月26日 (土)

「元気じゃないと○○もできない。劇場」感想

           

             

 カルピス社は今年90周年を迎えます。

 それを記念して、「からだにピース」というカルピス新企業スローガンのもと、観るだけでちょっと元気になれる(だろう)サイト、「元気じゃないと○○もできない。劇場」がオープンしました。

 「元気じゃないと○○もできない。劇場」では、今、観ると元気になれる13本のコントのようなショートフィルムが観られます(今後、さらに2本追加予定)。

 下記はこれら13本のショートフィルムのタイトルと、それを観た私の一言感想です。

  1. 『歩道橋の青年』・・・『サザエさん』で観たことがあるような、ほのぼのする無難な話。
  2. 『日本語通訳』・・・バブル時のテレビ番組でよく見られた女性心理をいちいち解説するむかつくコント。
  3. スペシャリスト「君はまるで」
  4. スペシャリスト「私とどっちが」・・・3と4は続き物。13本の中でこれが一番面白いと思いました。カルピスという会社はどういう会社なのか知らせるには、このような映像の方が面白いと思う。
  5. 『朝の山田』・・・自動ドアのセンサーが下にあった頃なら、面白いかもしれないが、今は、センサーが上にあるからこんなことはありえないでしょう。
  6. 『やっだー』・・・つまらない。
  7. 『扇風機』・・・ドリフのコントで何十回とやりつくされた手法。
  8. 『上へまいります』・・・つまらない
  9. 『タクシー』・・・『朝の山田』のタクシー編。虚弱体質の男性を蔑んで嘲笑うコント。
  10. 『食べたい女』・・・何が面白いのか理解できませんでした。
  11. 『公園のベンチ』・・・何十年前のギャグ?こんなことを今時、堂々とやる勇気がすごい。
  12. 『ヒッチハイク』・・・面白くないけれど、数を埋めるために、無理やり制作したような内容。
  13. 『ドーナツ大好き』・・・これも今時こんなことをやるセンスが古いのか新しいのか判断に困る作品。

 以上のように、実際、これら13本を観たら元気になれるかどうかは疑問です。

 が、私は下記の2本は面白いと思いました。


スペシャリスト「君はまるで」


スペシャリスト「私とどっちが」

 

 「からだにピース」というカルピスの新企業スローガンを打ち立てましたが、実際どのようにカルピスは企業経営をしていくのか。

 創設100周年へと突き進むカルピスのこれからの10年間を占うであろう進路がこちらを見るとわかるかもしれません。

トップページ | 2007年6月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

AD

Twitter